アドベンチャー

コラム

【Mr.ノーバディ】本来の自分を取り戻す。

【Mr.ノーバディ】コラム。【ハードコア】(2019)の監督で知られるイリヤ・ナイシュラーと【ジョン・ウィック】シリーズの脚本家であるデレク・コルスタッドが送る、ハードボイルド・アクション映画。【スノー・ロワイヤル】(2019)などでおなじみのリーアム・ニーソンが演じるキャラクター彷彿させるような、新たなる一匹狼(ではありませんが…)誕生です!
コラム

【フリー・ガイ】ネタバレと評価。モブキャラはいない。

【フリー・ガイ】ライアン・レイノルズ出演作史上、最高の映画かもしれないほどのすばらしさです!彼は本作を「現代の【バック・トゥ・ザ・フューチャー】」と称していますがまさぴったりです。 レイノルズファンはもちろん、コメディ、ゲーム好きは絶対見てほしい作品でです。ぜひ!
洋画

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク】ネタバレ。第2弾は恐竜が街中で暴れ出す!

映画【ジュラシック・パーク】シリーズの第2作目となる本作の舞台は孤島とサンディエゴ。人間たちが暮らす街中でTレックスが暴れ出してしまいます。1作目に出演していたイアン・マルコム博士を主人公に、監督はスティーブン・スピルバーグが続投しています。
スポンサーリンク
洋画

【セルラー】1本の着信が若者を巻き込んだクライムスリラー。

映画【セルラー】は、2005年に公開されたクライムスリラー。犯罪に巻き込まれて誘拐された高校教師と、彼女から電話を受けた青年が、携帯電話の通話だけを頼りに事件を解決していく姿を描いています。
洋画

【ジュラシック・パーク】恐竜映画の金字塔!長年愛される大ヒット映画シリーズの第1弾。

【ジュラシック・パーク】はマイケル・クライトンの人気小説をスティーブン・スピルバーグが実写映画化したシリーズ第1作目です。恐竜テーマパークを作るため、恐竜を蘇らせたことから恐ろしい悲劇が始まってしまいます。歴史的大ヒットとなった本作を含めたシリーズは恐竜映画の金字塔となりました。
アニメーション映画

【あの夏のルカ】海で生きる少年のひと夏の大冒険!

【あの夏のルカ】は【リメンバー・ミー】のディズニー×ピクサーによるファンタジーアニメーション。北イタリアの美しい港町を舞台に人間でも魚でもない"シー・モンスター"と呼ばれる少年の成長と冒険を描いたひと夏の物語です。監督は【月と少年】などのエンリコ・カサローザが務めました。
洋画

【センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島】さらなる冒険へ!ヴェルヌシリーズ第2弾!

映画【センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島】(原題:Journey 2: The Mysterious Island)は、前作から4年が経ち、17歳となったショーンの新たな冒険を描いたアドベンチャー映画です。原作はフランスの小説家・ジュール・ヴェルヌの「神秘の島」で、本作でも遊園地のアトラクションに乗っているようなワクワクする展開が見どころとなっています!
アニメーション映画

【バケモノの子】異世界で結ばれるバケモノと人間の「親子の絆」。

2015年に公開された映画【バケモノの子】は、【おおかみこどもの雨と雪】(2012)に続く細田守監督の3作目となる長編オリジナル作品です。本作は、バケモノたちの世界を舞台に「親子の絆」をテーマに描かれた作品となっています。キャッチコピーは「キミとなら、強くなれる」を、ぜひ。
コラム

【クルエラ】レビュー。才能と嫉妬で、カリスマにも悪にもなれる。

【101匹わんちゃん】(1962)のヴィランでおなじみ、グレン・クローズが【101】(1997)にて主役を演じたこともあるクルエラ・デ・ヴィル。そんなクルエラを【ラ・ラ・ランド】(2017)などのエマ・ストーンが熱演。彼女は如何にして悪女と化したのか?
洋画

【スタンド・バイ・ミー】スティーブン・キングの自伝的な青春映画の傑作。

【シャイニング】【ミスト】など多くの作品が映画化されているモダン・ホラー小説家スティーブン・キング。彼の非ホラー短編集におさめられている『THE BODY』が原作のこの映画【スタンド・バイ・ミー】は、大人になって小説家として成功した男性が少年時代のひと夏の冒険を思い出すという、キング自身をモデルにしたようなノスタルジックな内容となっている。
タイトルとURLをコピーしました