TSUTAYATV

TSUTAYATV
洋画

【スタンド・バイ・ミー】スティーブン・キングの自伝的な青春映画の傑作。

【シャイニング】【ミスト】など多くの作品が映画化されているモダン・ホラー小説家スティーブン・キング。彼の非ホラー短編集におさめられている『THE BODY』が原作のこの映画【スタンド・バイ・ミー】は、大人になって小説家として成功した男性が少年時代のひと夏の冒険を思い出すという、キング自身をモデルにしたようなノスタルジックな内容となっている。
邦画

【チワワちゃん】映画。キャストとネタバレ考察、バラバラ殺人事件の犯人は?

【チワワちゃん】考察とネタバレ。ある若者グループの中心的存在で「チワワ」と呼ばれていた女性が、バラバラ遺体となって東京湾で発見される。彼女の友人の1人であるミキは突如自分たちのグループの中心に現れた「チワワ」という少女がどんな人物だったのか、聞き込みと称した思い出話をひとりずつに聞いて回る。そこにあったのは、それぞれが抱いたチワワと過ごした短い青春の日々だった。
アニメーション映画

【天気の子】あらすじと解説。新海誠が描く、天気を操る少女と少年の物語。

映画【天気の子】(英題:Weathering With You)は、前作の【君の名は。】(2016)から3年ぶりとなる、新海誠監督の7作目の劇場アニメーション作品です。本作は前作を上回る140の国と地域で公開され、140億円を超える興行収入を記録しました。キャッチコピーは「これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語」を、ぜひ。
スポンサーリンク
洋画

【きみに読む物語】純愛映画の最高傑作。温かすぎて泣ける、そして恋をしたくなる。

ニコラス・スパークスのベストセラー小説を映画化した【きみに読む物語】は、2005年に公開され全米興行収入81億円を記録した大ヒット映画です。現在と過去が同時進行で描かれ、生涯一途に想い続けた男女の切なくも温かいラブストーリー。主人公を演じた【ラ・ラ・ランド】のライアン・ゴスリングと【アバウト・タイム】のレイチェル・マクアダムスの恋人シーンは必見!何度でも観たくなる恋愛映画です。
邦画

【フラガール】あらすじと解説。フラダンスで町おこしする苦悩と感動の実話。

映画【フラガール】は、1966年に福島県いわき市に建てられた「スパリゾートハワイアンズ」の誕生から成功までの実話をもとに、松雪泰子と蒼井優主演で映画化したヒューマン映画です。本作は、第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞など多くの賞を受賞し、フラダンスとフラガールの知名度を全国に広めました。キャッチコピー 「未来をあきらめない」を、ぜひ。
アジア映画

【活きる】ネタバレと解説。激動の中国に翻弄された家族の運命は?

【活きる】ネタバレと解説。本国では上映禁止とされるも、カンヌ映画祭でグランプリを受賞した珠玉の名作。中国毛沢東の波乱の時代背景をわかりやすく解説。
ミステリー

【イニシエーション・ラブ】あらすじと解説。不思議な仕掛けがある恋愛小説を実写映画化。

映画【イニシエーション・ラブ】は、2004年に発行された乾くるみの原作小説を、松田翔太と前田敦子主演で映画化した恋愛映画です。原作小説は130万部を超えるミリオンセラーとなりました。恋愛小説ではありますが、ある仕掛けが話題となり、一部のファンからはミステリー小説とも言われています。キャッチコピーは、「最後の5分、全てが覆る。あなたは必ず、2回観る。」を、ぜひ。
アクション

【るろうに剣心 伝説の最期編】あらすじと見どころ。志々雄真実とついに決着!

【るろうに剣心 伝説の最期編】は、大人気漫画「るろうに剣心」を実写映画化した【るろうに剣心】シリーズ第三弾。剣心の最大の敵である志々雄真実との決着が描かれます。剣心の師匠である比古清十郎との修行や、蒼紫との決着、ラストのアクションである志々雄vs剣心、佐之助、斎藤一、蒼紫の4対1など、本作も見応えがあるアクションが満載です。
アクション

【るろうに剣心 京都大火編】キャストとあらすじ。原作を忠実に再現した見応えある1本!

【るろうに剣心 京都大火編】は、大人気漫画「るろうに剣心」を実写映画化した【るろうに剣心】シリーズ第二弾。漫画でも人気のある志々雄真実の物語がメインで描かれ、スケール感やアクションが前作よりもパワーアップしています。全国でロケを決行したことでも話題になりました。
アニメーション映画

【サマーウォーズ】あらすじと解説。夏休みの少年が立ち向かう、仮想世界OZと大家族の戦い。

2009年に公開された映画【サマーウォーズ】は、細田守監督の初となる長編オリジナル作品です。本作は自然豊かな田舎の風景と、仮想世界の近未来的な描写が独特な世界観を生み出し、さらに「家族」をテーマにしたヒューマンドラマが魅力となり、国内外で高い評価を得ました。キャッチコピーは、「つながりこそが、ボクらの武器。」を、ぜひ。
タイトルとURLをコピーしました