スポンサーリンク

【クロール 凶暴領域】ザ・パニック映画!! これでもかというくらいヒロインが襲われまくる!

出典:www.amazon.co.jp

【クロール 凶暴領域】ネタバレと感想。巨大なハリケーンが接近し、人々が次々と避難を始めているアメリカ・フロリダ州。離れて暮らす父と連絡が取れず、嵐の中父の元へ向かったヘイリーが遭遇したのは凶暴な巨大生物だった!果たしてヘイリーは父を救い、無事に脱出できるのか…。ドキドキが止まらない傑作パニック映画!

製作:2019年 アメリカ

監督:アレクサンドル・アジャ

原題:Crawl

配給:東和ピクチャーズ

キャスト:カヤ・スコデラーリオ、バリー・ペッパー、モーフィッド・クラーク、ロス・アンダーソン、チョチョ、他

動画配信

関連作品

当サイトでご紹介しているものは2020年8月現在のものになります。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

スポンサーリンク

【クロール 凶暴領域】あらすじ

【シャークウォーター 滅びゆく捕食者たち】の真実とは?

巨大ハリケーンが接近しているフロリダ。

ヘイリー(カヤ・スコデラリオ)は、大学で競泳の練習を終え帰り支度をしていました。

そこに「父親のデイブと連絡がつかなくなっている」と、姉のベス(モーフィッド・クラーク)から電話が入ってきます。

デイブ(バリー・ペッパー)とは、しばらく疎遠な状態が続いていたヘイリーでしたが、デイブと離婚した母も姉のベスも遠くに住んでいて、一番近くに住んでいるのはヘイリーだけ。

仕方なく嵐の中、通行止めを突っ切って父の家へ車を走らせます。

家に到着して声をかけるも、デイブからの返事はなく留守にしている様子。

しかし、犬のシュガーを置いて出ていることを不審に思ったヘイリーは、離婚する前に家族で暮らしていた実家へ行ってみることに。

実家は父の家からすぐ近くで、すぐに戻ってくるつもりでシュガーを置いて行ったのだろうと推測したのです。

実家へ行く間にも雨風は激しさを増し、街中がどんどん浸水していきます。

実家に到着し父の名前を呼びながら家中探すも、デイブからは何の返答もありません。

そんな中、デイブの携帯電話を見つけたヘイリーは、デイブが家のどこかにいると確信し地下を探してみることにしました。

暗い地下室を進んでいったヘイリーは、遂にデイブを発見しましたが、デイブは胸に大きな傷を負い意識も無くなっていたのです。

なぜ父親がこんな傷を負ったのか、考えるよりもまず地下から父親を救出しようとするヘイリーでしたが、2人の前に突如巨大なワニが現れ、ヘイリーとデイブはその場から身動きが取れなくなってしまいました。

スポンサーリンク

【クロール 凶暴領域】ネタバレと見どころ

襲いまくるワニ軍団

この映画では、ヘイリーがこれでもかというくらいワニに襲われるシーンがコンスタントに出てきます

映画によっては、どこかに潜んでいる匂わせシーンを繰り返した後、終盤で巨大生物の全容を見せるというようなストーリーもありますが、【クロール 凶暴領域】は、前半から飛ばしまくりの襲われまくりです。

いつ襲われるか分からないドキドキの緊張感、そしてダイナミックに襲ってくる(しかもガッツリ噛みつかれてしまう)シーンに、口が開きっぱなしになってしまいます。

1000㎏という強力な噛む力を持つワニに噛まれて、そんなに簡単に抜け出せるのか、骨は大丈夫なのだろうかと、現実問題が頭の隅を横切りますが、それ以上のスリル満点の脱出劇となっているのです。

取り戻す親子の絆

この映画では、ヘイリーが父親と共にワニに占領された家から脱出する、というストーリー1本で、恋愛系の場面などもなく、とにかく襲われながら脱出するという至ってシンプルな作品です。

その中で、タイトルになっている”クロール”と繋がっているのが親子問題です。

父親デイブは、ヘイリーが小さい頃から水泳の英才教育につきっきりで、口癖は「お前が最強の捕食者だ!」でした。

娘に付き添う時間が多かったがために夫婦関係が壊れ、離婚に至ってしまったと思っているヘイリー。

そのことで、父親との間にも確執が生まれて疎遠になっていましたが、ヘイリーのトラウマともいえる傷をワニと戦うことで克服していくのです。

父と一緒に頑張った水泳(クロール)によってワニに捕まらずに泳ぎ、父親も助けることができた。

一見全く繋がりがないような2つの事をダイレクトでない手法で繋げ、視聴者に伝えるという撮り方はアッパレといった感じでした。

ワニとの戦いというシーンばかりの単なるパニック映画だと思わせておいて、本当は裏に隠されたテーマがあったのです。

スポンサーリンク

【ミニ情報】

アリゲーターとクロコダイル

日本語では”ワニ”と ひとくくりにされていますが、英語では”アリゲーター”と”クロコダイル”の2つに分けられた呼び方があります。

厳密にいえば、”ガビアル”という種類も加わり、ワニ目は3つの科に分類されています。

”クロコダイル”の代表はイリエワニやナイルワニといった大型の種で、日本でワニとイメージされるのは殆どがこの”クロコダイル”の種類です。

”アリゲーター”は、ミシシッピワニと呼ばれるアメリカアリゲーターが代表種で、クロコダイルの種類と比べると温和な種類のようで、”ガビアル”はインドガビアルの1種類のみで魚を捕まえやすいように細長くなった口が特徴です。

人や家畜を襲うワニはクロコダイルの種類なので、この作品にも登場したのはクロコダイルかと思われましたが、ワニの事を「Gator(ゲーター)」と呼んでいるシーンや、看板に”ワニ(Alligator)に注意”とあったので、フロリダで良く見かけるアリゲーターをもとにしているようです。

フロリダはワニだらけ?

この映画を通して気づいた人も多いかも知れませんが、フロリダでディズニーランドと並ぶくらい有名なのがワニです。

フロリダ大学のマスコットもワニになっているくらい、フロリダはワニとは切っても切り離せないくらい身近な存在なのだそうです。

突然道端でワニと遭遇したら驚くと思いますが、通常はそれほど人が襲われる確率は少ないようで、こちらから危害を加えなければそれほど危険ではないのだとか。

フロリダへ行ってもそれほどビクビクする必要はないようですが、万が一噛まれた場合には目を攻撃すると離すこともあるようです。

とはいえ、トップレベルの噛む力を持つワニには噛まれたくありませんね。

スポンサーリンク

【クロール 凶暴領域】の感想

ほとんどが同じ場所での出来事だったのにも関わらず、凶暴なワニに襲われるパニック、タイムリミット迫る脱出劇、そして父と娘の親子関係の修復といった様々な要素が詰まっていました。

愛犬シュガーがワニに襲われてしまうのではないかと最後までヒヤヒヤしましたが、一緒に生き延びることが出来たのはホッとするひとコマです。

ワニも迫力満点で、とてもCGで作られたワニとは思えません。

「本当に怖かった!」と、思わず声が漏れてしまいます。

細かいことは気にせず、とにかくドキドキした!面白かった!と楽しめる映画となっています。

タイトルとURLをコピーしました