スポンサーリンク

【いつか晴れた日に】あらすじ・解説。ジェイン・オースティン原作を超えた最高傑作!

「いつか晴れた日に」出典:www.amazon.co.jp

作品情報

【いつか晴れた日に】あらすじ・解説。主演のエマ・トンプソンがアカデミー賞脚本賞を受賞した他、数々の賞を受賞した感動の名作。ケイト・ウィンスレット、ヒュー・グラント、アラン・リックマン出演。キャスト情報も。

©1995 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
公式サイト

*外部サイトに移動します

製作

公開:1996年 イギリス・アメリカ

監督:アン・リー

原題:Sense and Sensibility

原作者:ジェイン・オースティン

配給:コロンビア映画

キャスト:エマ・トンプソン、ケイト・ウィンスレット、ヒュー・グラント、アラン・リックマン

動画配信

  
当サイトでご紹介しているものは2020年12月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

スポンサーリンク

【いつか晴れた日に】あらすじ

舞台は19世紀イギリス。

ダッシュウッド家の三姉妹と夫人の生活は、当主が病死した事で一変した。

先妻の長男ジョンとファニーがやってくると4人は屋敷を追われ、遠方の小さなコテージに移り住む事になる。

長女エリノアとファニーの弟エドワードは恋に落ちるが、ファニーはよく思わない。

その上、エドワードは若気の至りで過去にルーシーという女性と秘密の婚約をしていたため、約束を破ることができず、エリノアに自分の気持ちを言い出せないでいた。

ルーシーもそれに気づき、エリノアに秘密の婚約を打ち明け、2人が近づかないよう目を光らせる。

一方、次女マリアンヌはコテージの貸主の友人ブランドン大佐に思いを寄せられていた。

しかし、彼女は美青年ウィロビーに出会いお互い夢中になる。

プロポーズも間近だと思われた矢先、ウィロビーは突然マリアンヌの元から去って行った。

スポンサーリンク

【いつか晴れた日に】見どころと解説

キャスティングの素晴らしさ

原作はジェイン・オースティンの【分別と多感】(ちくま文庫/中野康司訳)

【ハワーズ・エンド】(1992)【日の名残り】(1994)でアカデミー主演女優賞をとったエマ・トンプソンが、本作品で主演と脚本を務めアカデミー賞最優秀脚色賞を受賞している。

エマ・トンプソンはキャスティングにも関わっている

当時、まだ無名だったケイト・ウィンスレットをオーディションで見た瞬間、彼女に決めたらしい。

実際、ケイトは本作品でフェルメールの絵のような美しさを放っている。

ケイトが【タイタニック】(1997)で一躍有名になるのはこれより2年後になる。

原作は、男性キャラクターに魅力がないのが欠点だった。

特にエドワードは「容姿も態度もパッとしない男性」だったが、コメディを得意とした2枚目俳優ヒュー・グラントが演じたことで、エドワード出演の場面が面白くなっている。

また影の薄いブランドン大佐を【ハリー・ポッター】シリーズ(1999-2008)のスネイプ先生でお馴染みのアラン・リックマンが演じることで包容力のある魅力的な男性になった。

エドワード役のヒュー・グラントは、撮影当時【フォー・ウエディング】(1994)でブレイク寸前の状態だった。オースティン協会から、ヒューがエドワードではハンサムすぎると抗議がきたという。

ウィロビー役のグレッグ・ワイズは、2003年にエマ・トンプソンと結婚し、現在に至っている。グレッグ・ワイズは【ザ・クラウン】(2016)でもハンサムなマウントバッテン卿を好演。

映像の素晴らしさ

本作品を原作より面白いと言ったのはアン・リー監督だ。

【ブロークバック・マウンテン】(2006)と【ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日】(2013)でアカデミー賞監督賞を受賞した台湾の名監督である。

エマ・トンプソンはアン・リーに惚れ込んで監督を依頼し、何年も待ったと言う。

アン・リーの、田舎の景色や屋内の風景、犬や羊、馬糞にまでこだわった映像が、映画を一層素晴らしいものにしている。

特に、自然光を意識した撮影をしているため、外の景色はコンスタブルのようだし、屋内はフェルメールそのもの。

アン・リーはこの作品で、ベルリン映画祭金熊賞を受賞している。

脚本の素晴らしさ

原作の【分別と多感】は少々長たらしく、いささかお説教くさいところがあるが、エマ・トンプソンは原作の無用な部分をそぎ落とし、面白いところは残して見事にまとめ「原作より面白い」(リー監督)作品に仕上げている。

原作は三女マーガレットの出番はさほどないが、主人公たちの本音現代人である視聴者の疑問などをマーガレットに代弁させ、説明くささをなくした上、ユーモラスなものにしている。

ウィロビー告白シーンのカット エマ・トンプソンは原作でも描かれているウィロビーの「マリアンヌを捨てた理由、しかし今でも愛している」という告白を脚本に書き、リー監督もそのシーンを撮っていたがこちらは製作者サイドの判断でカットされている。

少し残念だが、最後のウィロビー乗馬のワンシーンだけで彼の心情を表した事は、結果的に映画をワンランク上の仕上がりにしたと言える。

スポンサーリンク

【いつか晴れた日に】感想

今から25年も前の作品だが、こだわりの映像のせいか少しも古臭さを感じない。

物語のテンポもよく、すぐに惹き込まれる。

この時のケイト・ウィンスレットは奇跡の美しさ。

また、エマ・トンプソンの演技には泣かされる。

ジェイン・オースティンは未だに世界中から愛され、映像化が後を絶たないが、映画に関してはキャスティング、脚本、映像全てにおいて本作品が1番だと思う。

ご覧になっていない方にはぜひお薦めしたい。

タイトルとURLをコピーしました