スポンサーリンク

映画【コンテイジョン】現代を予見した背中合わせの恐怖。

映画『コンテイジョン』予告編【HD】 11月12日(土)公開

映画【コンテイジョン】ネタバレと恐怖。

高い致死率のウイルスが広がり、世界は恐怖でパニックとなる。

デマに踊らされ、効果もない”秘薬”を求めて奪い合う……。

スティーヴン・ソーダバーグ監督が世に送り出した、現代を予見したかのようなスリラー映画【コンテイジョン】のネタバレと、その恐怖をお届けします。

スポンサーリンク

【コンテイジョン】作品情報

作品データ
公開2011年 アメリカ
原題Contagion
監督スティーヴン・ソーダバーグ
配給ワーナー・ブラザーズ
キャストマリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット
オフィシャルサイト
スポンサーリンク

【コンテイジョン】あらすじ

出張先で香港の仕事を終えたベス・エムホフ(グウィネス・ケイト・パルトロー)は、愛人と密会するためにシカゴに立ち寄った。

その後、夫ミッチ(マット・デイモン)と娘、息子の待つ自宅に戻ったベスは、2日後に倒れて意識を失ってしまう。

ミッチがベスを病院に連れて行くも、彼女はそのまま亡くなってしまった。

医師が原因を探るためベスを解剖した結果、彼女の脳溝は壊滅しており脳底も酷い状態だった。

医師はすぐに気が付き、解剖に立ち会っていた他の医師に「解剖台から離れろ、各方面に通報しろ」と指示する。

その時すでに、世界各国でベスのような感染者が多数発症していた。

ミッチが困惑状態のまま帰宅すると、家では息子クラークがベスと同じ状態で亡くなっていた。

感染が疑わるためミッチは数日間隔離されたが、彼には免疫があることが判明し娘ジョリーが待つ自宅に戻った。

*彼女は家にいなかったため感染していない。

後日。

ミネソタ州の保健局では、正体不明のウィルスについて話し合いが行われていた。

感染は呼吸器系や媒介物によって感染が広がったと思われると、エリン・ミアーズ医師 (ケイト・ウィンスレット)は言う。

さらに、感染は物凄いスピードで広がっており、潜伏期間どころかウイルスの正体も分かっていない。

感染しても無症状の人もいると、警鐘を鳴らした。

ベスの血液サンプルは、すでにCDCに送っており運が良ければ72時間以内に分かるはずだった。

そしてCDCでは、ヘクストール医師 (ジェニファー・イーリー)が、届いたサンプルを調べていた。

この時点での症例は87件で、そのうち15名の死亡が確認されている。

サンプルを調べた結果、多形性で形状は卵型。脳細胞の表面に糖タンパクが見られたが病理症状ではない。

抗体の交差反応が見られなかったことから、「体が反応出来ないまま浸食された」との見方を示した。

ヘクストール医師は、ウイルスの正体を調べてもらうため、結果資料をサンフランシスコのサスマン博士(エリオット・グールド)に送った。

スポンサーリンク

【コンテイジョン】のネタバレと解説

未知のウイルス発生

資料を受け取ったサスマン博士の見解は、未知のウイルスで何から生まれたかものかは不明。

ウイルスの長さは15~19kb、遺伝子の数は6~10個、典型的パラミクソ・ウイルスだという。

例えて言うならゴジラとキングギドラとフランケンシュタインが合体したようなもの。

そのウイルスのことをフリー記者のアラン(ジュード・ロウ)が嗅ぎ付け、サスマン医師に食らいつく。

アランは、情報に貪欲なフリー記者でブログで情報発信をしている。

彼は今回のウイルスはバイオ兵器だと考えており、ネット上で情報を持つユーザーに真実を伝えたいとサスマン医師にインタビューするが、どうやら彼は嫌われ者のようで相手にしてもらえない。

アランは、真実を伝えたいと情報を流すも、それが世界を混乱に陥れてしまうことにもなる。

そんな中、チーヴァー博士(ローレンス・フィッシュバーン)に、国土安全保障省から依頼が入る。

国土安全保障省もバイオテロと考えていた。

ウイルスはすでに蔓延し、教師1名と児童3名が死亡したため学校も閉鎖されたとのこと。

この時点でもウイルスの正体は掴めておらず、人々にも詳細な情報は伝わっていなかった。

発症したらどうなるのかだけではなく、ウイルスが蔓延していることを知らない人もいたり、軽視していたりと様々。

デマ情報が混乱を引き起こす

世界ではウイルスに過剰反応し、食料や生活用品、薬などの買い占めが始まる。

まずは買い占めにより物流が滞り、その後ウイルス蔓延により死亡者が多発し、感染を恐れた人々はスーパーなどから食料品を奪うようになり秩序も失い始めた。

ワクチンや特効薬がない中で不安がった人々は、ウイルスに関する情報に食いつく。

その情報を流したのがアランだった。

アランは、「CDCが特効薬を見込んでいる」「米と仏が裏で特効薬を作っている」などという憶測で情報を流したのだ。

すると製薬会社は、アランの情報力を見込んで取引を持ち掛ける。

アランは大金と共に「レンギョウが効く」という偽情報を製薬会社に流したのだ。

さらに、アランは自分が感染したと偽装しレンギョウを服薬している動画を流し、翌日にはレンギョウが効いて元気になったと伝えた。

すると、それが人々に伝わりレンギョウを求めて多くの人々が薬局に押しかけたが、本数に限りがあることを知ると暴動に発展してしまう。

街には秩序が無くなり、銀行を襲う者や車を奪う者などの事件が続出し手が付けられない状態にまでなったのだ。

実際、この時点で特効薬は開発されるどころか、ウイルスの培養にも成功していなかった。

しかし、その後サスマン医師が培養に成功。

それを基に、アメリカは特効薬の製造に成功したものの、すべての人々に渡る量をつくるのには時間がかかる。

そこで、”関係者”のみに摂取することになった。

最終的には、姓がAから始まる者、次はBから始まる者など順番で摂取できることになったが、このウイルスでの死亡者はスペイン風邪を上回るほどのものになっていたのだ。

物語の中で、チーヴァー医師が語っていた。

感染を防ぐ一番の特効薬は「人と接触しないこと」だと。

スポンサーリンク

映画【コンテイジョン】の感想

2020年、コロナウイルス発生時に置かれている状況と、恐ろしいほど似ている作品でした。

SNSで発信されたことを真に受け、トイレットペーパーやティッシュ類の買い占めが起こりました。

次に、食料品の買い占めが始まり、在庫はあると訴えるも誰かが買い占めているのを観て危機感を感じ、大丈夫だとわかっていながらも買い占めてしまう。

映画では、培養に成功してから特効薬が製造されるまで、時間は掛かりませんでしたが、実際は何度もテストを行い特効薬として出回るまで数年かかるようです。

「出歩かないことが一番の特効薬」

でも、そう簡単に行かないのが現実。

 

タイトルとURLをコピーしました