洋画

スポンサーリンク
コラム

【トップガン マーヴェリック】トム・クルーズからの「映画」に対するラブレター

大ヒットを記録、公開当時の米海軍への志願兵が続出したとされる【トップガン】(1986)が、36年の時を経てついに続編が登場です。本来なら2020年には公開予定だったにも関わらず、コロナ禍により延期による延期、2年待っての公開で、前売りやムビチケ片手に待ちに待っていたファンも多いはず。早くから続編の製作権を取り、他人には絶対に譲らなかったというトム・クルーズの渾身の作品をぜひ。
コラム

【カモン カモン】あなたと過ごす、すばらしき日々

映画【カモン カモン】コラム。【ジョーカー】(2019)にてアカデミー賞主演男優賞を受賞したことでも知られるホアキン・フェニックスがその次に出演を決めた作品としても話題を呼んでいる作品。ラジオジャーナリストのジョニーとその甥・ジェシーとの数週間の日常がやさしく描かれる、最高に愛おしい日々。
洋画

【THE BATMAN-ザ・バットマン-】街に蔓延る謎が解けるか?

DCキャラの中でも人気が高く多くの作品が展開され【ダークナイト】(2008)や【ジョーカー】(2019)の記憶が残る中、新たなバットマンシリーズが誕生。たったひとり、ゴッサムシティで起こる怪事件をバットマンは解決することができるのでしょうか……。
スポンサーリンク
キャスト

【ドリームプラン】キャスト・あらすじ・作品情報

【ドリームプラン】はテニス未経験の父リチャード・ウィリアムズが自ら作った"計画書=ドリームプラン"を基に、2人の娘をテニスの世界チャンピオンへと育て上げた驚きの実話を映画化した作品です。後に世界最強のテニスプレーヤーとなった、ビーナス&セレーナ・ウィリアムズ姉妹の世界チャンピオンになるまでの過酷な道のりが描かれています。お金もコネもなく、あるのは父の手作りの計画書だけ……果たして姉妹はどのように世界チャンピオンに輝いたのか⁉︎
連載コラム

【ゴジラ1954】ゴジラは何をしようとしたのか、破壊それとも人類への警告?[連載コラム:Cineamour]

【ゴジラ1954】解説。連載コラム:Cineamour。恐竜は人間が地球上に現れるはるか昔に滅びてしまいましたが、怪獣の魅力にとりつかれた人は、ひょっとしたらこの地球上のどこかに恐竜や怪獣がひっそりと生息しているのではないかと考えたりします。ネス湖のネッシーなどはその代表格ともいえますが、怪獣はどこかにいるかもしれないという空想は、映画【ゴジラ】の影響も少なからず貢献しているはずです。
レビュー

【ティル・デス】レビュー。ラグジュアリーな絶頂から残忍なアクションへと変わる極限スリラー。

映画【ティル・デス】は、2022年2月11日公開のアメリカのホラースリラー映画。ロマンティックな結婚記念日の翌日に、人里離れた孤立した別荘で自分と手錠を繋いだまま自殺してしまった夫の死体と共に、見知らぬ侵入者2人組と死闘を繰り広げる妻の姿を描いています。
レビュー

【アントラーズ】レビューと総キャスト紹介。北米の説話を基にした奇怪な雰囲気が逸品の映画。

映画【アントラーズ】は、2021年に公開されたアメリカのホラー映画で、ホラー作家ニック・アントスカの短編小説”The Quiet Boy”を基に、ギレルモ・デル・トロが製作総指揮を務めています。また、脚本はC.ヘンリー・チャイソンとニック・アントスカとスコット・クーパー監督による共同制作。アメリカのオリゴン州にある炭鉱の町で、過去のトラウマがある2人の姉弟のうち、教師をしている姉が家庭虐待を疑われる少年と出会います。この出会いにより、姉は村で起きたおぞましい事件を調査中の保安官である弟と共に、原住民の伝説となっている怪物と向き合っていくことに……。
Roundup

90年代名作映画40作品を厳選!【あの頃シリーズ】

【フォレスト・ガンプ/一期一会】(1995)や【タイタニック】(1997)など、数多くの名作を生み出した1990年代。そんな1990年台の名作映画を【あの頃シリーズ】として40作品をご紹介していきます。
連載コラム

暴力がもたらす負の連鎖の中で、孤独な老人が最後に見つめたものとは…[連載コラム:Cineamour]

クリント・イーストウッドが監督および主演を務める最新作【クライ・マッチョ】(2022) が話題になっていますが、彼の映画を見ていると、過去...
キャスト

【僕を育ててくれたテンダーバー】キャストとレビュー。

【僕を育ててくれたテンダーバー】は、J.R.モーリンガーが2005年に発表した自伝【The Tender Bar】を映画化。ジョージ・クルーニーが監督を務め、ベン・アフレックが主演を務めています。また、J.R.モーリンガーの祖母役を演じていたソンドラ・ジェームスの遺作となりました。父親の顔も知らないJ.R.モーリンガー(以下、JR)が父親という存在を求め、叔父をはじめ叔父が経営するバーの常連客らと交流しながら様々なことを学んでいきます。
タイトルとURLをコピーしました