クライム

洋画

【クライモリ】ネタバレと解説。逃げ場のない森の中で……。

【クライモリ】(2021)ネタバレと解説。アメリカ合衆国バージニア州のある田舎に旅行に行った6人の若いカップルが何者かによって命の危機に追い込まれるクライムスリラー。動物の骸骨を被った人狩りのビジュアルが恐怖を極大化させ、罠に落ちた女性の凄絶な絶叫を暗示するなど、ストーリーの謎を生んでいます。
洋画

【ギルティ/GUILTY】キャストとネタバレ解説。声と音だけで犯罪を解決できるのか?

【The GUILTY/ギルティ】キャストとネタバレ解説。2019年公開のデンマーク映画【THE GUILTY】のアメリカリメイク版。電話の声、そしてかすかに聞こえる音を頼りに誘拐事件を解決しようと奔走する、とある刑事(オペレーター)の物語。
洋画

【エンプティ・マン】その名前を唱えたら、1日目には声2日目には姿3日目には襲われる都市伝説。

映画【エンプティ・マン】は、アメリカで制作された2020年のホラー映画。10代の子供達が消える村で、失踪事件を追う元警察官が、都市怪談での存在と言われていたエンプティ・マンによって、科学的には説明不可能な超常現象を経験するようになるホラーを描いています。
スポンサーリンク
コラム

【Mr.ノーバディ】本来の自分を取り戻す。

【Mr.ノーバディ】コラム。【ハードコア】(2019)の監督で知られるイリヤ・ナイシュラーと【ジョン・ウィック】シリーズの脚本家であるデレク・コルスタッドが送る、ハードボイルド・アクション映画。【スノー・ロワイヤル】(2019)などでおなじみのリーアム・ニーソンが演じるキャラクター彷彿させるような、新たなる一匹狼(ではありませんが…)誕生です!
コラム

【ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ】解説。❞窓から見た❞ミステリー事件の真実を暴く。

映画【ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ】は、2021年にNetfilxから配信公開されたアメリカのスリラー映画。A.J.フィン(A.J.Finn)の小説を基に、引っ越しして来た隣人の様子を窓越しで偵察していた時に殺人事件を目撃した主人公アンナの目線で描いています。【プラダを着た悪魔】(2006)、【ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日】(2012)など、主に小説原作映画を誕生させたプロダクション会社FOX2000が、最後に進めたプロジェクトの一つです。
コラム

【カムバック・トゥ・ハリウッド】ネタバレ・コラム。映画とは人生だ!

【カムバック・トゥ・ハリウッド】コラム・ネタバレ。ロバート・デ・ニーロ、トミー・リー・ジョーンズ、モーガン・フリーマンと豪華俳優陣が共演を果たしたコメディ映画。演技がすばらしいのは言わずもかな。コメディ好きは是非ご覧あれ。
洋画

【セルラー】1本の着信が若者を巻き込んだクライムスリラー。

映画【セルラー】は、2005年に公開されたクライムスリラー。犯罪に巻き込まれて誘拐された高校教師と、彼女から電話を受けた青年が、携帯電話の通話だけを頼りに事件を解決していく姿を描いています。
コラム

【クルエラ】レビュー。才能と嫉妬で、カリスマにも悪にもなれる。

【101匹わんちゃん】(1962)のヴィランでおなじみ、グレン・クローズが【101】(1997)にて主役を演じたこともあるクルエラ・デ・ヴィル。そんなクルエラを【ラ・ラ・ランド】(2017)などのエマ・ストーンが熱演。彼女は如何にして悪女と化したのか?
洋画

【インフェルノ】解説。地球の人口を減少させるウイルスの阻止を描く、ラングドンシリーズ第3弾。

映画【インフェルノ】は、ダン・ブラウンの原作小説「インフェルノ」を2016年に実写映画化した、ロバート・ラングドンシリーズ第3作目となるミステリスリラー映画です。本作ではフィレンツェを舞台に、バイオテロを阻止するためラングドンはダンテの神曲にまつわる暗号を解明します。前作は【天使と悪魔】(2009)です。
洋画

【天使と悪魔】解説。キリスト教の信仰と科学の対立を描く、ラングドンシリーズ第2弾。

映画【天使と悪魔】は、ダン・ブラウンの原作小説「天使と悪魔」を2009年に実写映画化した、ロバート・ラングドンシリーズ第2作目となるミステリスリラー映画です。本作は、ローマを舞台に科学を信奉してカトリック教会に弾圧された秘密結社イルミナティと、カトリック教会の対立が描かれています。前作は【ダ・ヴィンチ・コード】(2006)です。
タイトルとURLをコピーしました