スポンサーリンク

【るろうに剣心】あらすじと見どころ。大人気漫画を実写映画化したスピード感溢れるアクションが必見!

「るろうに剣心」出典:www.amazon.co.jp

作品情報

大人気漫画「るろうに剣心」を実写映画化した【るろうに剣心】は、佐藤健を主演に迎え武井咲、蒼井優、江口洋介、吉川晃司など豪華キャストが集結したシリーズ第一弾。時代劇でありながら、刀を使ったスピード感溢れるアクションシーンに引き込まれること間違いなしです。大ヒット映画の第一弾をぜひ。

©和月伸宏/集英社 ©2012「るろうに剣心」製作委員会
公式サイト

*外部サイトに移動します

製作

公開:2012年 日本

監督:大友啓史

原題:るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-

原作者:和月伸宏

配給:ワーナー・ブラザーズ映画

キャスト:佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、綾野剛、須藤元気、田中偉登、奥田瑛二、江口洋介、香川照之

動画配信


当サイトでご紹介しているものは2021年3月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

関連作品
スポンサーリンク

【るろうに剣心】あらすじ

幕末、世間から”人斬り抜刀斎”と恐れられていた人物がいました。

その男の名は”緋村剣心”。

彼は影の暗殺者として幕末を生きていました。

時代は明治になり、剣心は”不殺の誓い”を立て弱い人々を守る流浪人として過ごしていました。

そんな中、東京で人斬り抜刀斎と名乗る者が辻斬りを横行し騒ぎになっていました。

東京で神谷道場を営んでいる師範代の神谷薫(武井咲)は、神谷活心流の剣術を使い悪事を働いている人斬り抜刀斎を探します。

人斬り抜刀斎は、実業家の武田観柳に雇われていた鵜堂刄衛(吉川晃司)という人物でした。

武田観柳は、高荷恵(蒼井優)に中毒性の高いアヘンを開発させ、売り捌き金儲けをしていたのです。

剣心は恵を助ける為、喧嘩屋の相良左之助(青木崇高)と共に武田観柳の屋敷へ乗り込みます。

スポンサーリンク

キャスト紹介

緋村剣心/佐藤健

かつて人斬り抜刀斎と恐れられていた本作の主人公。

流浪人として弱い人々を助けて旅をしていましたが、薫と出会い神谷道場に居候することになります。

佐藤健は【仮面ライダー電王】で連続テレビドラマ初主演し、以後数々のテレビドラマや映画に主演、出演しています。

主な出演作品は、【ROOKIES-卒業-】(2009)、【BECK】(2010)、【カノジョは嘘を愛しすぎている】(2013)、【バクマン。】(2015)、【亜人】(2017)、【8年越しの花嫁 奇跡の実話】(2017)。

神谷薫/武井咲

神谷道場の師範代。

剣術も確かな腕前で、剣心や行き場を失った高荷恵、喧嘩屋の相良佐之助を居候させてあげたりと強く優しいヒロインです。

武井咲は第11回全日本国民的美少女コンテストでモデル部門賞、マルチメディア賞を受賞し芸能界入りしました。

ファッション雑誌”Seventeen”の専属モデルとして活躍し、テレビドラマや映画にも多数出演しています。

主な出演作品は【愛と誠】(2012)、【今日、恋をはじめます】(2012)、【クローバー】(2014)、【テラフォーマーズ】(2016)。

私生活では2017年にEXILEのTAKAHIROと結婚し、一児の母となっています。

鵜堂刃衛/吉川晃司

人斬り抜刀斎と名乗り辻斬りを橫行していた敵。

吉川晃司はミュージシャンとしても活躍しており、1984年にシングル「モニカ」でデビューしました。

デビュー当時から映画に多数出演し、一時俳優業から離れた後、2000年の【漂流街】出演以降また俳優活動を再開しています。

主な出演作品は、【すかんぴんウォーク】(1984)、【大停電の夜に】(2005)、【チーム・バチスタの栄光】(2008)、【さらば、あぶない刑事】(2016)、【秘密 THE TOP SECRET】(2016)。

スポンサーリンク

【るろうに剣心】の見どころ

日本の新しいアクションエンターテイメント!

これまでの時代劇のアクションといえば、”殺陣”と呼ばれる作法に則ったものでした。

本作は漫画原作ということもあり、殺陣に拘らない刀捌きが盛り込まれたアクションになっています。

日本だからこそできる時代劇の良さと現代風なスピード感がある動きがマッチしていて、時代劇の新しいアクションの形をお楽しみ頂けるはずです。

おすすめはラストでの剣心と刃衛の対決はもちろん、神谷道場で剣心が何十人もの敵を軽やかに交わし倒していくアクションシーンです。

刀を使わずして、いとも簡単に敵を倒すことが出来る剣心の強さを認識し、次のアクションをもっと観たくなるようなシーンです。

壁を走っている剣心は、まるでショーを観ているような気分になるでしょう。

佐藤健が演じる緋村剣心

漫画原作の実写映画において難しいところのひとつは、”誰がどのキャラを演じるのか”でしょう。

主人公の剣心の愛らしさや繊細さ、強さ、人斬り抜刀斎の顔とのギャップを見事に演じ分けた佐藤健の剣心は、漫画の剣心がそのまま実写になったと言っていいほど忠実に表現されています。

特に、ラストアクションの刃衛との戦い時、人斬り抜刀斎に戻ってしまう瞬間の顔つきはドキッとさせられること間違いなし。

不殺の誓いを立てたあとの剣心は、誰と戦っていても心を入れ替えた優しい剣心のままでした。

しかし、刃衛を殺さなければ薫が死んでしまうと分かったとき、1度だけ人斬りに戻り刃衛を殺そうとします。

穏やかで優しい剣心とは別人のように殺意が滲み出ていて恐怖すら感じました。

そのギャップを上手く演じた佐藤健がいてこそ、この作品がヒットした理由だと感じます。

スポンサーリンク

【るろうに剣心】の感想

大人気漫画の実写映画化といえば、原作ファンがどう見るかもひとつの鍵となっていますが、本作は漫画の世界観やキャラクターも忠実に再現しているので、原作ファンも納得頂けることでしょう。

香川照之演じる武田観柳や蒼井優演じる高荷恵など、豪華俳優陣が演じるキャラがそれぞれ際立っていて埋もれているキャラがひとりもいません

アクションがメインではありますが、物語もきちんと描かれているのでアクションが苦手な人でも楽しめると思います。

シリーズ第1作目となる本作は次に続く【るろうに剣心 京都大火編】、【るろうに剣心 伝説の最期編】の大作への序章となる1本です。

最終章の公開前に、ぜひ1度ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました