スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】ヴォルデモートの「分霊箱」と謎のプリンスの正体。

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」出典:www.amazon.co.jp

作品情報

映画【ハリーポッター】シリーズ第6作目【ハリーポッターと謎のプリンス】あらすじと解説。魔法界が脅威に晒されながらもダンブルドアとハリーはヴォルデモートを倒すことができる秘密を見つけます。しかしハリーはまたもや大切な人を失い……。学校生活ではハリーたちの恋模様も見どころです。

HARRY POTTER characters, names and related indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.© 2009 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
J.K.ローリング 公式サイト
公式サイト

*外部サイトに移動します

製作

公開:2009年 アメリカ

監督:デヴィット・イェーツ

原題:Harry Potter and the Half-Blood Prince

原作者:J・K・ローリング

配給:ワーナー・ブラザーズ映画

キャスト:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、マイケル・ガンボン他

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2021年2月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

「ハリー・ポッター」シリーズを検索 ➤
スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】あらすじ

ハリーとダンブルドアは、以前ホグワーツで魔法薬学教授をしていたホラス・スラグホーンという人物に会いに行きます。

ダンブルドアは、彼にホグワーツの教授として戻ってきてくれないかと頼み、ホラスは渋々引き受けました。

ダンブルドアは、ハリーを使ってヴォルデモートに関するある真相を確かめるつもりだったのです。

一方で、ヴォルデモート卿から危険な任務を与えられた息子のドラコを心配した母ナルシッサは、スネイプにドラコを助けてやってほしいと頼みます。

スネイプは頼みに応じようとしましたが、ベラトリックスがスネイプを疑い”破れぬ誓い”を立てるよう促します。

スネイプとナルシッサの間で、ドラコが任務を遂行出来なければスネイプが代わりに行うという誓いを立てた。

新学期、ホラスの魔法薬学の授業で教科書がなかったハリーは、教室にある本棚から教科書を借りることに。

教科書の中に独自で書かれてある通りに薬を配合したところ、唯一ひとりだけ完璧な薬を作ることが出来ました。

その教科書には”半純血のプリンス”とサインしてあり、昔の生徒が置いていった教科書のようでした。

ある日、ハリーとダンブルドアが独自で調査を進めていると、ヴォルデモートがホグワーツの生徒だった頃に教師だったホラスがトム・リドルに”分霊箱“について教えている記憶を見ます。

その事から、ヴォルデモートは”分霊箱”で生き延びていること、そして分霊箱を破壊しない限り完全に消滅することは無いと気づいた2人は、分霊箱を破壊する旅に出ました。

ダンブルドアは傷を負いながらもハリーと共になんとか分霊箱をひとつ見つけ、ホグワーツに戻ってきたところにドラコやデスイーターたちが現れます。

ドラコはヴォルデモート卿から与えられた危険な任務を遂行するつもりだったのです。

ドラコの任務はダンブルドアを殺すこと。

そこにスネイプが現れ、ダンブルドアを殺してしまいました。

ハリーはスネイプやデスイーターに立ち向かいますが相手にされません。

さらに半純血のプリンスが正体も判明し、ハリーは立ち尽くしてしまいました。

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】ネタバレと解説

題名の”謎のプリンス”とは

タイトルにある”謎のプリンス”とは、劇中に登場してくる”半純血のプリンス”のことです。

半純血のプリンスはホグワーツの生徒だった頃に教科書に独自の魔法や、薬の配合をたくさん書き込んでいました。

ハリーはその教科書の虜になり、ドラコに向けて教科書に書いてあった”セクタムセンプラ”という魔法をかけます。

その魔法は”切り裂けの魔法”でドラコは血塗れになり、スネイプに助けられました。

物語終盤、ダンブルドアを殺したスネイプにハリーはセクタムセンプラをかけますが、スネイプには全く通用しません。

それはスネイプが半純血のプリンスで、セクタムセンプラを作ったのはスネイプ自身だったからでした。

スネイプの学生時代はハリーの父親やシリウスにいじめられている描写がありましたが、独自で魔法を開発したり、その教科書からとても優秀な生徒だったと見受けられます。

分霊箱とは

分霊箱は、命を分けて保管することができるもの。

人を殺めて作ることができるため、トムは7人もの殺人を犯し自分の命を7つに分けました

これにより身体が滅びても命だけ繋ぎ止めることが出来たのです。

本作品の終了時点で破壊した分霊箱は、トム・リドルの日記とマールヴォロ・ゴーントの指輪のふたつ。

トム・リドルの日記は【ハリー・ポッターと秘密の部屋】で、ハリーがバジリスクの牙で破壊しています。

マールヴォロ・ゴーントの指輪はダンブルドアが破壊しましたが、代償として右手が黒く焦げてしまいました。

後ほど分かることですが、ダンブルドアは身体を蝕む魔法を右手に封じ込めただけ。

さらに、分霊箱を破壊したことでダンブルドアは余命1年となってしまいました。

ハリーとダンブルドアが手に入れた分霊箱”スリザリンのロケット“は偽物でした。

RABという人物が本物と入れ替えたのですが、次作の【ハリーポッターと死の秘宝Part1】でRABの正体が明らかになります。

クライマックスに向けてハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は残りの分霊箱を探し、破壊する旅に出ることになります。

スポンサーリンク

感想

絶対的な強さを誇るダンブルドアが、まさかこのタイミングでスネイプに殺されるとは予想外でした。

“分霊箱”が7つもあり、まだ2つしか破壊できていない上にダンブルドアまで失ってしまったハリーたちは、どのようにしてヴォルデモート卿に立ち向かうのか。

シリーズを通して、少し間の抜けているようなドラコが急に狂気を向けてきたことで、彼の成長とダークな部分が見れました。

しかし、ドラコは心まではヴォルデモート卿側につくことは出来ませんでした。

彼の心の奥にある”良心”が抵抗したのでしょう。

最後にダンブルドアがスネイプにかけた「頼む」の意味と、スネイプがどちら側の味方なのか、そしてスネイプの隠された思いもシリーズのラストで明らかになります。

“分霊箱”を描く一方で、ハリーたちの学校生活では恋愛模様も描かれています。

ロンとハーマイオニーが自分たちの気持ちに気付き、ハリーとジニーも惹かれ合います。

ロンはシリーズのはじめからほぼ変わらず心は子どものようで、”恋”もよくわかっていなかったのかもしれません。

そのせいで自分の気持ちに気付くのが遅れ、流れに身をまかせてラベンダーと付き合うことになりハーマイオニーを怒らせてしまいます。

しかし、死の境目を彷徨っていたときに寝言でハーマイオニーの名前を呼んでいたことが、ロンが自分でも気づかなかった本当の気持ちだったのです。

ジニーはシリーズの初めの方からハリーに憧れを抱いていたので、片想いがようやく実りました。

学校生活は残り1年ありますが、ハリーたちは分霊箱を探す旅に出るため学校生活を観れるのは本作品が最後になります。

タイトルとURLをコピーしました