スポンサーリンク

【tick, tick… BOOM!: チック、チック…ブーン!】キャストとあらすじ。”RENT/レント”生みの親35年の軌跡。

© Netflix. All Rights Reserved.

Writer:Ojikan
Introduction

【tick, tick… BOOM!: チック、チック…ブーン!】(2021)は、名作として名高いミュージカル”RENT レント”を生んだ作曲家ジョナサン・ラーソンの自伝ミュージカルを映画化した作品です。わずか35歳で死を迎えたジョナサン・ラーソンの生涯とは⁉︎

© Netflix. All Rights Reserved.

Production

公開:2021年 アメリカ

原題:Tick, Tick… Boom!

配給:Netflix

監督:リン=マニュエル・ミランダ

動画配信Netflix

関連作品

スポンサーリンク

あらすじ

アメリカのミュージカル界で一花咲かせたいと考えるジョナサン・ラーソン(アンドリュー・ガーフィールド)は、30歳を目前にしても未だウェイターとして働く自分の人生に焦りを感じていました。

しかし、どうしてもミュージカル作家としての夢だけは諦めきれず、ついに8年越しの作品が完成しようとしていました。

ジョナサンは、時には恋人や友人さえも犠牲にして作品作りに没頭ます。

ところが、出来上がった作品の評価は上々だったものの、思わぬ結末が待ち受けていたのです。

スポンサーリンク

主人公と周辺人物

ジョナサン(ジョン)

https://twitter.com/ticktickboom_m/status/1458427663975161857

登場人物:29歳でアメリカのミュージカル界での大ブレイクを夢見ながら、ダイナーのウェイターとして働いています。

30歳を目前にして周囲が就職や結婚など身を固める中、自分だけまだ何も成し得ていない現状に焦燥感を抱いているものの夢だけは諦めきれませんでした。

キャストアンドリュー・ガーフィールド

出演作:【ソーシャル・ネットワーク】(2011)、【アメイジング・スパイダーマン】(2012)

”アンドリュー・ガーフィールド”について:アンドリュー・ガーフィールドは、【アメイジング・スパイダーマン】(2012)で主人公ピーター・パーカー役を演じ、一躍有名となったロサンゼルス出身の俳優です。同作で共演したエマ・ストーンと交際していることでも話題を呼びましたが、2015年に破局を迎えています。また、【博士と彼女のセオリー】(2015)で知られるエディ・レッドメインとはルームメイトでした。

スーザン

登場人物:ジョンの恋人でダンサーをしており、ジョンの良き理解者でもあります。

しかし、自身の夢でもあったダンサーに関する仕事の話が舞い込んできたことで、夢とジョンとの関係との天秤に悩まされていきます。

キャストアレクサンドラ・シップ

出演作:【ストレイト・アウタ・コンプトン】(2015)、【X-MEN: アポカリプス】(2016)

”アレクサンドラ・シップ”について:アレクサンドラ・シップは、【X-MEN: アポカリプス】(2016)でストーム役を演じたことで名を馳せたアメリカ出身の女優です。父はミュージシャン、母はクンダリーニ・ヨガの講師で、3人の兄妹がいます。17歳からは女優業に専念するべくロサンゼルスに拠点を移し、18歳からキャリアをスタートさせました。

マイケル

登場人物:ジョンとは8歳からの親友で、大手広告代理店で働いています。

かつてはジョンと共に俳優として舞台に立っていましたが、俳優としては花が咲かなかったため、ジョンとは反対に夢よりも経済的な安定を追い求めました。

キャストロビン・デ・ヘスス

出演作:【イン・ザ・ハイツ】(2008)、【LAW & ORDER:性犯罪特捜班】(2012)

”ロビン・デ・ヘスス”について:ロビン・デ・ヘススは、ブロードウェイミュージカル【イン・ザ・ハイツ】(2008)で一躍有名となった、プエルトリコ系アメリカ人の俳優です。同作では、トニー賞最優秀主演男優賞にノミネートされるなどの高い評価を受けました。中でも10代のファンからの人気は凄まじく、カルト的な支持を受けたほど。

スポンサーリンク

 ミュージカルの出演者と関係者

カレッサ

登場人物:ジョンのミュージカルの出演者で、ロジャーと共にメインボーカル兼コーラスを務めています。

艶やかで美しい歌声の持ち主で、ジョンから本番数時間前に新曲を渡されても動じることもなく歌い切ってしまう肝の座った女性でもあります。

キャストヴァネッサ・ハジェンズ

出演作:【ハイスクール・ミュージカル】(2006)、【ビーストーリー】(2012)

”ヴァネッサ・ハジェンズ”について:ヴァネッサ・ハジェンズは、【ハイスクール・ミュージカル】(2006)でヒロインのガブリエル役を演じ、高い人気を集めたアメリカ出身の女優です。フィリピンや中国、スペインやアイルランドにアメリカインディアンなど、様々な人種の血を引いており、7歳下の妹ステラも女優として活動しています。

ロジャー

登場人物:ジョンのミュージカルの出演者で、カレッサと共にメインボーカル兼コーラスを務めています。

パワフルな歌声の持ち主で、ジョンやカレッサとの息の合った”Louder Than Words”は必聴です。

キャストジョシュア・ヘンリー

出演作:【ザ・スコッツボロ ボーイズ】(2010)、【回転木馬】(2018)

”ジョシュア・ヘンリー”について:ジョシュア・ヘンリーは、アメリカ系カナダ人の舞台俳優兼歌手です。ミュージカル【ザ・スコッツボロ ボーイズ】(2010)の主人公ヘイウッド・パターソン役で知られており、トニー賞にもノミネートされています。元々、ジョシュア・ヘンリーは会計士を目指していましたが、高校でのミュージカルの経験を機に俳優になることを決意し、大学で演劇を学んだのちに舞台俳優としてデビューを果たしました。

キャロリン

登場人物:ジョンと同じダイナーで働くウェイトレスです。

とても仲間想いで、同僚が病気に倒れた際には誰よりも心を痛めていました。

ジョンのミュージカルには登場しないものの、ジョンがダイナーで歌った”Sunday”では歌唱シーンも見ることができます。

キャストMJ・ロドリゲス

出演作:【POSE/ポーズ】(2018)、【tick, tick… BOOM!: チック、チック…ブーン!】(2021)

”MJ・ロドリゲス”について:MJ・ロドリゲスは、【POSE/ポーズ】(2018)で主人公ブランカ役を演じたことで一躍有名になったアメリカ出身の女優です。同作でのMJ・ロドリゲスの演技や歌唱力は非常に高い評価を受けており、エミー賞やTCA賞などで11もの賞にノミネートされ、そのうち 2つの主演女優賞を受賞しました。エミー賞でトランスジェンダー女性がノミネートされるのは、MJ・ロドリゲスが初めてのことでした。2021年には自身初のシングルもリリースされています。

スティーブン・ソンドハイム

登場人物:【ウエスト・サイド物語】で作詞を務めるなど、アメリカのミュージカル界で著名な作曲家。

ジョンの才能を最も認めている唯一の人物であり、ジョンの作品に対し的確なアドバイスを送るなど彼を心から応援しています。

キャストブラッドリー・ウィットフォード

出演作:【ザ・ホワイトハウス】(1999)、【ゲットアウト】(2017)、【ハンドメイズ・テイル/侍女の物語】(2017)

”ブラッドリー・ウィットフォード”について:ブラッドリー・ウィットフォードは、【ザ・ホワイトハウス】(1999)のジョシュ・ライマン役で知られるアメリカ出身の俳優です。同作では2001年にエミー賞の助演男優賞を受賞しており、2001年から2003年まで ゴールデングローブ賞の助演男優賞にも3年連続でノミネートされました。

ローザ

登場人物:ジョンのエージェントで、業界への顔を広く持っています。

キャストジュディス・ライト

出演作:【アグリー・ベティ】(2006)、【LAW & ORDER:性犯罪特捜班】(2012)

”ジュディス・ライト”について:ジュディス・ライトは、【アグリー・ベティ】(2006)でクレア・ミード役を演じ、エミー賞にノミネートされたアメリカ出身の女優です。カーネギーメロン大学にて演劇の学位を取得したのち、1970年に女優としてデビューを果たしました。以降は、ドラマや映画から舞台などでも幅広く活躍しており、【アグリー・ベティ】(2006)ではプリズム賞で最高のパフォーマンス賞を受賞しています。

スポンサーリンク

【RENT/レント】(2006)も是非ご一緒に!

ジョナサン・ラーソンが生涯をかけて作り上げた集大成【RENT/レント】(2006)は、本作を見終わった後に観るとまた違った感想を抱くでしょう。

まだ【RENT/レント】(2006)を観たことがない方には、【チック、チック…ブーン!】(2021)の興奮が冷め止まぬうちに是非ご覧になることをお勧めしたいです!

 

 

タイトルとURLをコピーしました