ドラマ

ドラマ

【ノマドランド】ネタバレと解説・考察。痛みを抱えて生きてゆく。

映画【ノマドランド】は、第77回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞、第45回トロント国際映画際で観客賞と初の2冠を達成し、第93回アカデミー賞にもノミネートされていることから大きく注目されています。主演を演じるのは【ファーゴ】(1996)、【スリー・ビルボート】(2017)にて主演女優賞を獲得しているフランシス・マクド―マンド。社会的に見放された現実なのはたしかだけれど詩的でありドキュメンタリーのような、ロードムービーのような作品の美しいタッチに注目。
コメディ

【ステージ・マザー】理解を深めて、共に生きる。

映画【ステージ・マザー】あらすじと感想。「偏見を持つ事柄に関して、一歩踏み出して理解を深めてみようかな」と思わせてくれる本作【ステージ・マザー】(2020)。華やかなゲイバー、ドラァグクジャッキーイーンたちに目が行きがちですが、人々の抱えるさみしさやすれ違いもしっかりと描いた本作。LGBTQ+について自らの価値観アップデートをするきっかけになるでしょう。
クライム

【ビッグ•アイズ】あらすじと解説。真の作者は誰?芸術をテーマとした伝記映画

映画【ビッグ・アイズ】(2014)。1960年代のアメリカで起こった実話をティム・バートン監督が映画化。世界を騒がせた映画【ビック・アイズ】のあらすじとネタバレ。真実は大きな瞳だけが知っている——。
スポンサーリンク
コメディ

【幸せなひとりぼっち】ふれあいの大切さ、薄れゆくものにフォーカスを。

映画【幸せなひとりぼっち】あらすじと感想。近年「ご近所付き合い」というものが都会は特に少なくなってきているかと思います。そんな現代にちょっぴり考えさせられる作品が本作【幸せなひとりぼっち】(2016)。第89回アカデミー賞でもノミネートされた、心温まる交流をぜひ今、この時期に。
ドラマ

【すばらしき世界】この世界の”生きづらさ”と”あたたかさ”とは。

【すばらしき世界】ネタバレと感想。「ゆれる」「永い言い訳」などの西川美和監督が、実在した人物をモデルにした小説「身分帳」を映画化した本作。舞台を昭和から現代にうつし、人生の大半を裏社会と刑務所で生きてきた男の再起物語です。主人公が社会で生きていこうと奮闘する姿が心に刺さる作品になっています。
コメディ

【ロック・オブ・エイジズ】夢を諦めきれないあなたに贈ります。

【ロック・オブ・エイジズ】ブロードウェイで人気を博したミュージカルを映画化!ハリウッドスター、トム・クルーズが意外な役どころを熱演したことでも話題になった作品を、数々のハイテンションなロックソングに酔いしれてご覧あれ
ドラマ

【ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出】史実に基づくプリンセスの一夜の冒険。ティアラを外した先で見つけた希望と信念とは。

【ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出】あらすじと見どころ。第二次世界大戦が終結、英国王女であるエリザベスとマーガレットは、国民と一緒に終戦を祝うためお忍びで外出した。この史実を基に、様々な経験を通して次期女王としての自覚が芽生えてくるエリザベスの、生涯に一度、一夜の冒険を描く。
ドラマ

【トゥループ・ゼロ 夜空に恋したガールスカウト】完璧じゃない自分を受け入れた時、真の友情が芽生える

【トゥループ・ゼロ 夜空に恋したガールスカウト】の見どころと感想。亡くなった母親の影響で宇宙に憧れを抱いている少女クリスマス。ガールスカウトの大会で優勝すればメッセージを宇宙へ送れるとしったクリスマスは、さっそくメンバーを探し始めるのですが...。
スリラー

【ディストピア パンドラの少女】新たなゾンビに世界が驚愕!次世代のゾンビとは?

次世代のゾンビ。何と彼らは感染した親から生まれてきたのです。彼らは母親の内臓を食い破って内側から這い出てきました。故にその子供はゾンビ菌を体内に保有し、ウィルスと共存しながら生きているのです。時代はハイブリッド!もう人類はいらないのか?
アドベンチャー

映画【LIFE!/ライフ】一歩踏み出す勇気、その先に待っていた結末に胸が熱くなる!

ベン・スティラーが主人公ウォルター役と監督を務めた映画【LIFE!/ライフ】。LIFE誌の写真管理部門で淡々と過ぎていく日々を送っていたウォルターでしたが、ある日LIFE誌の廃刊が決定してしまいます。集大成ともいえる最後の表紙を飾る写真のネガがないことに気づいたウォルターは、世界を放浪する写真家を探すべく冒険へ旅立つのですが...。
タイトルとURLをコピーしました