アニメーション映画

スポンサーリンク
キャスト

【スペース・プレイヤーズ】あらすじとキャスト・総キャラクター詳細。レブロンのチームメイトは名作キャラ勢ぞろい!

【スペース・プレイヤーズ】キャスト・キャラクター詳細。【スペース・プレイヤーズ】は、マイケル・ジョーダンが主演を務めた【スペース・ジャム】(1997)の続編となる実写アニメーション映画です。本作ではレブロン・ジェームズが主演を務め、ルーニー・テューンズのキャラクターたちと"最強"のバスケチームを結成します。
アニメーション映画

【トムとジェリー】あらすじとキャスト(吹き替え)情報。NYを舞台にトムとジェリーが大暴れ⁉︎

映画【トムとジェリー】あらすじとキャスト情報。本作は、1940年から続く長寿アニメ【トムとジェリー】の実写化映画です。あのトムとジェリーがアニメの世界を飛び出し、リアルな世界にやって来ました。今回はNYのホテルを舞台に、トムとジェリーがドタバタアクションストーリーを繰り広げます。
Roundup

日本が誇るアニメ映画5選。電気羊の夢を見るように眠りたい

日本のアニメの凄いところは、子どもだけでなく大人が見ても十分楽しめるクオリティの高さです。そのことは、世界中で日本のアニメが親しまれていることや、アニメがドラマや映画で実写化されるといったケースからも証明されています。日本のアニメは、娯楽作品から小説のような題材を扱っているものまで、テーマの多様性には驚かされるばかりです。今や日本だけでなく世界中に注目されているアニメですが、今回はそんな中から日本が世界に誇ることのできるとっておきのアニメ映画を5作品ご紹介します。
スポンサーリンク
アニメーション映画

【風立ちぬ】あらすじとトリビア。キャッチコピーはジブリの過去作と関係がある。

【風立ちぬ】宮崎駿監督が引退宣言をして制作したヒューマンドラマ映画!かつて日本が戦争をしていた時代、生きるのに辛い時代、当時の若者たちはどう生きたのか?実在する人物・堀越二郎の半生を描いた感動作です。
アニメーション映画

【猫の恩返し】あらすじ、キャスト情報、トリビアまとめ!バロンの猫種、名前の由来やムタの食べたマタタビゼリーとは?

【猫の恩返し】宮崎駿監督が企画を手掛けた冒険ファンタジーが登場!モヤモヤすることばかりの日常をちょっとリセットしたい…と願っていた女子高生のハルが、猫の国に連れて行かれ大冒険を繰り広げます。肩の力を抜いて、ほのぼのと笑って、ちょっと前向きになれる青春ファンタジー!
アニメーション映画

【あの夏のルカ】海で生きる少年のひと夏の大冒険!

【あの夏のルカ】は【リメンバー・ミー】のディズニー×ピクサーによるファンタジーアニメーション。北イタリアの美しい港町を舞台に人間でも魚でもない"シー・モンスター"と呼ばれる少年の成長と冒険を描いたひと夏の物語です。監督は【月と少年】などのエンリコ・カサローザが務めました。
アニメーション映画

【ラーヤと龍の王国】レビュー。ディズニー史上、最も孤独なヒロイン誕生!

【ラーヤと龍の王国】は、龍と人間が共存する王国を舞台にひとりの少女の成長を描いたディズニーの長編アニメーションです。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオとしては、1937年公開の【白雪姫】から数えて59作目の長編映画となります。【ムーラン】を彷彿とさせた、闘うかっこいいヒロインに注目です。
アニメーション映画

劇場アニメ【君の膵臓をたべたい】恋愛を越える正反対のふたり。彼の「名前」に隠された謎とは?

『君の膵臓をたべたい』は小説家・住野よるのデビュー作。アニメーション映画の他、浜辺美波、北村匠海のW主演により実写映画化もされている人気小説です。この劇場アニメは小説が出版される前から企画され、原作に近い時系列での映像化作品となっています。そして主題歌など3曲を人気バンド「Sumica」が担当しさわやかな感動を添えています。
アニメーション映画

【時をかける少女】(2006)タイムリープを巡る高校生のひと夏の恋。細田守の代表作。

2006年に公開された映画【時をかける少女】は、筒井康隆の原作小説「時をかける少女」から20年後を舞台に、細田守監督によって新たに制作されたSFアニメーション映画です。本作は、当初公開規模は小さいながらも口コミで話題になり、さらに多くの映画祭で賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受けました。キャッチコピーは「待ってられない 未来がある。」を、ぜひ。
アニメーション映画

【おおかみこどもの雨と雪】細田守が描く、人間とおおかみの親子の物語。

2012年に公開された映画【おおかみこどもの雨と雪】は、【サマーウォーズ】(2009)に続く細田守監督の2作目となる長編オリジナル作品です。本作は「親子」をテーマに、女子大学生とおおかみおとこの間に生まれた2人の子どもの成長を描いた作品となっています。キャッチコピーは「私が好きになった人は、“おおかみおとこ”でした」を、ぜひ。
タイトルとURLをコピーしました