【ブラックパンサー】アフリカというエリアの魅力を存分に味わえるヒーロー作品。

出典:www.amazon.co.jp

有色人種の俳優・スタッフで構成されていることでも話題になり世界的に大ヒットを記録した【ブラックパンサー】。

その注目度はスーパーヒーロー映画で初となる、第91回アカデミー賞・作品賞にノミネートされるほど。

惜しくも作品賞は逃しましたが、作曲賞・美術賞・衣装デザイン賞3部門を受賞しています。

マーベル作品の中でも、特にアフリカエリアにフォーカスしたヒーローにご注目あれ!

スポンサーリンク

【ブラックパンサー】作品情報

▽公開

2018年 アメリカ

▽原題

Black Panther

▽監督

ライアン・クーグラー

▽配給

ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

▽キャスト

チャドウィック・ボーズマン、マイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴ、ダナイ・グリラ、マーティン・フリーマン、ダニエル・カルーヤ、レティーシャ・ライト、ウィンストン・デューク、スダナイ・グリラターリング・K・ブラウン、アンジェラ・バセット、フォレスト・ウィテカー、アンディ・サーキス

スポンサーリンク

【ブラックパンサー】のあらすじ

舞台はアフリカにある高度な科学技術と最新テクノロジーを持つワカンダ王国。

爆発テロによって父であるティ・チャカを亡くしたティ・チャラが新国王になることが決定し、儀式の際にワカンダ王国の部族の1つであるジャバリ族の挑戦者・エムバクとの戦いに勝ち、無事に国王として迎えられました。

そんなある日、武器商人であるユリシーズ・クロウとある男が手を組んでロンドンの博物館を襲撃したという報告が入ります。

ティ・チャラの友人・ウカビと因縁のあるクロウを捕えるため、親衛隊長・オコエ、恋人・ナキアを連れて裏取引があるという韓国へ行くことに。

現場に潜入していたCIA捜査官のエヴェレット・ロスとともにクロウを捕えるものの、博物館襲撃の際にクロウが手を組んだ男からの襲撃に遭ってしまい……。

スポンサーリンク

【ブラックパンサー】の見どころ・ネタバレ

映画館が禁止されていたサウジアラビアの映画館の初上映作品

イスラム教の厳しい規則下にあるサウジアラビア、テレビやコンサートなどの娯楽・娯楽施設や女性の社会進出が厳しく制限された国が、ついに世界と歩幅を並べました。

男女が公共の場所に混在することはタブーとされたため、1980年代に映画館の設置が禁止されてから約35年、ついに念願の映画館が2018年4月にオープン。

初上映作品は、今回取り上げさせていただく【ブラックパンンサー】でした。

今回オープンした映画館では、基本的に男女の同席が可能である見通しであることから、女性の車の運転までもが禁止されていた国としては歴史的快挙だと思います。

何故【ブラックパンンサー】が選ばれたのかの理由は明らかとなっていないものの、主要キャストがアフリカ系俳優で占められているということが理由のひとつかもしれません。

何故ここまでヒットしたのか?

なによりも、アフリカ系アメリカ人たちのSNSで異常な盛り上がりを見せたのが大きいのではないでしょうか。

できるだけ多くの人に、アフリカの誇りを取り戻すようなこの映画を知ってほしいという気持ちがムーヴメントとなって現れ、本作に関するたくさんの情報が投稿されていました。

また、自立した女性キャラクターの多さにも圧倒されます。

最先端の技術を扱うレティーシャ・ライト演じる、ティ・チャラの妹でワカンダ王女のシュリをはじめ、ルピタ・ニョンゴ演じるスパイとして活躍するナキアなど、魅力たっぷりで強くかっこいい彼女たちに是非ご注目していただきたいです。

そんな反面、村を襲撃して子どもを誘拐する武装勢力など、アフリカ社会の暗い現状、世界会議の場において「アフリカに何ができる」といった考えを持っている人たちが描かれるなど、現実世界での現状もところどころに散りばめられ、映し出しているのも本作の特徴のひとつだと思います。

ハリウッドの歴史を変えた作品

アフリカ史を描いた作品【アミスタッド】(1997)などには多く登場するものの、あまり主人公としてエンターテインメント作品に有色人種が選ばれることは少ない気がするハリウッド作品。

ここ最近では【ムーンライト】(2016)など、アカデミー賞にノミネートされることも多くなってきてはいるものの、まだまだ少ないのが現状。

白人ばかりのアカデミー賞と揶揄されたのも記憶に新しいですね。

そんな中、「ビッグタイトルには白人が必要」の概念を打ち砕くような本作が現れたことによって、有色人種、つまり非白人たちの役の幅や可能性が広がるきっかけになっていくと思います。

スポンサーリンク

現代社会について考える

NASAで働く黒人女性のストーリーである【ドリーム】(2016)など、平等に向けて歩み続けてきていますが、未だ差別的地位から抜け出せない黒人たちが大勢いる現代社会。

キング牧師などのように「非暴力」で抵抗する方法に疑問や不満を持つ方々もいらっしゃるかもしれません。

本作では「非暴力について」や「正義とは何なのか」ということを、敵キャラとして登場するキルモンガーを通して、改めて考えさせられるのではないかと思います。

彼が絶対的な悪として描かれていないのは、彼なりの信条・正義を持って行動してきていたからではと感じました。

スポンサーリンク

【ブラックパンサー】まとめ

マーベル作品の中でこんなにもアフリカ系の方々に寄り添う作品はないと思います。

世界と共に歩もうとするラストシーンにキング牧師をはじめとする暴力を嫌い、寛大で偉大な黒人たちを思い出す方もいらっしゃるのでは?

黒人バスケット選手など、世界中の黒人アスリートたちが勝利の決めポーズとしてワカンダ王国の敬礼である「ワカンダフォーエバー(ワカンダよ永遠なれ)!」を使用することが話題にもなりました。

ちなみにワカンダの敬礼は右手が前に来るようなクロスの仕方ですが、DC映画【ワンダーウーマン】(2017)の主人公・ダイアナは左手が前に来るようなクロスの仕方です。

黒人の監督、大勢の黒人のキャストに製作スタッフという前代未聞の作品として注目された【ブラックパンサー】。

思わずワカンダの民になりたくなるくらいにかっこいい新国王ティ・チャラに是非ご注目してご覧いただきたいです。

タイトルとURLをコピーしました