dTV

dTV
邦画

【チワワちゃん】映画。キャストとネタバレ考察、バラバラ殺人事件の犯人は?

【チワワちゃん】考察とネタバレ。ある若者グループの中心的存在で「チワワ」と呼ばれていた女性が、バラバラ遺体となって東京湾で発見される。彼女の友人の1人であるミキは突如自分たちのグループの中心に現れた「チワワ」という少女がどんな人物だったのか、聞き込みと称した思い出話をひとりずつに聞いて回る。そこにあったのは、それぞれが抱いたチワワと過ごした短い青春の日々だった。
アニメーション映画

【天気の子】あらすじと解説。新海誠が描く、天気を操る少女と少年の物語。

映画【天気の子】(英題:Weathering With You)は、前作の【君の名は。】(2016)から3年ぶりとなる、新海誠監督の7作目の劇場アニメーション作品です。本作は前作を上回る140の国と地域で公開され、140億円を超える興行収入を記録しました。キャッチコピーは「これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語」を、ぜひ。
邦画

【フラガール】あらすじと解説。フラダンスで町おこしする苦悩と感動の実話。

映画【フラガール】は、1966年に福島県いわき市に建てられた「スパリゾートハワイアンズ」の誕生から成功までの実話をもとに、松雪泰子と蒼井優主演で映画化したヒューマン映画です。本作は、第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞など多くの賞を受賞し、フラダンスとフラガールの知名度を全国に広めました。キャッチコピー 「未来をあきらめない」を、ぜひ。
スポンサーリンク
ミステリー

【イニシエーション・ラブ】あらすじと解説。不思議な仕掛けがある恋愛小説を実写映画化。

映画【イニシエーション・ラブ】は、2004年に発行された乾くるみの原作小説を、松田翔太と前田敦子主演で映画化した恋愛映画です。原作小説は130万部を超えるミリオンセラーとなりました。恋愛小説ではありますが、ある仕掛けが話題となり、一部のファンからはミステリー小説とも言われています。キャッチコピーは、「最後の5分、全てが覆る。あなたは必ず、2回観る。」を、ぜひ。
アクション

【るろうに剣心 伝説の最期編】あらすじと見どころ。志々雄真実とついに決着!

【るろうに剣心 伝説の最期編】は、大人気漫画「るろうに剣心」を実写映画化した【るろうに剣心】シリーズ第三弾。剣心の最大の敵である志々雄真実との決着が描かれます。剣心の師匠である比古清十郎との修行や、蒼紫との決着、ラストのアクションである志々雄vs剣心、佐之助、斎藤一、蒼紫の4対1など、本作も見応えがあるアクションが満載です。
アクション

【るろうに剣心 京都大火編】キャストとあらすじ。原作を忠実に再現した見応えある1本!

【るろうに剣心 京都大火編】は、大人気漫画「るろうに剣心」を実写映画化した【るろうに剣心】シリーズ第二弾。漫画でも人気のある志々雄真実の物語がメインで描かれ、スケール感やアクションが前作よりもパワーアップしています。全国でロケを決行したことでも話題になりました。
アニメーション映画

【サマーウォーズ】あらすじと解説。夏休みの少年が立ち向かう、仮想世界OZと大家族の戦い。

2009年に公開された映画【サマーウォーズ】は、細田守監督の初となる長編オリジナル作品です。本作は自然豊かな田舎の風景と、仮想世界の近未来的な描写が独特な世界観を生み出し、さらに「家族」をテーマにしたヒューマンドラマが魅力となり、国内外で高い評価を得ました。キャッチコピーは、「つながりこそが、ボクらの武器。」を、ぜひ。
アニメーション映画

【未来のミライ】あらすじと解説。未来からやってきた妹と4歳の男の子の時を超えた冒険。

2018年に公開された映画【未来のミライ】は、【バケモノの子】(2015)に続く細田守監督の5作目となる長編オリジナル作品です。本作は第91回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされるなど、国内外で高い評価を受けました。キャッチコピーは「ボクは未来に出会った。」を、ぜひ。
アクション

【るろうに剣心】あらすじと見どころ。大人気漫画を実写映画化したスピード感溢れるアクションが必見!

大人気漫画「るろうに剣心」を実写映画化した【るろうに剣心】は、佐藤健を主演に迎え武井咲、蒼井優、江口洋介、吉川晃司など豪華キャストが集結したシリーズ第一弾。時代劇でありながら、刀を使ったスピード感溢れるアクションシーンに引き込まれること間違いなしです。大ヒット映画の第一弾をぜひ。
洋画

【そんな彼なら捨てちゃえば?】現実を見て、彼はあなたに興味が無い。それぞれの恋愛観が波乱を起こすリアルラブコメディ!

映画【そんな彼なら捨てちゃえば?】あらすじと見どころ。大人気TVシリーズ【セックス・アンド・ザ・シティ】(1998-2004)の脚本家であるグレッグ・ベーレントとリズ・タシーロによる著作を映画化。公開当時、初登場全米第一位を記録し大ヒット。豪華キャストによる恋愛群像劇と、共感必須なキャラクター描写が楽しめるラブコメディ。出演者の1人であるドリュー・バリモアは、本作で製作総指揮も務めた。
タイトルとURLをコピーしました