スポンサーリンク

【ゾンビランド:ダブルタップ】総キャスト詳細。進化したゾンビにご注意を!

【ゾンビランド:ダブルタップ】は、2010年の【ゾンビランド】の続編映画です。1作目公開後から10年の時が経ち、パワーもスピードも進化したゾンビにあの4人が立ち向かいます。合言葉は”ダブルタップ(2度撃ち)”!

スポンサーリンク

【ゾンビランド:ダブルタップ】解説

2009年、パンデミックによりゾンビ社会と化した世界を10年間生き抜いた主人公4人の姿を描く、コメディ要素強めのアクションホラー映画

本作の見どころは、何と言っても主人公4人とゾンビの成長した姿でしょう。

ひ弱だったコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)が少し頼れる男になっていたり、無邪気で可愛かったリトルロック(アビゲイル・ブレスリン)が思春期を迎えていたかと思えば、ゾンビたちにもパワーアップした新種が登場するのです。

人間もゾンビも互いに成長を遂げているため、前作よりも更に激しいアクションシーンが炸裂!

いかに派手なゾンビ殺しをしたかで決まる”ZOMBIE KILL OF THE WEEK(今週のゾンビ殺し)”や、”ZOMBIE KILL OF THE YEAR(今年のゾンビ殺し)”も格段とパワーアップしているのが見どころポイントです。

スポンサーリンク

主要人物

コロンバス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Zombieland: Double Tap(@zombieland)がシェアした投稿

登場人物:自ら考案したゾンビ社会を生き抜くためのルールに従って生き延びる青年。戦闘能力は決して高くないものの、知的なアイディアやタラハシーとのチームワークで乗り切ります。

キャストジェシー・アイゼンバーグ

出演作:【ソーシャル・ネットワーク】(2011)、【グランド・イリュージョン】(2013)

”ジャシー・アイゼンバーグ”について:ジェシー・アイゼンバーグは、【ソーシャル・ネットワーク】(2011)のマーク・ザッカーバーグ役を演じ、一躍有名となったアメリカ・NY州出身の俳優です。同作での演技力が高く評価されており、主演男優賞でノミネートや受賞した賞は20を優に超えるほど。2017年、【卒業の朝】(2004)で出会った女優アンナ・ストラウトと結婚し、第一子が誕生しました。

タラハシー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Zombieland: Double Tap(@zombieland)がシェアした投稿

登場人物:ゾンビ殺しを得意としている強面な中年男性で、たった1人で100人以上のゾンビを捌いてしまうほどの射撃の腕を持っています。リトルロックのことを実の娘のように思っています。

キャストウディ・ハレルソン

出演作:【ナチュラル・ボーン・キラーズ】(1995)、【ハンガーゲーム】(2012)、【ヴェノム】(2018)、【ザ・テキサス・レンジャーズ】(2019)、【ケイト】【ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ】(2021)

”ウディ・ハレルソン”について:ウディ・ハレルソンは、悪役からコミカルな役まで得意とするアメリカ・テキサス州出身の俳優です。父はマフィアの雇われ殺し屋、母は弁護士秘書という特殊な家庭に生まれ、1992年から俳優として活動しています。プライベートでも大胆不敵な行動が目立つことでも有名であり、度々問題行動を起こしています。

ウィチタ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Zombieland: Double Tap(@zombieland)がシェアした投稿

登場人物:リトルロックの姉で、強気な性格の持ち主。姉妹詐欺師からコロンバスの恋人となりましたが、今でも妹のことを1番に気にかけています。

キャストエマ・ストーン

出演作:【バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)】(2015)、【ラ・ラ・ランド】(2017)

”エマ・ストーン”について:エマ・ストーンは、【ラ・ラ・ランド】(2017)のミア・ドーラン役で高い評価を受け、一躍トップスターへと駆け上がったアメリカ・アリゾナ州出身の女優です。11歳から劇団で演技を磨き、2004年に15歳で母と共にロサンゼルスに移住し女優としてのキャリアをスタートさせました。

リトルロック

登場人物:思春期真っ只中のウィチタの妹。タラハシーの父親面に嫌気を感じ、恋人を作って逃亡してしまいます。

キャストアビゲイル・ブレスリン

出演作:【サイン】(2002)、【リトル・ミス・サンシャイン】(2006)

”アビゲイル・ブレスリン”について:アビゲイル・ブレスリンは、【リトル・ミス・サンシャイン】(2006)のオリーヴ・フーヴァー役で名を馳せたアメリカ・NY州出身の女優です。同作では、当時10歳という史上4番目の若さで助演女優賞にノミネートされ話題を呼びました。3歳から子役として活動しており、4歳年上の兄スペンサー・ブレスリンも俳優として活動しています。

スポンサーリンク

新たな生存者

ネバダ

登場人物:ハウンドドック・ホテルのオーナーの女性。漢気のある女性で、強面なタラハシー相手でも怯むどころか逆に怯ませてしまうほどの度胸を持っています。タラハシーとは共にエルヴィス・プレスリーの大ファンです。

キャストロザリオ・ドーソン

出演作:【メン・イン・ブラック2】(2002)、【7つの贈り物】(2009)

”ロザリオ・ドーソン”について:ロザリオ・ドーソンは、アメリカ・NY州出身の女優です。プエルトリコ人とキューバ人の混血である母と、ネイティブアメリカンとアイルランド人の混血である父の元に生まれました。16歳の時、家の前のポーチに座っていたところをスカウトされ女優デビュー。以降、クエンティン・タランティーノやロバート・ロドリゲスなどの作品に出演し、コメディからシリアスまで幅広い演技を見せています。

マディソン

登場人物:ショッピングモールでコロンバスと出会った少しおバカな女性。信じられないほどポジティブな性格をしており、嫌味や皮肉にも動じない強いハートの持ち主でもあります。

キャストゾーイ・ドゥイッチ

出演作:【ヴァンパイア・アカデミー】(2014)、【ゾンビランド:ダブルタップ】(2019)

”ゾーイ・ドゥイッチ”について:ゾーイ・ドゥイッチは、アメリカ・カルフォルニア州出身の女優です。父は【プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角】(1986)などで知られる映画監督のハワード・ドゥイッチ、母は【バック・トゥ・ザ・フューチャー】(1985)などで知られる女優リー・トンプソン、姉も女優兼ミュージシャンのマデリーンです。幼少期からバレエやジャズダンスなどの様々なダンスを学び、ロサンゼルス郡芸術高等学校で演劇を学びました。

バークレー

登場人物:非暴力主義で生き抜いてきた男性で、弾き語りが得意なリトルロックの彼氏。

キャストアヴァン・ジョーギア

出演作:【ビクトリアス】(2010)、【バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ】(2022)

”アヴァン・ジョーギア”について:アヴァン・ジョーギアは、カナダ・ブリティッシュコロンビア州出身の俳優兼歌手、ダンサーです。彼の両親はイギリス人ですが、一部にインド系の血を引いています。10歳の時、学校の芝居をきっかけに俳優を志すようになり劇団で演技を学びました。その後、14歳で俳優デビューしました。

ビル・マーレイ(本人役)

登場人物:【ゴーストバスターズ】(1984)のピーター・ヴェンクマン博士役で最も有名な俳優。前作【ゾンビランド】(2010)で亡くなったものの、エンドロール後に彼の前日譚が公開されています。

キャストビル・マーレイ

出演作:【ゴーストバスターズ】(1984)、【ジャングル・ブック】(2016)

”ビル・マーレイ”について:ビル・マーレイは、【ゴーストバスターズ】(1984)のピーター・ヴェンクマン博士役で一躍有名となったアメリカ・イリノイ州出身の俳優です。アイルランド系の家庭に生まれた9人兄弟の5番目であり、彼を含めた4人が俳優となっています。彼はエージェントやマネージャーがいないため、業界人からはコンタクトが難しくオファーが出しづらい俳優として認識されています。

スポンサーリンク

エンドロール後にもご注目!

前作【ゾンビランド】(2010)でコロンバスの不注意によって亡くなってしまったビル・マーレイですが、本作にももちろん登場します。

本編には登場しないものの、エンドロール後に2009年のパンデミック発生の様子が描かれており、そこでビル・マーレイの前日譚が明かされます

【ガーフィールド3】のインタビュー中に突然パンデミックが発生し、颯爽とゾンビを倒していくビル・マーレイにはシビれること間違いありません!

ちなみに、【ガーフィールド3】は現実では存在せず、あくまでも【ゾンビランド】の世界線での話となっています。

「ゾンビランド:ダブルタップ」オフィシャルサイト
© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

タイトルとURLをコピーしました