映画「prey」:「プレデター」前日譚の “恐ろしい “新作の内部

2022年8月5日からDisney+で「プレデター」の前日譚となる映画「prey」の配信がスターした。そして今回NMEは監督を務めたダン・トラクテンバーグ、プロデューサーのジャン・マイヤーズ、ナル役のアンバー・ミッドサンダーに制作の裏側について話を聞いた。

スポンサーリンク

「プレデター」(新作)前日譚の内部

https://twitter.com/20thcentury/status/1555714320511602689

ダン・トラクテンバーグ監督は「子供の頃、私は(モンスターが)怖かった」と、1987年に大ヒットしたホラーの血に飢えた戦士エイリアンを初めて見たときのことを思い出しながら言う。

「でも、大きくなるにつれ、続編をそれほど怖いと思わなくなった。だから僕にとって(前日譚の新作「Prey」での)挑戦は、続編を再び怖くすることだったんだ。」

アーノルド・シュワルツェネッガーのオリジナル作品以来 ”最高のプレデター映画”と批評家に賞賛された第7弾(2004年の「エイリアンVSプレデター」などのクロスオーバーを含む)は、アーニーのアクションが起こる前の1700年代まで我々を遡らせてくれるのである。

「prey」は、アメリカ南部平原に住むコマンチ族の物語が描かれる。高度に進化した危険な獣の出現により、訓練中の若い戦士ナル(アンバー・ミッドサンダー)は部族を守るために戦わなければならなくなる。

期待通りの「血みどろの死」と「緊迫したアクション」はもちろん、「Prey」は2022年のフランチャイズを加速させるに十分な、新しい「魅力的なキャラクター」を追加している。

「私にとっては、たとえプレデター映画でなくても素晴らしい映画になるようなストーリーを見つけることが重要でした。主人公は自分自身を証明しようとしている人です。エイリアンは彼女をアルファやトップドッグとして見ていないため、この映画にテーマ的な重みを与えている。でも、これをプレデター映画にするともっと良くなるんだ!」とダン・トラクテンバーグ監督は言う。

スポンサーリンク

手に汗握りながら、楽しい時間を過ごすことができる

https://twitter.com/20thcentury/status/1550526188879130624

Q:オリジナル映画のどこが象徴的だったのでしょうか?

DT:ダン・トラッヘンバーグ監督 「最初のジャンルのマッシュアップだった! このクリーチャーは、ポップカルチャーに忘れがたい足跡を残しました。マントを着ているときもカッコよかったし、マントを脱いで初めてちゃんと見たときもカッコよかった……。ワクワクするような感覚にしたかったんだ。」

Q:どのようにしてプレデターを再び新鮮に感じられるようにしたのでしょうか?

ダン・トラクテンバーグ(以下DT): 「私にとってはサスペンスで、緊張感を高めることがその助けとなります。ルックスも過去のプレデターよりずっとグロテスクです。しかし、本当に恐ろしいと感じるのは、この破壊の波が私たちのヒーローに迫ってくるという感覚なのです。この映画にはそれがたくさんあるんだ。」

Q:コマンチ族を正確に表現するために、どのような工夫をされましたか?

DT:「本物であること、具体的であることが、より普遍的な親近感を生むのです。私たちは映画の初稿を書いた後、すぐにコマンチ族のアドバイザーであるファニタ・パードポニーを探し、ストーリーの展開に協力をしてもらいました。彼女は残念ながら、映画開発期間中に亡くなってしまいました。そして、プロデューサーが必要になったとき、彼女自身の文化、先祖、家族の知識をこのプロジェクトにもたらしてくれたジェイン・マイヤーズを探し当てました。彼女は、衣装の製作を手伝ってくれただけでなく、キャラクターの素晴らしい瞬間を作り上げてくれました。」

Q:その一例を教えてください。

DT: 「ナルが口笛を吹くシーンがあるのですが、これは脚本の初稿にはありませんでした。コマンチ族は夜中に口笛を吹くと悪霊を呼び起こすと考えるからです。その知識があれば、そのシーンは本当に背筋が凍るようなものになりますし、その知識がなければ、キャラクターが行う非常に特殊な選択のように感じられます。しかし、そのような真正性を持っていれば、ジャンルの違う場面であってもより良いものにすることができます。

Q:「Prey」から、ファンや新規参入者が得るものは何だと思いますか?

DT:「感動的な体験であることを期待しています。手のひらに汗をかくような楽しい時間を過ごしてもらえるのは間違いないですが、「ああ、あれは実はちょっと感動的だったんだ」と受けとめてもらえたらと思います。

Q:この映画を観ると、先住民の文化に改めて触れることができます。「Prey」の制作を始めたとき、まず誰に電話をしましたか?

A:「ジャン・マイヤーズ(プロデューサー)です。私はコマンチ族なので、まず自分の部族から始めました。この映画を作ることを伝え、何人かのキーパーソンに声をかけました。彼らは皆、喜んで協力してくれ、本物そっくりに仕上げることができました。」

Q:カメラのバックでの表現について、この業界は十分に速く変化していると思われますか?

ジャン・マイヤーズ:「十分に速く変化することはできませんが、重要なことは、変化していることだと思います。この映画は、ハリウッドが先住民の文化について、またプロデューサーとしての女性や先住民について作り上げてきたパラダイムを変えるのに、大きな役割を果たすことでしょう。通常、ネイティブ・コンテンツをプロジェクトに導入する場合、それはプロジェクトの20パーセントに過ぎません。しかし、この作品は110%です。ポストプロダクションでは、コマンチ語の完全版を作りました。

Q:映画館を出た人が何を思ってくれることを望みますか?

A:「先住民の文化に対する新たな理解を得てほしいですね。Prey』は、私たちが悪役でもなく、脇役でもないことを教えてくれます。私たちは悪役でもなく、脇役でもない。私たちの文化、戦士の社会が描かれているのです。そして、私たちの言語にも興味をもってもらえたらと思います。

スポンサーリンク

原作のスピリットを受け継いでいる?

https://twitter.com/20thcentury/status/1556309195216957444

Q:ナルは何層にも重なった複雑なキャラクターですが、彼女に感情移入するのは簡単でしたか?

ナル役のアンバー・ミッドサンダー(以下AM):「彼女は本当に決断力があり、何かに向かって突き進んでいるのですが、同時に疑念でいっぱいなんです。それは私だけのことかもしれませんが、誰もが経験することだと思うんです。でも、いざチャンスが巡ってくると、”ああ、私は間違っていたのか?このために戦うべきじゃなかったのか?そして、それをやり遂げるんだ” それがとても親近感が湧くの」。

Q:フルコスチュームのプレデターとの撮影は怖くなかったですか?

AM:「魅了されるのと、本当に怖いのが混在していたよ。頭部はアニマトロニクスで、撮影現場では3、4人の人がビデオゲームのように動かしていました。”もしこれが本物のモンスターだったら…”と考え続けて、本当に怖くなりました。」

Q:映画の中にファン向けのイースターエッグはありますか?

AM:「この映画には、オリジナル版「プレデター」の精神を彷彿とさせるものがたくさんありそれ自体で作品が成り立っています。プレデターの新しいデザインと新しい武器をみんなが気に入ってくれることを願っています。ダン・トラクテンバーグ監督は、プレデターが愛されている古いものを結びつけ、そして新しい世界観で新しい映画を作るという素晴らしい仕事をしたんです。」

Q:ナルは何層にも重なった複雑なキャラクターですが、彼女に感情移入するのは簡単でしたか?

ナル役のアンバー・ミッドサンダー(以下AM):「彼女は本当に決断力があり、何かに向かって突き進んでいるのですが、同時に疑念でいっぱいなんです。それは私だけのことかもしれませんが、誰もが経験することだと思うんです。でも、いざチャンスが巡ってくると、”ああ、私は間違っていたのか?このために戦うべきじゃなかったのか?そして、それをやり遂げるんだ” それがとても親近感が湧くの」。

Q:フルコスチュームのプレデターとの撮影は怖くなかったですか?

AM:「魅了されるのと、本当に怖いのが混在していたよ。頭部はアニマトロニクスで、撮影現場では3、4人の人がビデオゲームのように動かしていました。”もしこれが本物のモンスターだったら…”と考え続けて、本当に怖くなりました。」

Q:映画の中にファン向けのイースターエッグはありますか?

AM:「この映画には、オリジナル版「プレデター」の精神を彷彿とさせるものがたくさんありそれ自体で作品が成り立っています。プレデターの新しいデザインと新しい武器をみんなが気に入ってくれることを願っています。ダン・トラクテンバーグ監督は、プレデターが愛されている古いものを結びつけ、そして新しい世界観で新しい映画を作るという素晴らしい仕事をしたんです。」

「prey」は2022年8月5日より[Disney+]   (ディズニープラス)で配信中

本ページの情報は2022年8月時点のものです。
© 2022 Disney and its related entities .All Rights Reserved.

この記事はNMEのニュースを抜粋(翻訳)してお伝えしています。

タイトルとURLをコピーしました