コメディ

アクション

【サマーウォーズ】あらすじと解説。夏休みの少年が立ち向かう、仮想世界OZと大家族の戦い。

2009年に公開された映画【サマーウォーズ】は、細田守監督の初となる長編オリジナル作品です。本作は自然豊かな田舎の風景と、仮想世界の近未来的な描写が独特な世界観を生み出し、さらに「家族」をテーマにしたヒューマンドラマが魅力となり、国内外で高い評価を得ました。キャッチコピーは、「つながりこそが、ボクらの武器。」を、ぜひ。
アドベンチャー

【ノーゲーム・ノーライフゼロ】あらすじと解説。ゲームの世界が創造される前の神話。

映画【ノーゲーム・ノーライフゼロ】は、2014年に放送されたアニメ【ノーゲーム・ノーライフ】の世界のはるか昔の出来事「大戦」を描いた作品です。主題歌「THERE IS A REASON」はアニメに引き続き、鈴木このみが歌っています。キャッチフレーズは「願ったのは、共に生きること―。」を、ぜひ。
コメディ

【ステージ・マザー】理解を深めて、共に生きる。

映画【ステージ・マザー】あらすじと感想。「偏見を持つ事柄に関して、一歩踏み出して理解を深めてみようかな」と思わせてくれる本作【ステージ・マザー】(2020)。華やかなゲイバー、ドラァグクジャッキーイーンたちに目が行きがちですが、人々の抱えるさみしさやすれ違いもしっかりと描いた本作。LGBTQ+について自らの価値観アップデートをするきっかけになるでしょう。
スポンサーリンク
クライム

【ビッグ•アイズ】あらすじと解説。真の作者は誰?芸術をテーマとした伝記映画

映画【ビッグ・アイズ】(2014)。1960年代のアメリカで起こった実話をティム・バートン監督が映画化。世界を騒がせた映画【ビック・アイズ】のあらすじとネタバレ。真実は大きな瞳だけが知っている——。
コメディ

【幸せなひとりぼっち】ふれあいの大切さ、薄れゆくものにフォーカスを。

映画【幸せなひとりぼっち】あらすじと感想。近年「ご近所付き合い」というものが都会は特に少なくなってきているかと思います。そんな現代にちょっぴり考えさせられる作品が本作【幸せなひとりぼっち】(2016)。第89回アカデミー賞でもノミネートされた、心温まる交流をぜひ今、この時期に。
コメディ

【キャスパー】少女が出会ったのは寂しがり屋なゴースト!優しさに溢れたキュートなハートフルコメディ

映画【キャスパー】あらすじと見どころ、評価。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、【レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語】(2004)や【素敵な人生のはじめ方】(2006)のブラッド・シルバーリング監督が、初長編映画監督デビューを果たした、ゴーストが主役のハートフルコメディ!今でこそキュートなキャラクターとして人気のキャスパーの実写映画を成功させるため、アカデミー賞受賞スタッフが多く集結した。
コメディ

【ホリデーオンリー:とりあえずボッチ回避法?】祝日だけの関係はどう変わる?恋に期待することに疲れたあなたに送る、大人のラブコメディ

【ホリデーオンリー:とりあえずボッチ回避法?】あらすじと見どころ、考察。アメリカの様々な祝祭を通して繰り広げられる、大人の男女の素直になれないリアルな恋愛物語。Netflixで製作・配信され、主人公をエマ・ロバーツ、相手役をルーク・ブレイシーが演じた。
コメディ

【舟を編む】あらすじと解説。丁寧に実写化された言葉を紡ぐ人々の物語。

映画【舟を編む】は2013年に松田龍平主演で公開されたヒューマン映画です。原作は雑誌で連載していた小説で、2012年に本屋大賞を受賞したことをきっかけに映画化、漫画化、アニメ化と多くの作品が誕生し、アニメ化では主題歌も話題となりました。映画のキャッチコピーは「マジメって、面白い。」を、ぜひ。
コメディ

【青天の霹靂】あらすじとネタバレ。劇団ひとり原作、「優しい嘘」の物語。

映画【青天の霹靂】は2014年に大泉洋主演で公開されたヒューマン映画です。「青天の霹靂」とは、故事成語で「予想だにしない出来事が突然起こる様子」を意味します。ある日、タイムスリップして若い頃の両親と出会う物語で面白くも感動する親子愛が描かれています。キャッチコピーは「笑いと、たぶん一粒の涙の物語」を、ぜひ。
コメディ

【ロック・オブ・エイジズ】夢を諦めきれないあなたに贈ります。

【ロック・オブ・エイジズ】ブロードウェイで人気を博したミュージカルを映画化!ハリウッドスター、トム・クルーズが意外な役どころを熱演したことでも話題になった作品を、数々のハイテンションなロックソングに酔いしれてご覧あれ
タイトルとURLをコピーしました