アクション

アニメーション映画

【バケモノの子】異世界で結ばれるバケモノと人間の「親子の絆」。

2015年に公開された映画【バケモノの子】は、【おおかみこどもの雨と雪】(2012)に続く細田守監督の3作目となる長編オリジナル作品です。本作は、バケモノたちの世界を舞台に「親子の絆」をテーマに描かれた作品となっています。キャッチコピーは「キミとなら、強くなれる」を、ぜひ。
洋画

【アーミー・オブ・ザ・デッド】レビューとキャスト詳細。死の伏線、全員死亡。最大の見どころはOP!?

ザック・スナイダーが【ドーン・オブ・ザ・デッド】以来17年ぶりにゾンビ作品を監督したことで注目されている映画【アーミー・オブ・ザ・デッド】がNetflixで配信された。また、日本を代表する俳優・真田広之が出演していることでも知られている。
洋画

【ヴェノム】全てを失ってから得るものは「悪」か「正義」か?

映画【ヴェノム】は、今後の活躍が見逃せないトム・ハーディがアメコミ世界に参戦したことで話題になりました。公開してから早くも約3年が経ちますが、ついに続編【ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ】の予告が公開されました!日本公開は現状未定とのことですが、続編に向けてウォーミングアップしていきましょう。
スポンサーリンク
アニメーション映画

【もののけ姫】あらすじと解説。山犬に育てられた少女と人間の共に生きる道。

1997年に公開された映画【もののけ姫】は、【耳をすませば】(1995)に続くスタジオジブリの9作目の長編アニメーション作品です。本作は当時【E.T】(1982)が持っていた日本映画の歴代興行収入の記録を抜き、歴代興行収入1位を達成し、大きな話題となりました。キャッチコピーは、「生きろ。」を、ぜひ。
アクション

【るろうに剣心 伝説の最期編】あらすじと見どころ。志々雄真実とついに決着!

【るろうに剣心 伝説の最期編】は、大人気漫画「るろうに剣心」を実写映画化した【るろうに剣心】シリーズ第三弾。剣心の最大の敵である志々雄真実との決着が描かれます。剣心の師匠である比古清十郎との修行や、蒼紫との決着、ラストのアクションである志々雄vs剣心、佐之助、斎藤一、蒼紫の4対1など、本作も見応えがあるアクションが満載です。
アクション

【るろうに剣心 京都大火編】キャストとあらすじ。原作を忠実に再現した見応えある1本!

【るろうに剣心 京都大火編】は、大人気漫画「るろうに剣心」を実写映画化した【るろうに剣心】シリーズ第二弾。漫画でも人気のある志々雄真実の物語がメインで描かれ、スケール感やアクションが前作よりもパワーアップしています。全国でロケを決行したことでも話題になりました。
SF

【オクジャ】あらすじとネタバレ考察。動物と少女の言葉を超えた絆の物語。

【オクジャ】は2017年6月Netflixにて配信開始された映画。監督は【パラサイト 半地下の家族】で一躍有名になったポン・ジュノが監督を務めています。韓国とアメリカ合衆国の共同で作られた本作品はカンヌ映画祭でプレミア上映されて話題になりました。「パラサイト面白かった!」「風刺や毒のある考えさせられる映画が好き」という方にぜひ見てほしい作品です。
アニメーション映画

【シン・エヴァンゲリオン劇場版:||】考察とネタバレ解説。エヴァンゲリオンシリーズ、ついに終劇。

【ヱヴァンゲリヲン新劇場版】の全4部作の第4部。フォースインパクトの発動後から、第3村での生活、そしてNERVとWILLEの最後の決戦までを描きます。前作【ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q】(2012)の公開から8年の時が経ち、155分にも及ぶ完結編【シン・エヴァンゲリオン劇場版:||】を分かりやすく解説します。キャッチコピーは、「さらば、全てのエヴァンゲリオン。」を、ぜひ。
アニメーション映画

【サマーウォーズ】あらすじと解説。夏休みの少年が立ち向かう、仮想世界OZと大家族の戦い。

2009年に公開された映画【サマーウォーズ】は、細田守監督の初となる長編オリジナル作品です。本作は自然豊かな田舎の風景と、仮想世界の近未来的な描写が独特な世界観を生み出し、さらに「家族」をテーマにしたヒューマンドラマが魅力となり、国内外で高い評価を得ました。キャッチコピーは、「つながりこそが、ボクらの武器。」を、ぜひ。
アクション

【るろうに剣心】あらすじと見どころ。大人気漫画を実写映画化したスピード感溢れるアクションが必見!

大人気漫画「るろうに剣心」を実写映画化した【るろうに剣心】は、佐藤健を主演に迎え武井咲、蒼井優、江口洋介、吉川晃司など豪華キャストが集結したシリーズ第一弾。時代劇でありながら、刀を使ったスピード感溢れるアクションシーンに引き込まれること間違いなしです。大ヒット映画の第一弾をぜひ。
タイトルとURLをコピーしました