ミステリー

洋画

【死霊館 悪魔のせいなら、無罪。】恐ろしい実話として残る、殺人事件の犯人は人間か悪魔か。

映画【死霊館 悪魔のせいなら、無罪。】は、2021年10月1日に公開されたホラー映画です。歴代の洋画ホラー映画興行第1位の座を9年間守り続けている【死霊館】シリーズの3番目の物語で超常現象を研究するウォーレン夫妻の事件ファイルの中でも最も信じられないほど恐ろしい実話を描いた作品です。
洋画

【エンプティ・マン】その名前を唱えたら、1日目には声2日目には姿3日目には襲われる都市伝説。

映画【エンプティ・マン】は、アメリカで制作された2020年のホラー映画。10代の子供達が消える村で、失踪事件を追う元警察官が、都市怪談での存在と言われていたエンプティ・マンによって、科学的には説明不可能な超常現象を経験するようになるホラーを描いています。
コラム

【Mr.ノーバディ】本来の自分を取り戻す。

【Mr.ノーバディ】コラム。【ハードコア】(2019)の監督で知られるイリヤ・ナイシュラーと【ジョン・ウィック】シリーズの脚本家であるデレク・コルスタッドが送る、ハードボイルド・アクション映画。【スノー・ロワイヤル】(2019)などでおなじみのリーアム・ニーソンが演じるキャラクター彷彿させるような、新たなる一匹狼(ではありませんが…)誕生です!
スポンサーリンク
コラム

【ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ】解説。❞窓から見た❞ミステリー事件の真実を暴く。

映画【ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ】は、2021年にNetfilxから配信公開されたアメリカのスリラー映画。A.J.フィン(A.J.Finn)の小説を基に、引っ越しして来た隣人の様子を窓越しで偵察していた時に殺人事件を目撃した主人公アンナの目線で描いています。【プラダを着た悪魔】(2006)、【ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日】(2012)など、主に小説原作映画を誕生させたプロダクション会社FOX2000が、最後に進めたプロジェクトの一つです。
洋画

【オールド】ネタバレ。M・ナイト・シャマラン最新作、1日で一生を終える恐怖と謎。

映画【オールド】は、2011年に出版されたフランス作家のピエール・オスカル・レヴィーとイラストレーターのフレデリック・ペーターズによるグラフィック・ノベル<Sandcastle>が原作のホラー映画。海辺へ旅行に行った人々が、そこで不思議な出来事に遭遇する姿を描いています。自分達の時間が急速に流れていることを悟った事から、彼らの全ての人生はたった一日で変わってしまう非現実ながらもリアリティある恐怖を伝えます。
コラム

【ライトハウス】灯台の光に魅入られた2人の男を狂気が蝕んで行くーー。

【ライトハウス】謎めいた孤島にやって来た“2人の灯台守”が外界から遮断され、徐々に狂気と幻想に侵されていく、人間の極限状態を恐ろしくも美しい映像で描いた作品。 北米ではA24の製作・配給で公開され、わずか8スクリーンでスタートしたミニシアター系の映画としては異例の興行収入1,000万ドル以上の大ヒットを記録したーー。
レビュー

【真夏の方程式】少年と湯川が出会った ある家族の過去。ガリレオシリーズ第2弾!2022年9年ぶりに新作公開。

2013年に公開された映画【真夏の方程式】は、前作【容疑者Xの献身】(2008)に続く、ガリレオシリーズ第2弾となる映画作品です。本作は東野圭吾原作のミステリー小説「真夏の方程式」を、福山雅治主演で実写映画化しています。キャッチコピーは、「これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは。」を、ぜひ。
レビュー

【容疑者Xの献身】湯川が解く天才数学者の悲しい真実。ガリレオシリーズ第1弾!2022年、9年ぶりの映画公開に向けてのステップ。

2008年に公開された映画【容疑者Xの献身】は、テレビドラマ版で高い人気を誇ったガリレオシリーズ初めての映画作品です。本作は東野圭吾原作のミステリー小説「容疑者Xの献身」を、福山雅治や柴咲コウなどおなじみのキャストと石神役を務める堤真一が魅力的に演じます。キャッチコピーは、「その謎を愛そう。ガリレオが苦悩する、その謎とは?」を、ぜひ。
洋画

【インフェルノ】解説。地球の人口を減少させるウイルスの阻止を描く、ラングドンシリーズ第3弾。

映画【インフェルノ】は、ダン・ブラウンの原作小説「インフェルノ」を2016年に実写映画化した、ロバート・ラングドンシリーズ第3作目となるミステリスリラー映画です。本作ではフィレンツェを舞台に、バイオテロを阻止するためラングドンはダンテの神曲にまつわる暗号を解明します。前作は【天使と悪魔】(2009)です。
洋画

【天使と悪魔】解説。キリスト教の信仰と科学の対立を描く、ラングドンシリーズ第2弾。

映画【天使と悪魔】は、ダン・ブラウンの原作小説「天使と悪魔」を2009年に実写映画化した、ロバート・ラングドンシリーズ第2作目となるミステリスリラー映画です。本作は、ローマを舞台に科学を信奉してカトリック教会に弾圧された秘密結社イルミナティと、カトリック教会の対立が描かれています。前作は【ダ・ヴィンチ・コード】(2006)です。
タイトルとURLをコピーしました