スポンサーリンク

【めぐり逢えたら】ひとつの時代を築いた名作をぜひ。

「めぐり逢えたら」by Amazon

【めぐり逢えたら】あらすじ。クリスマスが近付いてくると、どうしても観たくなるラブストーリー。ハリウッドの王道ラブコメを観てときめくのは90年代に大ヒットしたハリウッド映画【めぐり逢えたら】。クリスマスの夜から運命が動き出すも、なかなか出会う事が出来ずすれ違う2人。その2人の恋路を若き日のトム・ハンクスとメグ・ライアンが辿ります。

©1993 TriStar Pictures, Inc. All Rights Reserved.
公式サイト

製作

公開:1993年 アメリカ

監督:ノーラ・エフロン

原題:SLEEPLESS IN SWATTLE

配給:コロンビア映画

キャスト:トム・ハンクス、メグ・ライアン、ビル・プルマン、ロス・マリンジャー、ロージー・オドネル、ロブ・ライナー、ギャビー・ホフマン、ヴィクター・ガーバー、リタ・ウィルソン、キャリー・ローウェル、ロブ・ライナー、キャロライン・アーロン、ハンナ・コックス、ケヴィン・オモリソン

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2020年11月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

スポンサーリンク

【めぐり逢えたら】あらすじ

シアトルに住むサム(トム・ハンクス)は、癌で妻を亡くし8歳のひとり息子ジョナ(ロス・マリンガー)と2人で暮らしていました。

ジョナは、最愛の妻を亡くしたショックでいつまでも前に進めない父親を心配し、ラジオ局の相談窓口に電話をしました。

そのラジオ放送は大反響を呼び、サムは”シアトルの眠れぬ男性”と呼ばれファンレターがたくさん届くようになります。

その放送を聞いていたボルチモアに住むアニー(メグ・ライアン)も、顔も見たことがないサムに心惹かれ、婚約者・ウォルター(ビル・プルマン)とこのまま結婚していいのかと悩み始めます。

心に迷いが生じたアニーはサムの居場所を調べ、シアトルに住む建築家であることが分かると、そのままシアトル行きの飛行機に飛び乗ったのです。

スポンサーリンク

キャスト情報

サム・ボールドウィン役/トム・ハンクス

本作の主人公サム。

最愛の妻を亡くし眠れない日々を送っていました。

シアトルで8歳の息子と2人暮らし。

サム役を演じたトム・ハンクスは、デビュー当時コメディ映画を得意とする若手コメディアンとして活躍していました。

1993年公開の【フィラデルフィア】、1994年公開の【フォレストガンプ】で2年連続アカデミー賞主演男優賞を受賞し、コメディ俳優から一気にオスカー常連俳優へと成長しました。

以降、数々の大作に主演、出演を果たしています。

アポロ13(1995)、ユー・ガット・メール|プライベート・ライアン(1998)、グリーンマイル(1999)、ターミナル(2004)、ダ・ヴィンチ・コード(2006)、天使と悪魔(2009)、ブリッジ・オブ・スパイ(2015)、ハドソン川の奇跡|インフェルノ(2016)、トイ・ストーリーシリーズではウッディ・プライドの声を担当。

出演作一部を抜粋しています。

アニー・リード/メグ・ライアン

本作のヒロインアニーは、ボルチモアの新聞記者。

ウォルターという婚約者との出会いは偶然で、運命ではないと気づきます。

アニー役のメグ・ライアンは、大学在学中にスカウトされ芸能界入りし、【インナースペース】(1987)でブレイク。

以降ラブコメ女優として不動の地位を確立しました。

恋人たちの予感(1989)、星に想いを(1994)、戦火の勇気(1996)、ユー・ガット・メール(1998)、ニューヨークの恋人(2001)、2015年日本劇場未公開の映画「涙のメッセンジャー 14歳の約束」はメグ・ライアンの初監督作品。

*出演作の一部を抜粋しています。

ウォルター/ビル・プルマン

少し風変わりなアニーの婚約者。

まわりからの評判はいい男性ですが、アニーには……。

ビル・プルマンは、1986年に【殺したい女】で映画デビュー。

以降も人気作に次々と出演し、名脇役として存在感を放っています。

【インディペンデンス・デイ】(1996)では米大統領役で名演説を披露しました。

あなたが寝てる間に…|キャスパー(1995)、THE JUON/呪怨(2004)、最終絶叫計画4(2006)、イコライザー(2014)、インデペンデンス・デイ: リサージェンス(2016)、イコライザー2(2018)、TVシリーズ The Sinner -隠された理由-(2017-2020)では主演を務めている。

*出演作の一部を抜粋しています。

スポンサーリンク

【めぐり逢えたら】ネタバレ・見どころ

トム・ハンクスとメグ・ライアンのコメディセンスが抜群!

現在まで4度も共演しているトム・ハンクスとメグ・ライアン。

本作は2人が2度目の共演となった1990年代の王道ロマンチック・コメディ映画です。

若手コメディアン出身のトムとコメディセンスが光るメグが、感動的なラブストーリーに笑いを加えてくれ“笑って泣ける”ラブストーリーに仕上がっています。

作中で、映画【めぐり逢い】(1957)を観て号泣するアニーと友人・ベッキーのシーンや、【特攻大作戦】(1967)の話をしながら号泣するサムとグレッグのシーンは、男女の脳の違いが極端に分かる面白いシーンなので是非チェックしてみてください。

古き良き時代の恋愛模様

現代ではスマホがあれば遠く離れていてもすぐ連絡が取れるようになりました。

本作でのやりとりは手紙ですが、ほぼアニーの一方通行です。

顔も分からないサムに会える確信もないまま、飛行機に乗ってシアトルまで行ってしまうアニー。

今ではスマホひとつで簡単にやりとりできると考えると、あの頃のアニーの行動力は現代ではなかなか考えられないことでしょう。

アニーに限らず、その時代に生きていた方たちは、とにかく身体を動かして何かを得ていたのかもしれません。

時代の変化と共に価値観が変わることもたくさんありますが、今この映画を観ても面白いと感じるのは“どんな形でも人の心を動かすのは一生懸命、必死になる姿”のように思えます。

スポンサーリンク

【めぐり逢えたら】感想

90年代のハリウッド王道ラブコメの代表作である本作。

時代を越えて愛される大人のラブストーリーを飾る【めぐり逢えたら】のサントラも人気です。

ラジオ放送局の相談窓口だったり手紙のやりとりだったりと、古き良きツールがたくさん出てきて良い味を出してくれています。

また、サムの息子・ジョナが父親に元気になってもらいたいと奮闘する姿もとても可愛らしく、キューピッドとして良い仕事をしてくれました。

恋をすると元気になるのは、人間に与えられた特権なのかもしれません。

この映画を観るといつまでも恋がしたくなる、おすすめの映画です。

タイトルとURLをコピーしました