ホラー

洋画

【死霊館 悪魔のせいなら、無罪。】恐ろしい実話として残る、殺人事件の犯人は人間か悪魔か。

映画【死霊館 悪魔のせいなら、無罪。】は、2021年10月1日に公開されたホラー映画です。歴代の洋画ホラー映画興行第1位の座を9年間守り続けている【死霊館】シリーズの3番目の物語で超常現象を研究するウォーレン夫妻の事件ファイルの中でも最も信じられないほど恐ろしい実話を描いた作品です。
洋画

【エンプティ・マン】その名前を唱えたら、1日目には声2日目には姿3日目には襲われる都市伝説。

映画【エンプティ・マン】は、アメリカで制作された2020年のホラー映画。10代の子供達が消える村で、失踪事件を追う元警察官が、都市怪談での存在と言われていたエンプティ・マンによって、科学的には説明不可能な超常現象を経験するようになるホラーを描いています。
洋画

【アフターマス:余波】新居に毎夜現れる恐怖の正体とは!?

映画【アフターマス:余波】は、2021年に公開されたNetfilxのホラー映画です。ある夫婦が関係回復の為、新しい家に引っ越した日から起こった奇妙な出来事を描いています。この家の不吉な現象が夫婦を襲うこの物語は、実話を基に製作されました。
スポンサーリンク
コラム

【ブライトバーン/恐怖の拡散者】スーパーヒーローを捻じ曲げて悪にしたスーパーヒーローホラー。

映画【ブライトバーン/恐怖の拡散者】は、2019年に公開されたアメリカのホラー映画。【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】(2014)シリーズを、世界的大ヒットに導いたジェームス・ガン監督がホラー・SF・サスペンス・ドラマと、全く新しいジャンルミックス作品を誕生させた本作は、スーパーマンのようなヒーローの能力を持った少年が、邪悪な悪役になったら??という問いから始まった作品です。異世界から来た特別な能力を持つ少年が、邪悪な存在として育てられた事で、起こる事件を描いています。
洋画

【フィアー・ストリートPart3:1666】ネタバレと解説。ついに全ての謎が繋がる!

【フィアー・ストリートPart3:1666】ネタバレと解説。サラ・フィアーの呪いを鎮めるべく彼女の手を体と共に埋葬しようとしたディーナでしたが、そこでディーナは衝撃の過去を知ることになります。魔女と呼ばれたサラ・フィアーの生涯とは一体……⁉︎また、そこには驚くべき人物が関わっていたのでした。
洋画

【オールド】ネタバレ。M・ナイト・シャマラン最新作、1日で一生を終える恐怖と謎。

映画【オールド】は、2011年に出版されたフランス作家のピエール・オスカル・レヴィーとイラストレーターのフレデリック・ペーターズによるグラフィック・ノベル<Sandcastle>が原作のホラー映画。海辺へ旅行に行った人々が、そこで不思議な出来事に遭遇する姿を描いています。自分達の時間が急速に流れていることを悟った事から、彼らの全ての人生はたった一日で変わってしまう非現実ながらもリアリティある恐怖を伝えます。
洋画

【フィアー・ストリートPart2:1978】ネタバレ、伏線考察と解説。徐々に明かされるシェイディサイドの闇。

【フィアー・ストリートPart2:1978】ネタバレと解説。殺人鬼と化したサムを救うべくディーナたちが訪れたのは、C・バーマンの元。ナイトウィングの惨劇で唯一生き残った彼女ならサムを救う術を知っているはずだと考えたディーナたちでしたが、彼女から聞かされたのはあまりにも衝撃の真実だったのです。
洋画

【パージ:フォーエバー】ネタバレ。シリーズ5作目にして最終作、犯罪が合法の日は永遠に続く!

映画【パージ:フォーエバー】は、2021年に海外で公開されたアメリカのホラー映画。シリーズ5作目にして最終作。毎年たった1日12時間の間、いかなる犯罪も許されるパージの日。しかし、パージの日が公式的に終わった後も、アメリカの浄化を叫ぶ過激派集団によってパージが行われ続けたのです。
洋画

【スレイヤー 7日目の煉獄】視覚的、心理的要素がさらなる恐怖を呼ぶ。

映画【スレイヤー 7日目の煉獄】は、2021年に公開されたアメリカのホラー映画。強力な悪魔と、悪魔に憑りつかれた者を救おうとするベテラン神父と新任司祭の命をかけた孤軍奮闘を描いています。なお本作は【死霊館】(2013)と【死霊館のシスター】(2018)に続くオカルトホラーとして位置付けられています。
洋画

【フィアー・ストリートPart1:1994】ネタバレと解説。物語はここからはじまる。

【フィアー・ストリートPart1:1994】は、R・L・スタイン著書の同名小説を原作としたホラー映画。ある日、突然最愛の人が魔女の呪いのせいで殺人鬼たちに付け狙われるようになってしまいます。何とか彼女を助けたいものの、それには彼女を殺すしかなくて……⁉︎
タイトルとURLをコピーしました