スポンサーリンク
スポンサーリンク

【容疑者Xの献身】湯川が解く天才数学者の悲しい真実。ガリレオシリーズ第1弾!2022年、9年ぶりの映画公開に向けてのステップ。

「容疑者Xの献身」出典:Amazon.co.jp

Writer:haruka
Introduction

2008年に公開された映画【容疑者Xの献身】は、テレビドラマ版で高い人気を誇ったガリレオシリーズ初めての映画作品です。本作は東野圭吾原作のミステリー小説「容疑者Xの献身」を、福山雅治や柴咲コウなどおなじみのキャストと石神役を務める堤真一が魅力的に演じます。キャッチコピーは、「その謎を愛そう。ガリレオが苦悩する、その謎とは?」を、ぜひ。

©2008 フジテレビジョン アミューズ S・D・P FNS27社

Production

公開:2008年 日本

原作:東野圭吾「容疑者Xの献身」

監督:西谷弘

キャスト:福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、堤真一、松雪泰子

「ガリレオ」シリーズ

スポンサーリンク

【容疑者Xの献身】あらすじ

ガリレオこと物理学者の湯川学(福山雅治)は、相変わらず内海薫(柴咲コウ)の依頼の元、難事件の解明に協力していました。

そんなある日、旧江戸川で富樫慎二(長塚圭史)と思われる男性の死体が見つかり、警察は富樫の元妻である花岡靖子(松雪泰子)を容疑者として、捜査を進めます。

しかし、花岡親子には死亡推定時刻に完璧なアリバイがあり、捜査が難航した内海は湯川に捜査の協力を求めました。

偶然にも花岡の住むアパートの隣の部屋には、大学時代の旧友 石神哲哉(堤真一)が住んでおり、湯川と石神は17年ぶりの再会を果たします。

スポンサーリンク

キャスト情報

《湯川学/福山雅治》

帝都大学で物理学の准教授を勤め、物理学においては天才的な頭脳を持つ本作の主人公。

雑学などの知識や洞察力も長けており、たびたび警察から依頼される難事件の解明に協力しています。

ドラマシリーズに引き続き、湯川学役を演じたのは【そして父になる】(2013)、【マチネの終わりに】(2019)などの作品に出演する歌手・俳優の福山雅治です。

《内海薫/柴咲コウ》

湯川の捜査に同行し、警察と湯川の橋渡し役となる新人の女性刑事。

一見、無表情でクールな性格に見えますが、正義感が強く感情的で、一人で考え込む一面があります。

こちらもドラマシリーズに引き続き、内海薫役を演じたのは、【青天の霹靂】(2014)、【食堂かたつむり】(2010)などの作品に出演する女優の柴咲コウです。

《石神哲哉/堤真一》

湯川の大学の同期で、「天才」と呼ばれるほど数学が得意な高校教師の男性。

アパートの隣の部屋には、殺人の容疑がかけられている花岡靖子の親子が住んでおり、本作の事件の鍵を握る人物となっています。

石神哲哉役を演じたのは、【クライマーズ・ハイ】(2008)、【ALWAYS 三丁目の夕日】(2005)などの作品に出演する堤真一です。

スポンサーリンク

天才物理学者 VS 天才数学者

湯川が唯一認める天才 石神哲哉

「僕の知る限り、本物の天才といえるのは石神だけだ」

久しぶりの再会を果たした2人は石神の部屋でウイスキーを飲みながら、石神がどうして高校教員になったのかなど多くのことを語り合います。

そして、湯川が持ってきた数学のレポートを石神に解くように言って湯川は眠りにつき、石神はそのレポートを朝まで解き、夜を明かしました。

楽しい夜を過ごした帰り道、湯川は花岡に対する石神の態度に少しの違和感を覚えます。

容疑者Xとは(ネタバレ)

映画の冒頭では、花岡が富樫を殺害するシーン、そして石神が何かしらの手を差し伸べるシーンが描かれています。

石神は、ひそかに想いを寄せる花岡親子のアリバイ工作のため別の殺人を犯し、それを富樫殺人事件とすり替える工作をしていました。

そして石神自身が真犯人を装うことで、事件の解決を図り、花岡親子の無罪を主張するつもりだったのです。

クライマックスで花岡靖子がすべて自白し、石神の計画は無駄に終わります。

湯川はこの事件に石神が関与していること、さらに石神が殺人を犯したことを知り、旧友の犯行に胸を痛めます。

スポンサーリンク

ガリレオシリーズの第1弾!

「実に面白い。」

本作は、ガリレオ先生と呼ばれる湯川がこの名言で人気を博したテレビドラマ「ガリレオ」の初めての劇場版です。

テレビドラマ版ではどんな場所でもかまわず数式を解き始める湯川の姿が印象的でしたが、本作では湯川と石神の天才同士の頭脳戦が最大の見どころとなっています。

そして、石神と花岡親子との人間ドラマも丁寧に描かれており、見終えた後にはタイトルにある「献身」という言葉が強く印象に残ります。

福山雅治と柴咲コウがタッグを組んだKOH+が歌う主題歌「最愛」は、2人の関係性を表しているようで、非常に切ない気持ちにしてくれます。

本作は累計興行収入49.2億円を記録し、ガリレオシリーズの人気の高さを改めて証明する作品となりました。

なお、福山雅治と柴咲コウは、2022年公開予定のガリレオシリーズ最新作【沈黙のパレード】への出演が決まっています。

ぜひ、ご覧下さい。

タイトルとURLをコピーしました