ドラマ

PR
キャスト

【ミスター・カーとテンプル騎士団の謎】総キャスト情報とあらすじ。

【ミスター・カーとテンプル騎士団の謎】(Netflix)総キャスト情報とあらすじ。本作は、ズビグニェフ・ニェナツキ著書の同名小説を原作とするポーランド発の冒険映画です。ある美術史家は、テンプル騎士団の古い十字架を発見したことを機に思いがけぬ仲間と出会い、その十字架の秘密に迫ります。
キャスト

【モービウス】キャスト・登場人物・あらすじ・作品情報。

【モービウス】は、MARVELのキャラクター”モービウス”を主人公としたスーパーヒーロー映画。【ヴェノム】や【スパーダーマン】シリーズに続く「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」第3作目となります。主演は2016年公開の映画【スーサイド・スクワット】や、2021年公開の【ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット】でジョーカー役を演じたジャレッド・レトが務めます。
キャスト

【スティルウォーター】登場人物/キャストとあらすじ。実際にあった事件を映画化!マット・デイモンが真実を追う!

映画【スティルウォーター】は、2022年1月14年公開予定のアメリカのサスペンス映画。友人を殺害した疑いで刑務所に収監された娘の濡れ衣を晴らすため、真実を追う父親の物語を描いています。【スポットライト 世紀のスクープ】(2015)で、アカデミー2冠王に輝いたトム・マッカーシー監督×マット・デイモンのタッグで全世界の注目を集めた話題作。2007年の”アマンダ・ノックス事件”を描いた実話。
PR
洋画

【tick, tick… BOOM!: チック、チック…ブーン!】キャストとあらすじ。”RENT/レント”生みの親35年の軌跡。

【tick, tick... BOOM!: チック、チック...ブーン!】(2021)は、名作として名高いミュージカル"RENT レント"を生んだ作曲家ジョナサン・ラーソンの自伝ミュージカルを映画化した作品です。わずか35歳で死を迎えたジョナサン・ラーソンの生涯とは⁉︎
邦画

【ドライブマイカー】。愛する存在を亡くした者たちが車の旅の果てに得たものとはーー。

村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編「ドライブ・マイ・カー」を、「偶然と想像」でベネチア国際映画祭銀熊賞を受賞した濱口竜介監督・脚本により映画化。2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、日本映画では初となる脚本賞を受賞。ほか、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞の3つの独立賞も受賞しました。
ドラマ

【あの頃。】これぞ大人の青春?ハロプロヲタクの友情を描く。

【あの頃。】大学院受験に失敗し、彼女もお金もなくどん底の生活を送る青年・劔。松浦亜弥のミュージックビデオを見て「ハロー!プロジェクト」のアイドルに夢中になった彼は、イベントで知り合ったコズミンら個性的な仲間たちとともに、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する。しかし時は流れ
コラム

【ファーザー】アンソニーはいつかの自分である。

映画【ファーザー】コラム。第93回アカデミー賞にて主演男優賞と脚色賞を受賞した作品。同名であるアンソニーを演じるアンソニー・ホプキンスの素晴らしい演技にぜひご注目を。テーマである認知症について考えさせられます。
レビュー

【真夏の方程式】少年と湯川が出会った ある家族の過去。ガリレオシリーズ第2弾!2022年9年ぶりに新作公開。

2013年に公開された映画【真夏の方程式】は、前作【容疑者Xの献身】(2008)に続く、ガリレオシリーズ第2弾となる映画作品です。本作は東野圭吾原作のミステリー小説「真夏の方程式」を、福山雅治主演で実写映画化しています。キャッチコピーは、「これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは。」を、ぜひ。
レビュー

【容疑者Xの献身】湯川が解く天才数学者の悲しい真実。ガリレオシリーズ第1弾!2022年、9年ぶりの映画公開に向けてのステップ。

2008年に公開された映画【容疑者Xの献身】は、テレビドラマ版で高い人気を誇ったガリレオシリーズ初めての映画作品です。本作は東野圭吾原作のミステリー小説「容疑者Xの献身」を、福山雅治や柴咲コウなどおなじみのキャストと石神役を務める堤真一が魅力的に演じます。キャッチコピーは、「その謎を愛そう。ガリレオが苦悩する、その謎とは?」を、ぜひ。
邦画

【街の上で】とある青年が下北沢で紡ぐ、かけがえのない日々の物語。

【街の上で】あらすじ、ネタバレ。下北沢の古着屋で働いている荒川青。青はたまにライブを見たり、行きつけの古本屋や飲み屋に行ったり基本的にひとりで行動しています。口数が多くもなく、少なくもなく。ただ生活圏はとても狭く行動範囲も下北沢を出ません。事足りてしまうから…。そんな青の日常生活にふと…。
洋画

【オンリー・ザ・ブレイブ】巨大な森林火災に立ち向かった20人の実話。

【オンリー・ザ・ブレイブ】は2013年にアメリカ、アリゾナ州で起きた巨大山火事「ヤーネルヒル火災」を基にした消防部隊の伝記映画です。【オブリビオン】のジョセフ・コリンスキーがメガホンをとり、ジョシュ・ブローリンや、マイルズ・テラーが出演しています。実際に起きた衝撃のラストに涙が止まりません。
アニメーション映画

【時をかける少女】(2006)タイムリープを巡る高校生のひと夏の恋。細田守の代表作。

2006年に公開された映画【時をかける少女】は、筒井康隆の原作小説「時をかける少女」から20年後を舞台に、細田守監督によって新たに制作されたSFアニメーション映画です。本作は、当初公開規模は小さいながらも口コミで話題になり、さらに多くの映画祭で賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受けました。キャッチコピーは「待ってられない 未来がある。」を、ぜひ。
アニメーション映画

【おおかみこどもの雨と雪】細田守が描く、人間とおおかみの親子の物語。

2012年に公開された映画【おおかみこどもの雨と雪】は、【サマーウォーズ】(2009)に続く細田守監督の2作目となる長編オリジナル作品です。本作は「親子」をテーマに、女子大学生とおおかみおとこの間に生まれた2人の子どもの成長を描いた作品となっています。キャッチコピーは「私が好きになった人は、“おおかみおとこ”でした」を、ぜひ。
洋画

【セックス・アンド・ザ・シティ2】おなじみの4人がアブダビ旅行を満喫!SATCシリーズ第2弾!

2010年に公開された映画【セックス・アンド・ザ・シティ2】は、前作【セックス・アンド・ザ・シティ】(2008)から2年後という設定で、おなじみの4人が本作では中東のアブダビに旅行に出かけます。親友たちとの旅を楽しむ一方で、4人それぞれが抱える悩みを語り合い、本作でも「幸せ」について改めて考えさせられるストーリーとなっています。
洋画

【セックス・アンド・ザ・シティ】4人の女性が「結婚」を語る、大人気ドラマを映画化。

2008年に公開された映画【セックス・アンド・ザ・シティ】は、テレビドラマシリーズの最終話から4年後という設定で、おなじみの4人がニューヨークの街で時に泣いたり、悩んだり、様々な苦難を乗り越えて幸せを手に入れるラブコメ映画となっています。
アニメーション映画

【魔女の宅急便】海辺の街を舞台に、独り立ちする13歳の魔女見習いの修行。

1989年に公開された映画【魔女の宅急便】は、【となりのトトロ】(1988)に続くスタジオジブリの4作目の長編アニメーション作品で、スタジオジブリの知名度を一挙に押し上げた作品です。本作は角野栄子の児童書「魔女の宅急便」が原作となっており、1985年に始まった原作の「魔女の宅急便」シリーズは24年の時を経て2009年に完結しました。キャッチコピーは、「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」を、ぜひ。
洋画

【インフェルノ】解説。地球の人口を減少させるウイルスの阻止を描く、ラングドンシリーズ第3弾。

映画【インフェルノ】は、ダン・ブラウンの原作小説「インフェルノ」を2016年に実写映画化した、ロバート・ラングドンシリーズ第3作目となるミステリスリラー映画です。本作ではフィレンツェを舞台に、バイオテロを阻止するためラングドンはダンテの神曲にまつわる暗号を解明します。前作は【天使と悪魔】(2009)です。
洋画

【ジョン・F・ドノヴァンの死と生】亡きスターと少年の❝秘密の文通❞。美しくも儚い映像と人間ドラマから、目が離せない。

【ジョン・F・ドノヴァンの死と生】あらすじと見どころ。世界が注目するグザヴィエ・ドラン監督による、自身の体験から着想を得たヒューマンドラマ。ある少年と文通をしていた若手スター…成長した少年が手紙の内容を振り返りながら、若くして死んだスターの死の謎と、知られざる孤独を紐解いていく。
アニメーション映画

【HELLO WORLD】あらすじと解説。仮想世界でも彼女を救う。3Dに注目の青春アニメ映画。

映画【HELLO WORLD】(ハロー・ワールド)は、2019年にグラフィニカによって制作された日本のアニメーション映画です。監督は、【時をかける少女】(2006)や【サマーウォーズ】(2009)で助監督を務めた伊藤智彦が務めています。昔ながらの京都の街並みと「アルタラ」のデジタルな世界観がマッチして、大人から子どもまで楽しめる作品となっています。キャッチコピーは「この物語(セカイ)は、ラスト1秒でひっくり返る――」を、ぜひ。
アニメーション映画

【もののけ姫】あらすじと解説。山犬に育てられた少女と人間の共に生きる道。

1997年に公開された映画【もののけ姫】は、【耳をすませば】(1995)に続くスタジオジブリの9作目の長編アニメーション作品です。本作は当時【E.T】(1982)が持っていた日本映画の歴代興行収入の記録を抜き、歴代興行収入1位を達成し、大きな話題となりました。キャッチコピーは、「生きろ。」を、ぜひ。