コラム

Roundup

風変わりな恋愛映画5選。愛こそは全て、なのだろうか?

恋愛映画には大きく分けて、恋愛が上手くいくものと恋愛が上手くいかないものの2種類あります。人は恋愛が上手くいく映画を見る一方で、お互い好きなのに何かの理由で離れ離れになってしまう映画もよく観るでしょう。また、恋愛を表す表現にも、相思相愛、片思い、失恋、悲運の恋などと様々な言葉があるように、恋愛映画にも必ずしもハッピーエンドだけではない映画もたくさんあります。一筋縄でいかないのが恋愛ならば、恋愛も人それぞれ、時には一風変わった恋愛悲喜劇もあるはずです。
コラム

最悪な日々も共に。【ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ】

前作【ヴェノム】(2018)にて、一度は全てを失ったけれど再び記者として動き始めたトム・ハーディ演じるエディ・ブロックと宇宙外生命体・シンビオートのヴェノムの、前作を超えるヒット中の2作目。今回はヴェノムよりも「最悪」というカーネイジと戦うハメに。どうなるふたりの生活 !?
Roundup

銀幕の時を求めて/俳優の演技を堪能することができる映画5選。

実際の俳優と映画の中で演技をしている俳優はまったく別の存在ですが、素晴らしい俳優の演技を見ると、時には人間としての俳優と映画の中で演技をしている俳優が同じように見えてくることもあります。そのことは俳優にとって時には重荷に感じてしまうことなのでしょうが、それだけ観客に映画の中の俳優の演技を印象づけたともいえるのではないでしょうか。
スポンサーリンク
レビュー

【スティルウォーター】レビュー。マット・デイモン、異国の地で孤軍奮闘する父親を演じる。

映画【スティルウォーター】レビュー。本作は、マット・デイモン主演による、実際にあった"アマンダ・ノックス事件"を映画化した実話。異国で収監された娘を救おうと孤軍奮闘する父親役をマット・デイモン、父親とは距離がありながらも助けを待つ娘役をアビゲイル・ブレスリンが演じています。緊張感溢れる完成度の高いサスペンス作品で、第74回カンヌ国際映画祭では5分間にも及ぶ熱い起立拍手を浴びました。
コラム

【群がり】イナゴの群れで形象化した極限状況の心理的ホラー。

映画【群がり】は、2020年に製作されたフランスのホラースリラー。将来的な需要を考え食用イナゴの養殖を始めたシングルマザーが、あることがきっかけでイナゴの養殖に血が必要であると気づきます。しかし、イナゴが増えれば増えるほど人類は危機に瀕し……。
コラム

【マリグナント 狂暴な悪夢】ジェームズ・ワン監督が送る挑戦的で強烈なホラー。

映画【マリグナント 狂暴な悪夢】は、2021年に公開されたジェームズ・ワン監督の待望作です。DV夫の死後、連続殺人現場を目撃するようになった主人公の前に、幼い頃の想像の中の友人が現れ……。【マリグナント 狂暴な悪夢】は、これまでのホラー映画とは違う新しい恐怖を描いた作品。想像を超えた悪役の登場で、これまで以上に残酷さと恐怖感が堪能できます。
コラム

【アンテベラム】人種問題を背景に描いた社会派ホラースリラー。

映画【アンテベラム】は、【ゲット・アウト】(2017)、【アス】(2019)のプロデューサーであるショーン・マッキトリックが、再び手掛けたアメリカのホラー映画。南部連合軍駐屯地の綿農場で、強制労働させられている女性が仲間と共に脱出し、困難に遭遇しながらも生き抜いていこうとする物語。南北戦争前のアメリカを舞台に、人種差別を訴えるホラースリラー。人種差別や奴隷制度の恐怖と暴力に焦点を置き、ストーリーが進むにつれ新たな真実が浮き彫りになります。
コラム

【ハロウィン KILLS】ネタバレと解説。進化した恐怖がハロウィンに戻る。

映画【ハロウィン KILLS】は、2021年に公開されたアメリカのホラー映画であり、数多くのホラー映画を生んで来たブルームハウスプロダクションが制作。ハリウッド恐怖の代名詞である【ハロウィン】シリーズの最新作が、ハロウィンシーズンを迎えて3年ぶりに復帰し、ホラーマニア達の関心を集めています。【ハロウィン】(2018)の続編であり、今回もローリー・ストロードと殺人鬼マイケル・マイヤーズの命を懸けた闘いを中心に物語が描かれています。
コラム

【Mr.ノーバディ】本来の自分を取り戻す。

【Mr.ノーバディ】コラム。【ハードコア】(2019)の監督で知られるイリヤ・ナイシュラーと【ジョン・ウィック】シリーズの脚本家であるデレク・コルスタッドが送る、ハードボイルド・アクション映画。【スノー・ロワイヤル】(2019)などでおなじみのリーアム・ニーソンが演じるキャラクター彷彿させるような、新たなる一匹狼(ではありませんが…)誕生です!
コラム

【ブライトバーン/恐怖の拡散者】スーパーヒーローを捻じ曲げて悪にしたスーパーヒーローホラー。

映画【ブライトバーン/恐怖の拡散者】は、2019年に公開されたアメリカのホラー映画。【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】(2014)シリーズを、世界的大ヒットに導いたジェームス・ガン監督がホラー・SF・サスペンス・ドラマと、全く新しいジャンルミックス作品を誕生させた本作は、スーパーマンのようなヒーローの能力を持った少年が、邪悪な悪役になったら??という問いから始まった作品です。異世界から来た特別な能力を持つ少年が、邪悪な存在として育てられた事で、起こる事件を描いています。
タイトルとURLをコピーしました