スポンサーリンク

最高に泣けるヒューマン映画トップ15!

ヒューマン(ドラマ)映画とは、登場人物の生き方や心模様などを描いている作品のこと。

実話をベースにしたものから涙必至の感動作品など、数々の名作があります。

そこで今回は、数あるヒューマンドラマの中から厳選した15作品をランキング形式でご紹介していきます。

人生での選択に悩んだり、進むべく道に迷ったり、そんな時にヒントをくれる映画が見つかるかもしれません。

スポンサーリンク

15位:【グレイテスト・ショーマン】

作品解説

「グレイテスト・ショーマン」出典:www.amazon.co.jp

数々のアカデミー賞を受賞した【ラ・ラ・ランド】(2017)の音楽スタッフが送る、ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画。

本作の最大の魅力はキャスト陣の素晴らしい歌声。

ヒュー・ジャックマンのパワフルな歌声や、新たなスターとなったキアラ・セトルの心揺さぶる歌声は必見です。

キアラ・セトルの歌声は予告から話題になっており、彼女が自身の想いを重ねて歌う”This Is Me”は涙なしでは観れません。

ヒュー・ジャックマンさえも驚かせたキアラ・セトルの驚異の歌唱力をご堪能あれ!

【グレイテスト・ショーマン】のあらすじを読む ➤

基本情報

公開・製作国2018年 アメリカ
キャスト監督:マイケル・グレイシー
キャスト:ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ
配給20世紀フォックス映画
公式サイトhttp://www.foxjapan.com/greatest-showman#movie-info

© 2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. © Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.All Rights Reserved.

動画で試聴する

Rotten Tomatos

批評家の評価|56%
オーディエンス評価|86%

スポンサーリンク

14位:【ターミナル】

作品解説

「ターミナル」出典:www.amazon.co.jp

スティーブン・スピルバーグが監督による、実話を基に製作した映画。

クラコウジアという小国からJFK空港に降り立った主人公ビクターが、母国で発生したクーデターによりパスポートが無効になり、空港から出られなくなってしまう。

母国語も通じず英語も話せないまま、ビクターは空港での生活を余儀なくされる……。

ビクター役を演じたのは、トム・ハンクス。

アイデアと行動力、そして強い精神力で前向きに生きようとするビクターの姿は、人の心の強さを教えてくれるでしょう。

基本情報

公開・製作国2004年 アメリカ
キャスト監督:スティーブン・スピルバーグ
キャスト:トム・ハンクス、キャサリン・ゼダ=ジョーンズ、スタンリー・トゥッチ
配給ドリームワークス、UIP
公式サイトhttps://www.paramount.com/movies/the-terminal

©2004 DreamWorks LLC. All Rights Reserved.

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|61%
オーディエンス評価|74%

スポンサーリンク

13位:【アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜】

作品解説

「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」出典:www.amazon.co.jp

【アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜】(2013)は、ヒューマンドラマには珍しいタイムトラベルがある作品です。

しかし、SF映画のような派手なタイムトラベルではなく、主人公ティム(ドーナル・グリーソン)が念じて目をつぶるだけというとても自然なもの。

そんな能力を上手く使いながら、恋人や家族との時間を繰り返し過ごしていき、何気ない日常がかけがえのない時間だったことに気づいていきます。

ところが、ティムはタイムトラベルでも解決できない大きな問題にぶつかってしまいます。

窮地に立たされたティムの下した人生最大の決断、本当の幸せとは⁉︎

基本情報

公開・製作国2013年 イギリス
キャスト監督:リチャーズ・カーティス
キャスト:ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ、トム・ホランダー、マーゴット・ロビー
配給ユニバーサル・ピクチャーズ、Synca/パルコ
公式サイトhttp://abouttime-movie.jp/

©2013 Universal City Studios Productions LLLP.All Rights Reserved.

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|69%
オーディエンス評価|81%

スポンサーリンク

12位:【フォレスト・ガンプ/一期一会】

作品解説

「フォレスト・ガンプ 一期一会」出典:www.amazon.co.jp

アカデミー賞主演男優賞を受賞し、トム・ハンクスが一躍有名となった【フォレスト・ガンプ/一期一会】(1995)。

不朽の名作として名高い【フォレスト・ガンプ/一期一会】(1995)は、数々の名言を生み出した作品でもあり、耳にしたことのある方も多いはず。

Mama always said life was like a box of chocolates. You never know what you’re gonna get.」

「ママは言ってた。人生はチョコレートの箱みたいって。食べるまでは中身はわからないって。」

出典元:【フォレスト・ガンプ/一期一会】より引用

特にこのセリフは本作のキャッチコピーとして使用され、”アメリカ映画の名セリフベスト100”にて40位にランクインしました。

人より少し知能の劣るフォレスト・ガンプ(トム・ハンクス)が、どんなことがあっても母の教えを胸にただ真っ直ぐに生きていくストーリー。

そんな彼の人生はまさに奇跡の成功の連続で、ひたむきに生き抜くフォレスト・ガンプの生き様は必見です。

基本情報

公開・製作国1995年 アメリカ
キャスト監督:ロバート・ゼメキス
キャスト:トム・ハンクス、サリー・フィールド、ロビン・ライト、ゲイリー・シニーズ、ミケルティ・ウィリアムソン
配給パラマウント映画、UIP
公式サイトhttps://paramount.jp/

©2013 BY PARAMOUNT PICTURES.All Rights Reserved.

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|71%
オーディエンス評価|95%

スポンサーリンク

11位:【アメリカン・スナイパー】

作品解説

「アメリカン・スナイパー」出典:www.amazon.co.jp

アメリカ軍の伝説の狙撃手クリス・カイルの自伝を基に、クリント・イーストウッドがメガホンを取り、ブラッドリー・クーパー主演で製作されました。

監督であるクリント・イーストウッド自身も戦争を経験しているため、リアルな中東戦争の描写には思わず息を呑むほどです。

さらに、クリス・カイル役を演じたブラッドリー・クーパーの徹底した役作りには、遺族さえもクリスを思い出して涙したというエピソードも。

また、【アメリカン・スナイパー】(2015)の撮影の最中、クリスが亡くなったことから、急遽エンディングが書き加えられました。

こうしてリアルタイムで起きた悲劇とクリント・イーストウッド監督のリアルな描写が、よりクリス・カイルという男の壮絶な人生の重みを突きつけてきます。

味方からは伝説の狙撃手として讃えられ、敵からは悪魔として呼ばれていたクリス・カイルの人生とは⁉︎

基本情報

公開・製作国2015年 アメリカ
キャスト監督:クリント・イーストウッド
キャスト:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー
配給ワーナー・ブラザーズ
公式サイトhttps://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper/

©2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC All Rights Reserved.

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|72%
オーディエンス評価|84%

スポンサーリンク

10位:【レオン】

作品解説

「レオン」出典:www.amazon.co.jp

【Taxi】(1998)や【トランスポーター】(2003)など数々のヒット作を生み出してきた映画監督、リュック・ベッソン初のハリウッド監督作品。

さらにナタリー・ポートマンのデビュー作でもありジャン・レノの代表作として、今もなお愛され続けている不朽の名作です。

あることから殺し屋のレオン・モンタナ(ジャン・レノ)と、共に逃亡することになった12歳の少女マチルダ・ボルドー(ナタリー・ポートマン)の一風変わった逃亡劇と愛が描かれています。

ストイックで寂しい殺し屋と、子供の姿をした大人の逃亡劇の結末はいかに⁉︎

基本情報

公開・製作国1995年 フランス、アメリカ
キャスト監督:リュック・ベッソン
キャスト:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン
配給ゴーモン、コロンビア映画、日本ヘラルド映画

©1994 GAUMONT/LES FILMS DU DAUPHIN

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|74%
オーディエンス評価|95%

スポンサーリンク

9位:【最強のふたり】

作品解説

「最強のふたり」出典:www.amazon.co.jp

【最強のふたり】(2012)は実話を基に製作された映画。

フランス映画として数々の歴史を塗り替え、フランスと日本の映画賞を総なめにして高い評価を受けました

特に、主演のひとりであるオマール・シーの演技力は高く評価され、フランスのセザール賞では8部門のノミネートに加え主演男優賞も受賞しています。

本作の最大の見どころは、フィリップとドリスのやり取り。

不慮の事故による頸髄損傷で首から下の感覚がなく、自ら体を動かすことのできない大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)。
失業保険目当てで面接にやって来たスラム街出身の青年ドリス(オマール・シー)。

頑固者のフィリップと不真面目でお調子者のドリス、何もかもが正反対のふたりのやり取りには笑わずにはいられません。

そんなフィリップとドリスが徐々に友情を育み、お互いを思い合う姿は涙必至です!

基本情報

公開・製作国2012年 フランス
キャスト監督:エリック・トレダノ
キャスト:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ
配給ゴーモン、ギャガ
公式サイトhttps://web.archive.org/web/20160412074856/http://saikyo-2.gaga.ne.jp/

©2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|75%
オーディエンス評価|93%

スポンサーリンク

8位:【グリーンマイル】

作品解説

「グリーンマイル」出典:www.amazon.co.jp

【It】(1991)や【シャイニング】(1980)などで知られる、ホラーの巨匠スティーブン・キングの小説を映画化した【グリーンマイル】(2000)。

本作は、死刑囚のみが収監される刑務所を舞台に描いた、トム・ハンクス主演の感動の名作です。

”グリーンマイル”は、死刑囚が処刑場に向かう通路が緑色であることから「グリーンマイル」と呼ばれています。

この物語は、無実でありながらも死を選んだ死刑囚ジョン・コーフィーと、看守たちを巡る 涙なしには観られない作品です。

【グリーンマイル】のあらすじを読む ➤

基本情報

公開・製作国2000年 アメリカ
キャスト監督:フランク・ダラボン
キャスト:トム・ハンクス、デヴィット・モース、ボニー・ハント、マイケル・クラーク・ダンカン、ジェームズ・クロムウェル、マイケル・ジェッター
配給ワーナー・ブラザーズ、ギャガ

©1999 Universal Studios.

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|78%
オーディエンス評価|94%

スポンサーリンク

7位:【ワンダー 君は太陽】

作品解説

「ワンダー 君は太陽」出典:www.amazon.co.jp

世界で800万部以上の売り上げを記録したR・J・パラシオ著の小説「ワンダー」を実写映画化した【ワンダー 君は太陽】(2018)。

主人公オギー役を務めたジェイコブ・トレンブレイは、【ルーム】(2016)での演技を高く評価され、天才子役として注目されています。

遺伝子の疾患により普通の子とは少し異なる見た目をしている主人公オギーの勇気は、周囲の人々をも変えさせる力がありました。

この作品は、人々が当たり前に考えている”普通”とは何か?を考えさせられる作品です。

基本情報

公開・製作国2018年 アメリカ
キャスト監督:スティーブン・チョボスキー
キャスト:ジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン、ジェイコブ・トレンブレイ、マンディ・パティンキン
配給ライオンズゲート、キノフィルムズ
公式サイトhttp://wonder-movie.jp/

©2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|85%
オーディエンス評価|88%

スポンサーリンク

6位:【レインマン】

作品解説

「レインマン」出典:www.amazon.co.jp

アカデミー賞では4部門もの賞を受賞し、ゴールデングローブ賞とベルリン国際映画祭では作品賞を受賞した名作【レインマン】(1989)。

レインマンことレイモンドは、実在したサヴァン症候群を持つキム・ピークをモデルに描かれています。

父の遺産をきっかけに初めて兄の存在を知った高級車ディーラーのチャーリー・バビット(トム・ハンクス)。

300万ドルもの遺産の行方は、これまで存在も知らなかった兄レイモンド(ダスティン・ホフマン)の元へ。

レイモンドはサヴァン症候群だったことからずっと病院に入っており、幼かったチャーリーはその存在すら知らなかった。

レイモンドは高い知能を持っているものの意思疎通や感情の表現が理解できないため、父の遺産どころかお金の概念すら持っていません。

高い知能を持っているものの意思疎通や感情の表現が出来ない兄レイモンドと、最初こそお金目当てでレイモンドを引き取った弟チャーリーの極上の兄弟愛を描いた作品。

サヴァン症候群という感情を表に出さない難しい役柄を見事に演じきったダスティン・ホフマンと、レイモンドが感情を出さない分、バリエーションのある演技を求められたトム・クルーズの名演は絶賛です。

基本情報

公開・製作国1989年 アメリカ
キャスト監督:バリー・レヴィンソン
キャスト:ダスティン・ホフマン、トム・クルーズ、ヴァレリア・ゴリノ
配給ユナイテッド・アーティスツ、UIP

©1988 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.. All Rights Reserved

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|89%
オーディエンス評価|90%

スポンサーリンク

5位:【ショーシャンクの空に】

作品解説

「ショーシャンクの空に」出典:www.amazon.co.jp

【ショーシャンクの空に】(1995)は、ホラー小説の巨匠スティーブン・キング著「刑務所のリタ・ヘイワース」を原作とした、フランク・ダラボン監督による映画。

フランク・ダラボンは本作での出会いを経て、後の【グリーンマイル】(2000)や【ミスト】(2008)などのスティーブン・キング作品に多く関わることになりました。

数々の名言を生み出した【ショーシャンクの空に】ですが、そんな本作の見どころも主人公アンディの名言に詰まっていると言えるでしょう。

「心の豊かさを失っちゃだめだ。人の心には奪えないものがある、希望だよ。」

物語の舞台は、1947年のアメリカにあるショーシャンク刑務所。

妻とその愛人を殺害した冤罪をかけられ、終身刑となった元銀行員のアンドリュー・”アンディ”・デュフレーン(ティム・ロビンス)が、どんなに辛い状況でも希望を失わずに強く生きていく物語です。

心折れそうなどん底からでも這い上がれる、そんな希望をアンディの生き様を通して感じさせてくれます。

本作はあちこちに伏線が張り巡らされているため、全てが明らかになるラスト30分は目が離せません!

基本情報

公開・製作国1995年 アメリカ
キャスト監督:フランク・ダラボン
キャスト:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン
配給コロンビア映画、ワーナー・ブラザーズ、松竹富士
公式サイトhttps://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=2502

©Warner Bros. Entertainment Inc.

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|91%
オーディエンス評価|98%

スポンサーリンク

4位:【スタンド・バイ・ミー】

作品解説

「スタンド・バイ・ミー」出典:www.amazon.co.jp

【スタンド・バイ・ミー】(1987)は、【キャリー】(1977)や【IT/イット “それ”が見えたら、終わり。】(2017)で知られる小説家スティーブン・キング著「THE BODY」が原作の青春映画。

主人公の4人のうちのひとりであるゴーディー・ラチャンス(ウィル・ウィートン)は、スティーブン・キングの少年時代がモデルになっています。

【スタンド・バイ・ミー】(1987)は知らなくても、主題歌であるベン・E・キングの「Stand By Me(スタンド・バイ・ミー)」なら1度くらい聴いたことがあるはず

音楽の教科書にも掲載され、ジョン・レノンがカヴァーしたり、数々のCMなどにも起用されている大ヒット曲です。

さらに【スタンド・バイ・ミー】(1987)に出演していた子役の中にはハリウッドスターとして活躍する者も多く、特にいじめっ子エース・メリルを演じたのは【24 -TWENTY FOUR】(2001)のジャック・バウアーで知られるキーファー・サザーランドでした。

小さな田舎町に暮らす4人の少年たちが、有名になるため行方不明の死体探しの旅に出るひと夏の物語。

「I never had any friends later on like the ones I had when I was twelve Jesus, does anyone?」

「私は自分が12歳の時に持った友人に勝る友人を、その後持ったことはない。誰でもそうなのではないだろうか。」

出典元:【スタンド・バイ・ミー】より引用

大人になった作家のゴーディーが過去を思い返して書いた一言ですが、まさにこの一言に【スタンド・バイ・ミー】(1987)の全てが込められており、どこか懐かしい青春そのものが詰め込まれています。

基本情報

公開・製作国1987年 アメリカ
キャスト監督:ロブ・ライナー
キャスト:ウィル・ウィートン、リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル、キーファー・サザーランド
配給コロンビア映画

©1986 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|91%
オーディエンス評価|94%

スポンサーリンク

3位:【ルーム】

作品解説

「ルーム」出典:www.amazon.co.jp

【ルーム】(2016)は、オーストラリアで実際にあった監禁事件を基に書かれたエマ・ドナヒューの小説「部屋」を原作とした映画です。

7年前、17歳の頃に見知らぬ男に誘拐され監禁されていたジョイ(ブリー・ラーソン)は、男との間に5歳の息子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)を出産。

ジャックに脱出の訓練を繰り返し、無事助け出されたものの世界はあの頃と全く違っていたのです。

初めての外の世界に戸惑いながらも少しずつ適応していくジャックに対し、母ジョイにとっては空白の7年間を埋めることは想像以上に難しいものでした。

基本情報

公開・製作国2016年 カナダ、アイルランド、イギリス、アメリカ
キャスト監督:レニー・エイブラハムソン
キャスト:ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョアン・アレン、ショーン・ブリジャーズ、ウィリアム・H・メイシー
配給エレベーション・ピクチャーズ、A24、ギャガ、カルチュア・パブリッシャーズ
公式サイトhttps://gaga.ne.jp/room/

© GAGA Corporation. All Rights Reserved.

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|93%
オーディエンス評価|93%

スポンサーリンク

2位:【プライベート・ライアン】

作品解説

「プライベート・ライアン」出典:www.amazon.co.jp

映画界の巨匠スティーブン・スピルバーグが監督を務め、主演にトム・ハンクス、救出されるライアン役をマット・デイモンが演じた【プライベート・ライアン】(1998)。

あまりにもリアルな戦争を描いていることから、戦争映画のあり方を変えたとまで言われる名作です。

物語の舞台は第二次世界大戦時のノルマンディー上陸作戦で、本作のライアンのストーリーは、実在したナイランド兄弟のエピソードが基になっています。

1944年6月、米英連合軍のノルマンディ上陸作戦後。

激戦の中「ジェームズ・ライアン二等兵(マット・デイモン)を探して母の元に帰国させよ」という命令を受けたミラー大尉(トム・ハンクス)が、中隊からの兵士7人と共に敵地に向かいました。

顔も生死も分からない。

7人はただ「ライアン」という名前だけを頼りに、過酷な任務を遂行していくのです。

基本情報

公開・製作国1998年 アメリカ
キャスト監督:スティーブン・スピルバーグ
キャスト:トム・ハンクス、エドワード・バーンズ、マット・デイモン、トム・サイズモア
配給DW、パラマウント、UIP
公式サイトhttp://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=38889&SP=2

©2013 DREAMWORKS LLC AND TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|93%
オーディエンス評価|95%

スポンサーリンク

1位:【グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち】

作品解説

「グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~」出典:www.amazon.co.jp

当時はまだ無名だった、ハーバード大学在学中のマット・デイモンが授業の一環で執筆した脚本を、幼馴染のベン・アフレックに見せたことから映画化に向けた脚本を共同で執筆した作品が【グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち】(1998)です。

その脚本の完成度の高さから注目を集め、最終的にマット・デイモンとベン・アフレックは共に、アカデミー賞とゴールデングローブ賞で脚本賞を受賞しました。

本作は、幼少期のトラウマを抱えて問題行動ばかり起こす青年ウィル・ハンティング(マット・デイモン)と、最愛の妻を亡くした心理学者ショーン・マグワイア(ロビン・ウィリアムズ)との交流を描いたヒューマンドラマ。

ウィルの成長を通して真の愛や友情、信頼とは何か、そんな疑問に答えてくれる色褪せることのないまさに不朽の名作と言えるでしょう。

基本情報

公開・製作国1998年 アメリカ
キャスト監督:ガス・ヴァン・サント
キャスト:ロビン・ウィリアムズ、マット・デイモン、ベン・アフレック、ステラン・スカルスガルド、ミニー・ドライヴァー
配給ミラマックス、松竹富士

©1997 Miramax, LLC . All Rights Reserved.

動画で試聴する

 Rotten Tomatos

批評家の評価|98%
オーディエンス評価|94%

タイトルとURLをコピーしました