スポンサーリンク

【ワイルド・スピード/MEGA MAX】帰ってきたヴィンス!チームの絆は終わらない

出典:www.amazon.co.jp

 

【ワイルド・スピード】シリーズも、ついに第5作【ワイルド・スピード MEGA MAX】の公開となりました。

前作【ワイルド・スピード MAX】では大きな伏線が張られ、まさかブライアンとミアがドミニクを……⁉︎というところで終わったので、こちらの公開を心待ちにしていたファンも多かったでしょう。

ますます激しくなるアクション・カーシーン。

そして、ブライアンはワイルドに、さらに鍛え上げられたボディになってきたドミニクにも注目です。

今回は、懐かしのメンバー・ヴィンスも登場し、彼がどんなキーマンになるのかも気になるところです。

スポンサーリンク

【ワイルド・スピード MEGA MAX】作品情報

作品データ
公開年(製作国)2011(アメリカ)
原題Fast Five
監督ジャスティン・リン
配給オリジナル・フィルム
キャストヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、ドウェイン・ジョンソン、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、サン・カン、ガル・ガドット、マット・シュルツ、テゴ・カルデロン、ドン・オマール、エルサ・パタキー、ホアキン・デ・アルメイダ
 オフィシャルサイト
 公開順・時系列についてはこちらから確認できます
スポンサーリンク

【ワイルド・スピード MAX】あらすじ

逃亡生活の始まり

【ワイルド・スピード/MAX】ノンストップの第4作!レティの復讐、ブラガを追ってメキシコへ。
【ワイルド・スピード】シリーズ第4作【ワイルド・スピード MAX】は2009年に公開となりました。2001年の第1作から、あまり描かれなかったドミニクたちのその後が描かれています。ブライアンが逃亡させたドミニクたちは、一体どうなっているのか?あの日から5年後のブライアンとドミニク、そして今回も激しいカーチェイスに目が離せません!

ブライアンとミアは、ドミニクが刑務所に送られる前に助け出そうと移送車を追いました。

ミアがバスの正面に向かって走り、急な方向転換でバランスを失ったバスをブライアンが横転させるという昼夜の脱出劇。

バスに乗っていた26名の凶悪犯罪者が解き放たれましたが、そのうち25名は捕獲されドミニクだけは逃走に成功しました。

ブライアンとミアは、ドミニクより一足先にブラジル・リオデジャネイロのヴィンスを訪れます。

*ヴィンスは1作目で、ブライアンと対立していたドミニクの仲間。

ミアとブライアンは彼を頼ってリオに来たのです。

ヴィンスはリオで家庭を持っており、妻と最近生まれた息子がいました。

ミアがヴィンスの子を愛おしそうに見ていた時、突然吐き気が襲ってきます。

ヴィンスの妻はミアの妊娠に気づきましたが、ミアはまだそのことをブライアンに話せずにいたのです。

そんななか、ヴィンスがブライアンとミアを仕事に誘います。

高級車を盗んで売るだけの簡単な仕事だ、2人はお金が必要なのでは、と。

翌日、2人は電車に乗り込み、ある組織のメンバーと積荷の車を盗もうとしましたが。

しかし、実はそれらの車は麻薬取締局が押収した車だったため、2人はこの計画は何かがおかしいと感じます。

そこに、外から車で合流したヴィンスとドミニクがやってきました。

ミアは車を運搬するふりをして車を持って逃走し、ブライアンとドミニクが組織の人間と争っていると、その音に気づいた麻薬取締局の刑事もやってきます。

そしてブライアンがピンチにー……。

間一髪でドミニクが救出しますが、2人は車と共に海に落下し組織に捕まってしまいました。

レイエスという男

2人が鎖に吊るされていたところにレイエスという、リオで実権を握る男が現れます。

レイエスが組織のボス

しかし、レイエスが帰った直後、2人は見張りの隙を見て拘束を解いて脱出。

2人は、ミアと隠れ家で合流しましたが、この騒動で麻薬取締局の刑事が死亡し、警察はブライアンたちが殺したとして全力をあげて捜査し始めました。

しばらくして、隠れ家にヴィンスがやってきます。

ブライアンは、ヴィンスに「騙した」と激怒しますが、1度はドミニクが庇いました。

しかし、ミアの持ち去った車からヴィンスが秘密のチップを取り出すところを見て、ドミニクは「やはり裏切ったのか」とヴィンスを追い出します。

ヴィンスは、ドミニクがブライアンばかり信用するのが納得いかない様子。

ホブス登場

一方で、警察の捜査も進みます。

その頃、アメリカからボブス(ドウェイン・ジョンソン)という凄腕捜査官がブライアンとドミニク逮捕のためにやってきました。

ホブスは、現地の警察官エレナ・ネベス(エルサ・パタキー)を相棒に隠れ家を突き止め、翌日ブライアンたちの隠れ家に警察を連れて乗り込みますが、そこに組織の人間たちも現れ、現場は激しい銃撃戦になります。

ドミニクを見つけたエレナは、彼に銃口を向けながら無線で連絡。

しかし、組織の男たちに見つかってしまい銃弾を浴びせられます。

ドミニクは咄嗟にエレナを庇いましたが、その時にレティとのネックレスを落としてしまったのです。

ホブスが駆け付けた時には、すでにドミニクの姿はありませんでしたが、彼が肌身離さずつけていたレティのネックレスだけが残されていました。

エレナは「もしかしたら取り返しに来るかも」と考え、ホブスにも言いませんでした。

3人はなんとか逃げ切り、安全のために2手に分かれようというドミニクをミアが引き止めます。

「妊娠しているの、家族がバラバラになるのはもう嫌なの。」

新しい計画

その夜、ブライアンは眠っているミアを見て、このまま逃亡生活を続けるのはダメだと考えるようになります。

「逃亡生活を止めるには、組織のチップを使って金を準備するしかない。」

その新たな計画のために仲間を集めます。

チップの中にあるレイエスの裏金情報から、10ヶ所の現金保管所が判明していました。

今回の計画は、その裏金を狙うものでした。

集められた仲間は、かつて一緒に仕事をして来たローマン、パーカー、ハン、テゴ、リコ、元麻薬組織員のジゼル。

無謀な計画と思われましたが、まず現金保管場所となっている工場1カ所を襲って金を燃やし、他も襲うと宣戦布告。

そうすればレイエスは残り9ヶ所の金を移動せざるを得なくなり、それらが集められる1ヶ所を襲えばいい、という計画でした。

しかし、予定外だったのは集められた先がレイエスに買収されたブラジル警察署内だったこと。

その頃、ボブスたちの捜査も進み、車のチップがなくなっていることやドミニクの仲間が入国したことを確認していました。

超難関、作戦始動

チームは作戦のために動き始めます。

保管状況や監視カメラの状況を調べ、監視カメラに映らずに走り抜けるための機能的な車を探しました。

しかし、車を手に入れ全員がトライするものの、どうしてもカメラに映ってしまうため計画は難航。

さらに、金庫を開けるためにはレイエスの掌紋が必要でした。

レイエスには厳重な警備が張り付いているため、彼に近づくのは至難の業。かと思われましたが、ジゼルが色気でレイエスに近づき、まんまと掌紋を手に入れたのです。

それでもチームに悪い情報も入ります。

全員の身元がばれ、ホブス捜査官に追われていることがわかりました

ブライアンはホブスの屈強さ、執念を知っています。

このままでは逃げきれないと思ったチームは、ある作戦のためにわざと捜査官たちをカーレース場におびき出しその隙に捜査官たちの車に発信機を装着し、彼らの動きを把握しようとしました。

そんななか、エレナの家にドミニクが現れます。

ドミニクは、レティのペンダントを取り戻しに来たのです。

スポンサーリンク

【ワイルド・スピード MAGA MAX】ネタバレ

組織の襲撃

チームは、監視カメラに映らないまま走りきることができず悩んでいましたが、解決策をひとつ見つけます。

「カメラに映らない透明な車を見つけること」

というハンの言葉から、あることを思いついたドミニク。

それは、警察車両を利用することでした。

ブライアン、ドミニク、ローマン、ハンが夜中に警察署に忍び込み、それぞれ1台ずつを盗み出します。

誰もいない真夜中の道に4台並ぶと、そのまま100万ドルを賭けたゼロヨンが始まりました。

この勝負で、ブライアンはドミニクに勝って喜びますが、ドミニクは子供が生まれるブライアンへのお祝いとして、わざと負けていたのです。

翌日、ミアが買い物をしているとレイエスの部下に攫われそうになりますが、ヴィンスが助けてくれました。

この一件でブライアンはヴィンスに礼を言い、握手をして和解します。

ヴィンスもチームに戻り、久しぶりにファミリーが揃ったことを皆が喜びました。

明日は作戦決行の日。

チームは、金は消えてもファミリーの絆は消えないと、心をひとつにするのでした。

しかし、その隠れ家に警察が突入しチームが逮捕されてしまいます。

ドミニクたちの計画もここまでかと思われた空港への移送途中、ホブスたちが組織の人間たちに襲撃され次々と倒れていきます。

ホブスの危機……。

そこを助けたのはドミニクたちでした。

彼らは飛行機の中でエレナに解放された。

ホブスのこと救い出した後チームは逃亡しますが、この銃撃戦でヴィンスは死んでしまいます。

「息子にあって欲しい」と、ドミニクに最期の言葉を残して。

最終決戦へ

警察に保管された金を襲撃することは、レイエスにバレていました。

もう計画は諦めるしかないのか。

そんな中、ホブスがドミニクと共に戦うと言いチームは再始動。

厳重かつ巨大な金庫を丸ごと警察署から盗み出し、ドミニクとブライアンの2台の車にワイヤーで繋いで逃走します。

レイエスと買収された警察もそれを追い、市街地は大混乱に。

追っ手の数は膨大で、蹴散らしても蹴散らしても現れます。

それでも、道路にある、ありとあらゆるものをなぎ倒しながらドミニクとブライアンは走り続けました。

仲間も盗んだパトカーで追手を妨害しますが、あまりにも数が多すぎたのです。

このままではダメだと思ったドミニクは、金庫と繋がったワイヤーをブライアンの車から切り離してまずはブライアンを逃します。

ドミニクはそのまま金庫を使ってド派手に敵を片付け、最後にレイエスの車も潰すと、ホブスがレイエスにトドメを刺して部下の仇を取りました。

さらばチーム

ホブスはチームに逮捕まで24時間の猶予を残します。

24時間経てば、またブライアンたちを追う、と。

金は置いて行けと言い、ドミニクの車に繋がれた金庫を残させますが、彼らが去ったあとに確認すると中身は空でした。

既に逃走中に金は奪っており、大金を手にしたチームはそれぞれの夢を叶えます。

テズは車の修理工場、ローマンは高級車と美女。

そして、ドミニクはヴィンスの妻と息子の家に大金を置いてきました。

出産までを穏やかに過ごしていたブライアンとミアの元に、ドミニクがエレナとやってきます。

エレナとミアは海岸で座ってお喋り、ブライアンとドミニクにはビール片手に静かな時間が流れていました。

そこでブライアンが車を見ながら口を開きます。

「レースをやろう。賭けなしで俺達の最後の対決だ」

2人はもう1度勝負をします。

今度は、手を抜かずに。

その頃、もう1つの事件が起きていました。

アメリカに戻ったホブスが見た犯罪資料の中に、死んだはずのレティの写真があったのです。

彼女は亡くなっているはずなのにー……。

スポンサーリンク

まとめ

またまた、最後に大きな謎を残したままファンをやきもきさせる憎い展開でした。

次回作は、このレティの一件で再びブライアンやドミニクはミッションに参加することになりますが……。

【ワイルド・スピード】シリーズも第5作、第1作の公開から10年が経ちますが、ストーリーやアクションのド派手さが増していくのに加え、出演者たちのボディもすごいことになっています。

カーレースシーンは多くあったものの目立ったアクションシーンがなかった【ワイルド・スピード】に比べると、ホブス捜査官の登場もあってか、ドミニクたちの強靭な肉体を魅せるシーンがグッと増えました。

さらに魅力が増し、ますます目が離せません。

タイトルとURLをコピーしました