スポンサーリンク

ドウェイン・ジョンソン特集。ロック様!の主演・出演作品を総まとめ!

Writer:Ojikan 

WWEのプロレスラーとして大人気を博した”ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンは、プロレスラーとして鍛え上げた強靭な肉体を武器に【ワイルド・スピード MEGA MAX】(2011)などの有名作にも出演する俳優でもあります。そこで今回は、ドウェイン・ジョンソンが主演・出演した作品を全てご紹介していきます。

スポンサーリンク

ドウェイン・ダグラス・ジョンソン

ドウェイン・ジョンソンは、”ザ・ロック”のリング名で活躍していた元プロレスラーでテレビシリーズ【スタートレック:ヴォイジャー】(1995-2001)【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド】(1999)へのゲスト出演を機に映画俳優に転身しました。

プロレスラー”ザ・ロック”以降、2008年にドウェイン・”ロック”・ジョンソン、その後はドウェイン・ジョンソンで活動。

2009年公開の【ウィッチマウンテン/地図から消された山】(2009)で主演を務め、俳優として注目されるようになります。

俳優として、そしてプロレスラーとして活動するなか、2019年 正式にプロレスラー引退を公表し、現在では俳優業のほか映画プロデューサーとしても活動しています。

ドウェイン・ジョンソンと言えば”鍛え抜かれた強靭な肉体”と、彼の身体能力を活かした役どころが特徴で、個性的なタトゥーも注目されています。

スポンサーリンク

ハムナプトラ2/黄金のピラミッド

作品解説

「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」出典:Amazon.co.jp

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド】(2001)は、【ハムナプトラ/失われた砂漠の都】(1999)の続編。

主人公リック・オコーネル(ブレンダン・フレイザー)とエヴリン(レイチェル・ワイズ)が結婚し、息子アレックス(フレディ・ボース)と3人で冒険に向かうストーリーを描いています。

ドウェイン・ジョンソンは”ザ・ロック”名義で、勇猛果敢で獰猛な戦士・マサイアス(スコーピオン・キング)役を演じています。

基本情報

公開・製作国:2001年 アメリカ

監督:スティーヴン・ソマーズ

原題:The Mummy Returns

配給:ユニバーサル・ピクチャーズ、UIP

キャスト:ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ、オデッド・フェール

配信U-NEXTAmazon Prime VideodTVNetflix

© 1999 Universal Studios – All Rights Reserved

 Rotten Tomatos

批評家の評価|47%
オーディエンス評価|63%

スポンサーリンク

Longshot

作品解説

「LONGSHOT」出典:Amazon.co.jp

【Longshot】(2001)は2001年のコメディ映画で、劇場公開はされずディズニーチャンネルでテレビ映画として放送されたのち、DVDやビデオで発売されました。

ドウェイン・ジョンソンは本作で、強盗役を演じています。

基本情報

公開・製作国:2001年 アメリカ

監督:ライオネルC・マーティン

原題:Longshot

配給:Transcontinental Pictures

キャスト:トニー・デカミリス、ポール・ソルヴィノ、アントニオ・サバト・ジュニア、ハンター・タイロエレン・アルバティーニ・ダウ

配信現在、配信中のサービスはありません。

 Rotten Tomatos

批評家の評価|–%
オーディエンス評価|50

スポンサーリンク

スコーピオン・キング

作品解説

「スコーピオン・キング」出典:Amazon.co.jp

【スコーピオン・キング】(2002)は、【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド】(2001)に敵として登場したマサイアスを主人公にしたスピンオフ作品

紀元前3000年頃の古代エジプトを舞台に、反乱軍を率いたマサイアスがエジプトの王になるまでの物語を描いています。

ドウェイン・ジョンソンは”ザ・ロック”名義で、【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド】(2001)に引き続き、勇猛果敢ゆうもうかかんかつ獰猛どうもうな戦士・マサイアス役を演じました。

基本情報

公開・製作国:2002年 アメリカ、ドイツ、ベルギー

監督:チャック・ラッセル

原題:The Scorpion King

配給:UIP

キャスト:ザ・ロック、スティーヴン・ブランド、ケリー・フー、マイケル・クラーク・ダンカン、グラント・ヘスロヴ、ラルフ・モーラー

配信U-NEXTAmazon Prime VideoNetflixdTV

© 2002 Universal Studios All Rights Reserved

 Rotten Tomatos

批評家の評価|41%
オーディエンス評価|38%

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Roundup洋画
Ojikanをフォローする
Cinemercato
タイトルとURLをコピーしました