2019年公開

コラム

【ブライトバーン/恐怖の拡散者】スーパーヒーローを捻じ曲げて悪にしたスーパーヒーローホラー。

映画【ブライトバーン/恐怖の拡散者】は、2019年に公開されたアメリカのホラー映画。【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】(2014)シリーズを、世界的大ヒットに導いたジェームス・ガン監督がホラー・SF・サスペンス・ドラマと、全く新しいジャンルミックス作品を誕生させた本作は、スーパーマンのようなヒーローの能力を持った少年が、邪悪な悪役になったら??という問いから始まった作品です。異世界から来た特別な能力を持つ少年が、邪悪な存在として育てられた事で、起こる事件を描いています。
洋画

【帰ってきたムッソリーニ】あの独裁者が現代に復活!笑ってると征服されるかも!?

【帰って来たムッソリーニ】は、ドイツの作家ティムール・ヴェルメシュの【帰って来たヒトラー】から着想を得たムッソリーニ版のブラックコメディ。現代のイタリアで誰もが知るあの男が70年の時を経て甦った。人々は”あの男”のソックリさんかと思いきや……。
洋画

【アラジン】プリンセス映画実写化に、ディズニーファンも頷く。

【アラジン】(実写版)は1992年に公開され大ヒットした長編アニメーションの名作【アラジン】を実写化したミュージカル映画です。ディズニーアニメーション音楽の巨匠、アラン・メンケンが本作の音楽を担当し、誰もが一度は聴いたことがあるあの名曲を再アレンジ、新曲も加えた本作品の見どころをご紹介します。
スポンサーリンク
アニメーション映画

【HELLO WORLD】あらすじと解説。仮想世界でも彼女を救う。3Dに注目の青春アニメ映画。

映画【HELLO WORLD】(ハロー・ワールド)は、2019年にグラフィニカによって制作された日本のアニメーション映画です。監督は、【時をかける少女】(2006)や【サマーウォーズ】(2009)で助監督を務めた伊藤智彦が務めています。昔ながらの京都の街並みと「アルタラ」のデジタルな世界観がマッチして、大人から子どもまで楽しめる作品となっています。キャッチコピーは「この物語(セカイ)は、ラスト1秒でひっくり返る――」を、ぜひ。
邦画

【チワワちゃん】映画。キャストとネタバレ考察、バラバラ殺人事件の犯人は?

【チワワちゃん】考察とネタバレ。ある若者グループの中心的存在で「チワワ」と呼ばれていた女性が、バラバラ遺体となって東京湾で発見される。彼女の友人の1人であるミキは突如自分たちのグループの中心に現れた「チワワ」という少女がどんな人物だったのか、聞き込みと称した思い出話をひとりずつに聞いて回る。そこにあったのは、それぞれが抱いたチワワと過ごした短い青春の日々だった。
アニメーション映画

【天気の子】あらすじと解説。新海誠が描く、天気を操る少女と少年の物語。

映画【天気の子】(英題:Weathering With You)は、前作の【君の名は。】(2016)から3年ぶりとなる、新海誠監督の7作目の劇場アニメーション作品です。本作は前作を上回る140の国と地域で公開され、140億円を超える興行収入を記録しました。キャッチコピーは「これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語」を、ぜひ。
アジア映画

【サバハ / 娑婆訶】ネタバレ解説と考察。信じるものは本当に救われるのか⁉︎

【サバハ】ネタバレと解説。韓国のゴールデングローブ賞と呼び声の高い”百想芸術大賞”にて、作品賞と監督賞にノミネートされ、新人女優賞も受賞した話題作【サバハ】(2019)。豪華キャスト陣が送る宗教オカルトミステリー。新興宗教の研究を行う牧師が見つけた新たな宗教団体には、大きな秘密が隠されていました。相次ぐ失踪・殺人事件は全て繋がっており、その裏には衝撃の人物の存在が……。
Roundup

クリスマス映画トップ10!これは絶対観る甲斐がある!

12月。街にもイルミネーションが点灯し一気にクリスマスムードが漂います。自宅でゆっくり過ごす方、家族や友人とパーティを楽しんだり恋人とムーディな夜を迎えたりと過ごし方は人それぞれ。そんなクリスマスに外せない映画を10選ピックアップ!これは絶対観る甲斐がある!
コメディ

【ラスト・クリスマス】ワム!の名曲と共に。クリスマスに訪れた切ないほどに優しい奇跡とは。

【ラスト・クリスマス】あらすじ。クリスマスの定番ソングである、ワム!のラスト・クリスマスをモチーフに出演者のひとりでもあるエマ・トンプソンが製作・脚本をつとめた、ロマンチックコメディ。クリスマスシーズンに奇跡と優しさがいっぱいに詰まった心温まる作品をぜひ。
アクション

【キングダム】原作を忠実に再現!納得の1本。

映画【キングダム】は、原泰久原作による同名漫画を実写化。2019年に公開され実写邦画の中で興行収入1位に輝き、2020年5月には続編の製作も発表されています。原作漫画を忠実に再現しているため評価は上々で原作ファンにも納得の作品となっています。
タイトルとURLをコピーしました