スポンサーリンク

【猫の恩返し】あらすじ、キャスト情報、トリビアまとめ!バロンの猫種、名前の由来やムタの食べたマタタビゼリーとは?

© 2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT

Writer:Rene
Introduction

【猫の恩返し】宮崎駿監督が企画を手掛けた冒険ファンタジーが登場!モヤモヤすることばかりの日常をちょっとリセットしたい…と願っていた女子高生のハルが、猫の国に連れて行かれ大冒険を繰り広げます。肩の力を抜いて、ほのぼのと笑って、ちょっと前向きになれる青春ファンタジー!

© 2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT

Production

公開:2002年 日本

原題:【猫の恩返し】

監督:森田宏幸

キャスト:池脇千鶴、袴田吉彦、前田亜季、山田孝之、渡辺哲

ジブリ作品を検索

スポンサーリンク

【猫の恩返し】あらすじ

主人公のハル(池脇千鶴)は、ちょっぴり朝が弱いごくごく普通の女子高校生。

ある日、学校の定刻に間に合わずに先生に叱られ、クラスのみんなの笑い者になってしまいます。

その日の帰り道、落ち込み気味で友達と帰宅しているとトラックに轢かれそうになっている猫と遭遇。

ハルは、危機一髪で友達の持っていたラクロスロケットを使って救出に成功します。

助けられた猫はハルを見て、人間の言葉で感謝を述べるとそのまま何処かへと消え去ってしまいました。

家に帰ったハルは猫が喋った話を母にすると、小さい頃にも同じような話をしていたことを聞かされます。

その晩、ハルの家に猫の大群が押し寄せてきました。

彼らの話によると、ハルが助けた猫は猫の国の王子ルーン(山田孝之)とのことでした。

猫たちは、猫じゃらしやマタタビ、ネズミなど大量の贈り物をして、感謝の気持ちを示しハルを猫の国へと招待します。

ハルが猫たちの過剰な恩返しに困惑していると、どこからか「猫の事務所を探して」という声が聞こえてきます。

その声の通りに猫の事務所を見つけると、そこには白いタキシードをスマートに着こなした猫男爵・バロン(袴田吉彦)がハルを歓迎し……

スポンサーリンク

【猫の恩返し】キャスト情報

《ハル役:池脇千鶴》

朝に弱く寝坊しがちですが、友達思いの優しい性格をした女子高校生。

たまたま、猫の国の王子を助けたことから猫の恩返しを受けることになりますが、過剰な恩返しに困り猫の事務所に助けを求めます。

主人公・ハルを演じたのは、1981年11月21日生まれで、【大阪物語】(1999)、【ストロベリーショートケイクス】(2006)、【そこのみにて光り輝く】(2014)などに出演した女優・池脇千鶴です。

《バロン役:袴田吉彦》

英国紳士を彷彿させるようなタキシードの身のこなしに、上品な言動、紅茶への以上なこだわりを持つ男爵猫。

冷静な判断力と高い身体能力を兼ね揃えており、頼れる存在です。

主人公の救世主として活躍するバロンを演じたのは、1973年7月16日生まれで、【二十歳の微熱】(1993)、【時をかける少女】(1994)、【あなたの番です】(2019)などに出演した俳優・袴田吉彦です。

《ムタ役:渡辺哲》

肥満体型で、いつも不機嫌そうな顔をしている猫。

一見、意地の悪い性格をしているように見えますが、実は誰よりも仲間思いなところがあります。

猫の国での見事な食べっぷりとその後に注目です。

ムタを演じたのは、【乱】(1985)、【冷たい熱帯魚】(2010)、【ヒミズ】(2011)などに出演した1950年3月11日生まれの俳優・渡辺哲です。

《ルーン役:山田孝之》

ハルのおかげでトラック事故に巻き込まれずに生き延びることができた猫の国の王子。

傲慢でひねくれた王様と違い、正義感と優しさがあります。

ムーンとハルの関係性がどうなっていくのかに注目です。

ムーンを演じたのは、1983年10月20日生まれで、【闇金ウシジマくん】(2012)、【50回目のファーストキス】(2018)、【全裸監督】(2019)などに出演する俳優・山田孝之です。

スポンサーリンク

【猫の恩返し】トリビア

バロンの猫種、本名、恋人は?

© 2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT

バロンの身体的特徴は、アーモンド型の瞳、スタイリッシュな脚、丸みの帯びた顔。

これらの情報からバロンの猫種は「アビシニアン」であると考えられています。

「バロン」という呼び名は、英語で男爵を意味する愛称で、本名は「フンベルト・フォン・ジッキンゲン 」です。

西洋的な響きですが、ドイツ語の「Hun(戦士)+Beraht(ベルト)」、「Von(貴族の象徴)」、「Sickingen(ドイツでよくある苗字)」から由来しています。

ジブリ映画【耳をすませば】の主人公・月島雫が書いた小説の内容を映像化したのが【猫の恩返し】であるため、バロンは【耳をすませば】にも登場しています。

そこで、バロンには第二次世界大戦によって離れ離れになってしまった恋人・貴婦猫がいることが明かされていますので、気になる方は【耳をすませば】をチェックしてみてください。

ムタが爆食いしていたマタタビゼリーとは?

© 2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT

猫の国にやってきたムタは、住猫たちからたくさんの食事の接待を受けます。

テーブルに並ぶ数々のご馳走の中でも、ムタが特に気に入った品が「大きなゼリー」でした。

しかし、そのゼリーを食べ過ぎたムタは、正気を失った顔でぐったりとしてしまいます。

ゼリーにやられるムタのシーンは、インパクト大ですがあれは一体何だったのか。

この正体は「マタタビゼリー」です。

人間には漬物や薬用として使われますが、猫がマタタビの匂いを嗅いだり体内に入れると興奮状態になる効果があります。

適量の摂取であれば、ストレス解消や食欲増進などのポジティブな効果が期待できるのですが、適量を超えると麻痺状態や陶酔状態に陥る危険があるのです。

ムタがあれだけ正気を失っていたのは、マタタビの過剰摂取が原因であったことが分かります。

スポンサーリンク

平凡な女子高校生が体験した不思議なアドベンチャー映画

この記事では、ジブリ映画【猫の恩返し】についてのあらすじ、キャスト情報、トリビアについてまとめました。

マイペースな猫に振り回される天真爛漫な少女・ハルと、スマートで頼りになる男爵猫・バロン、ツンデレな太っちょ猫・ムタたちが繰り広げるコミカルな冒険物語。

明るく前向きになれるので、平凡な日常に刺激が欲しい人必見です!

タイトルとURLをコピーしました