ホラー

レビュー

【バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ】レビュー。全てはここで始まった。

【バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ】は、2022年1月28日公開予定のアメリカのホラー映画。全世界シリーズ累計売上が、1億1700万本を超えるCAPCOMの大人気ゲームから誕生した、大ヒットサバイバルアクション映画【バイオハザード】シリーズの原点を描いています。
キャスト

【モービウス】キャスト・登場人物・あらすじ・作品情報。

【モービウス】は、MARVELのキャラクター”モービウス”を主人公としたスーパーヒーロー映画。【ヴェノム】や【スパーダーマン】シリーズに続く「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」第3作目となります。主演は2016年公開の映画【スーサイド・スクワット】や、2021年公開の【ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット】でジョーカー役を演じたジャレッド・レトが務めます。
キャスト

【バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ】登場人物とキャスト情報。

映画【バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーン・シティ】は、2022年1月28日公開予定のアメリカのホラー映画。全世界シリーズ累計売上が、1億1700万本を超えるCAPCOMの大人気ゲームから誕生した大ヒットサバイバルアクション映画【バイオハザード】シリーズの原点を描いています。
スポンサーリンク
洋画

【ノー・ウェイ・アウト】ネタバレ解説と考察。不気味な呪いは永遠に続くーー。

映画【ノー・ウェイ・アウト】は、2021年に公開されたイギリスのNetfilxホラー映画。アメリカンドリームを夢見ていた主人公が、クリーブランドにある古いアパートで経験した不気味な物語を描いています。原作は、イギリスでその年最高の小説を選ぶ英国幻想文学大賞(オーガスト・ダーレス賞)受賞作であり、”The Ritual”の原作者アダム・ネヴィルの同名小説に基づいています。
キャスト

【Lamb】総キャスト/あらすじ。子供のいない夫婦の元にやってきたのは世にも奇妙な”羊”だった。

映画【Lamb】総キャストとあらすじ。2021年に公開されたアイスランドとスウェーデンとポーランド合作のホラー映画。暴風雪が吹き荒れたクリスマスの夜以降、養牧場で生まれた不思議な子供をプレゼントされたマリア夫婦に降りかかった予測不可能のホラー。本作は、アイスランドの伝統民話を基にした映画で、アイスランドの田舎の農場を舞台にしたホラー要素が盛り込まれています。
洋画

【ゾンビランド:ダブルタップ】総キャスト詳細。進化したゾンビにご注意を!

【ゾンビランド:ダブルタップ】は、2010年の【ゾンビランド】の続編映画です。1作目公開後から10年の時が経ち、パワーもスピードも進化したゾンビにあの4人が立ち向かいます。合言葉は"ダブルタップ(2度撃ち)"!
洋画

【ラストナイト・イン・ソーホー】ネタバレと考察解説。幻想かつ魅惑的ミジャンセンに酔う独特のホラー。

映画【ラストナイト・イン・ソーホー】は、2021年公開のイギリスのホラー映画。現実と夢、そして過去と現在を行き来する2人の主人公の幻想的なシーンを描いています。第78回ベネチア国際映画祭、第46回トロント国際映画祭で公開されて以来、熱い反響を呼んでいます。これまでに見た事のない魅惑的なビジュアルホラー、華やかな映像美とソーホーの幻想的な雰囲気、そのストーリーや音楽まで豊富に盛り込まれた本作は、1960年代の魅惑的なロンドンソーホーの街へと導いてくれます。
洋画

【サムワン・インサイド】キャスト情報とタイトルの意味。秘密を抱える者は殺される。

【サムワン・インサイド】は、NYタイムズ紙でベストセラーとなったステファニー・パーキンス著書の同名小説を原作にしたホラー映画です。とある高校で誰にも知られたくない秘密をバラされた後に殺害されるという事件が発生。同級生が次々と秘密を暴露されて殺害される事態に疑心暗鬼に陥る生徒たち……一体誰が何のためにこんなことをするのか⁉︎
洋画

【ミッドサマー】徹底解説。手に負えない心理的拷問、口説かれる恐怖を誘うパフォーマンス。

映画【ミッドサマー】は、2019年に公開されたアメリカのホラー映画。90年に一度、ハッジ祭りが開かれる”ホルガ”というスウェーデンの小さな村を舞台に9日間続く真夏のミッドサマーフェスティバルで繰り広げられる様を描いています。体中が震えるほど奇妙な出来事から目を反らすことはできない……。
洋画

【ダーク・アンド・ウィケッド】ネタバレと考察解説。原初的恐怖心を刺激し極限の心理的恐怖に追い込むホラー。

映画【ダーク・アンド・ウィケッド】は、長年連絡を取る事のなかった兄妹が悪夢のような恐怖に包まれる7日間を描いたオカルトホラー。完成度が高く、国際ファンタスティック映画祭では【ヘレディタリー/継承】(2018)より恐ろしく独創的な映画と評価されました。タイトルが意味する”闇と邪悪さ”が与える恐怖感は、これまでの他のホラー映画とは一味違うリアルで原初的な恐怖感を与えてくれます。
タイトルとURLをコピーしました