2018年公開

アニメーション映画

劇場アニメ【君の膵臓をたべたい】恋愛を越える正反対のふたり。彼の「名前」に隠された謎とは?

『君の膵臓をたべたい』は小説家・住野よるのデビュー作。アニメーション映画の他、浜辺美波、北村匠海のW主演により実写映画化もされている人気小説です。この劇場アニメは小説が出版される前から企画され、原作に近い時系列での映像化作品となっています。そして主題歌など3曲を人気バンド「Sumica」が担当しさわやかな感動を添えています。
洋画

【ピーター・ラビット】実写版で繰り広げられる新しいピーター・ラビットの世界に笑う。

映画【ピーター・ラビット】あらすじ。世界で一番有名なウサギ”ピーター・ラビット”が100年の時を経て、絵本から飛び出して映画になった!実写となったピーターの新しい顔をお楽しみください!
洋画

【ボヘミアン・ラプソディ】ラミ・マレックが魅せるフレディ・マーキュリーの光と影。

1991年にHIVによる肺炎でこの世を去ったクイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーを描いたこの映画では、クイーンの誕生から1985年のライヴ・エイド出演までが描かれている。顔も体型も似ていないラミ・マレックはフレディ・マーキュリーを見事に体現し、この年のアカデミー賞主演男優賞を獲得した。
スポンサーリンク
洋画

【ヴェノム】全てを失ってから得るものは「悪」か「正義」か?

映画【ヴェノム】は、今後の活躍が見逃せないトム・ハーディがアメコミ世界に参戦したことで話題になりました。公開してから早くも約3年が経ちますが、ついに続編【ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ】の予告が公開されました!日本公開は現状未定とのことですが、続編に向けてウォーミングアップしていきましょう。
洋画

【ジョン・F・ドノヴァンの死と生】亡きスターと少年の❝秘密の文通❞。美しくも儚い映像と人間ドラマから、目が離せない。

【ジョン・F・ドノヴァンの死と生】あらすじと見どころ。世界が注目するグザヴィエ・ドラン監督による、自身の体験から着想を得たヒューマンドラマ。ある少年と文通をしていた若手スター…成長した少年が手紙の内容を振り返りながら、若くして死んだスターの死の謎と、知られざる孤独を紐解いていく。
アニメーション映画

【未来のミライ】あらすじと解説。未来からやってきた妹と4歳の男の子の時を超えた冒険。

2018年に公開された映画【未来のミライ】は、【バケモノの子】(2015)に続く細田守監督の5作目となる長編オリジナル作品です。本作は第91回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされるなど、国内外で高い評価を受けました。キャッチコピーは「ボクは未来に出会った。」を、ぜひ。
Roundup

最高に泣けるヒューマン映画トップ15!

ヒューマン(ドラマ)映画とは、登場人物の生き方や心模様などを描いている作品のこと。実話をベースにしたものから涙必至の感動作品など、数々の名作があります。そこで今回は、数あるヒューマンドラマの中から厳選した15作品をランキング形式でご紹介していきます。人生での選択に悩んだり、進むべく道に迷ったり、そんな時にヒントをくれる映画が見つかるかもしれません。
サスペンス

【サマー・オブ・84】隣人は連続殺人鬼?15歳の少年のひと夏を描いたジュブナイル・ホラー。

【サマー・オブ・84】あらすじと見どころ。80年代のアメリカを舞台に、その時代の数々の作品にオマージュを捧げた青春ホラー。連続殺人鬼を追う少年達が踏み込んでいく恐怖と、徐々に明らかになっていく真実に驚きが止まらない。
Roundup

クリスマス映画トップ10!これは絶対観る甲斐がある!

12月。街にもイルミネーションが点灯し一気にクリスマスムードが漂います。自宅でゆっくり過ごす方、家族や友人とパーティを楽しんだり恋人とムーディな夜を迎えたりと過ごし方は人それぞれ。そんなクリスマスに外せない映画を10選ピックアップ!これは絶対観る甲斐がある!
ラブコメ

【好きだった君へ:P.S.まだ大好きです】恋したその先を描く。大人気青春ラブストーリー待望の続編

映画【好きだった君へ:P.S.まだ大好きです】あらすじと見どころ。Netflixで配信され、世界中のティーンを中心に大人気を博した青春ラブストーリーの続編。晴れて本当のカップルとなった二人に、ラブレターによるアクシデント再び⁉ 
タイトルとURLをコピーしました