スポンサーリンク
スポンサーリンク

【クリスマス・クロニクル2】あらすじとネタバレ。今年もサンタが歌って踊って戦いまくる!

【クリスマス・クロニクル2】あらすじとネタバレ。【クリスマス・クロニクル】(2018)の続編が配信スタート。今回のキーワード、”思春期”を迎えたケイトがひょんなことからサンタと再会。ところが、ある少年の思春期をきっかけにクリスマス存続の危機が訪れて……。サンタたちは激減するクリスマス・スピリットを取り戻すことはできるのか⁉︎

© Netflix,lnc.
公式サイト

製作

公開:2020年 アメリカ

監督:クリス・コロンバス

原題:The Christmas Chronicles 2

配給:Netflix

キャスト:カート・ラッセル、ゴールディ・ホーン、ジュダ・ルイス、ダービー・キャンプ、キンバリー・ウィリアムズ・ペイズリー、ジュリアン・デニソン、タイリース・ギブソン

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2020年11月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

スポンサーリンク

【クリスマス・クロニクル2】あらすじ

あれから2年の月日が経ち、ピアース家にも変化が訪れていました。

それはケイトの思春期に加え、母クレアの新たな恋人ボブ(タイリース・ギブソン)とその息子ジャック(ジャジャール・ブルーノ)の存在。

ある日、ボブはテディとケイトとの親睦を深めようと、みんなで旅行にやって来ました。

その旅行中、ケイトはひょんなことからサンタクロースと再会します。

ケイトはサンタクロースとの再会にとても喜びますが、実はその再会は全てある人物によって仕組まれたものだったのです。

そんな事を知る由もないケイトとサンタクロースたちの前に、突如ある少年が現れます。

少年の名前はベルスニッケル(ジュリアン・デニソン)、彼こそが全てを仕組んだ人物でした。

次期サンタクロースを狙うベルスニッケルの存在をきっかけに、クリスマス・スピリットは大暴落し、クリスマスは存続の危機を迎えてしまいます。

またしてもクリスマスの命運を握ることとなったケイト、今回も無事にクリスマスを救うことはできるのか⁉︎

スポンサーリンク

【クリスマス・クロニクル2】キャスト

ミセス・クロース役/ゴールディ・ホーン

キャラクター紹介

サンタクロースの妻で、北極にあるサンタ・ヴィレッジの建物の設計を手掛けた人物。

ミセス・クロースも魔法が使え、サンタクロースのサポートをしています。

とても陽気な性格でケイトのことが大好きです。

俳優紹介

名前:ゴールディ・ホーン

生年月日:1945年11月21日

身長:168cm

代表作:【サボテンの花】(1969)、【続・激突!カージャック】(1974)、【プライベート・ベンジャミン】(1981)

  • 3歳からバレエ、タップダンスを習い始める
  • 1964年からプロのダンサーとして活動を始める
  • コメディ映画への出演が多く、コメディでアカデミー賞を受賞した24人の女優の1人
  • カート・ラッセルと事実婚をしており、継子を含めて4人の子供がいる

ボブ役/タイリース・ギブソン

キャラクター紹介

クレアが新たに付き合い始めた恋人ジャックの父親

クレアと付き合って10ヶ月になります。

明るく優しい性格で、クレアのみならず子供たちのことを想っています。

俳優紹介

名前:タイリース・ギブソン

生年月日:1978年12月30日

身長:181cm

代表作:【ワイルド・スピードX2】(2003)、【トランスフォーマー】(2007)、【デス・レース】(2008)

  • 14歳から音楽を始め、タレント・コンテストに入賞
  • 1997年コカ・コーラの広告に出たのを機に仕事の場を広げ16歳で家を購入するほどに活躍
  • 1998年に発表した”タイリース”でアルバムデビューを果たし、アルバムはゴールドディスクとなった
  • 【ワイルド・スピードX2】(2003)で一躍有名に

ジャック役/ジャジャール・ブルーノ

キャラクター紹介

ボブの息子で10歳。

ぜんそくとアレルギーを持つ臆病者な性格。

肝心なところで臆病になるものの、基本的には明るく元気で思ったことはなんでも口にしてしまう一面も。

人見知りはしないタイプで、テディとケイトとも仲良くしています。

俳優紹介

名前:ジャジャール・ブルーノ

生年月日:2008年1月10日

身長:129cm

代表作:【アトランタ】(2016)、【ターキー・パニック】(2018)、【魔女がいっぱい】(2020)

  • 2歳の妹がいる
  • 夢はサミュエル・L・ジャクソンと共演すること、マーベル映画に出演すること
  • 趣味は水泳、ゲーム、大きな遊園地に行くこと
  • 好きな教科は国語と言語科目

ベルスニッケル役/ジュリアン・デニソン

キャラクター紹介

元エルフの少年

エルフの規則を破り、自身が1番軽蔑している人間の姿になってしまいました。

ベルスニッケルは、かつて人間がエルフの持つ魔力を得るためにエルフ狩りをしていた過去を持つことから人間を嫌っている。

べスニッケルはミセス・クロースからは魔法薬の調合を、サンタクロースからは発明を教わるほどに早熟で賢いエルフでした。

しかし、反抗期を迎えると世界中の子供たちが楽しみにするクリスマスのため、年中忙しくするサンタクロースにヤキモチを焼いて反抗的になっていきます。

人間の姿に変わったべスニッケルは、サンタ・ヴィレッジを飛び出して以来、次期サンタクロースになるべく画策します。

俳優紹介

名前:ジュリアン・デニソン

生年月日:2002年10月26日

身長:160cm

代表作:【ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル】(2017)、【デッドプール2】(2018)、【ゴジラVSゴジラ】(2021)

  • 4人兄弟の3男で、双子の兄がいる
  • 【Shopping】(2013)で11歳で子役デビューし、ニュージーランド映画賞最優秀助演男優賞を受賞
  • 【ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル】(2017)では最優秀主演男優賞を受賞
  • 【デッドプール2】(2018)でハリウッドデビューを果たした
スポンサーリンク

【クリスマス・クロニクル2】ネタバレ見どころ

思春期真っ只中のケイト

13歳になり、思春期真っ只中のケイトは、母クレアが新しい恋人を作って楽しげにしているのを、複雑な思いで見つめていました。

なぜなら、新恋人ボブの存在によって父ダグが忘れられるのではないか、という不安を抱いていたのです。

そんな思いからケイトは、ボブやボブの息子ジャックに対して強く当たってしまいますが、そんな自分自身の変化にも戸惑っているようでした。

クリスマス存続の危機!

家族旅行の最中、ベルスニッケルの策略によってサンタクロース・ヴィレッジへと飛ばされてしまったケイトとジャック。

そんなベルスニッケルの策略を知る由もないケイトとジャックは、サンタクロース・ヴィレッジを存分に楽しんでいました。

ケイトたちの後を追って、サンタクロース・ヴィレッジにやって来ていたベルスニッケルの狙いはクリスマスの星

サンタクロース・ヴィレッジは、ベツレヘム星からの光をエルフに作ってもらった”クリスマスの星”に集めてエネルギー源にしている。それによりサンタクロース・ヴィレッジはベールに包まれて守られており、サンタクロースのみがベールの通り方を知っている。

実は、ベルスニッケルはサンタクロース・ヴィレッジからクリスマスの星を奪い、自分が自由に暮らせるように自らのヴィレッジを作ろうと企んでいたのです。

ベルスニッケルは、サンタクロースたちの隙を見てクリスマスの星を奪いましたが、すんでのところでサンタクロースに見つかり、取り合いになった末 クリスマスの星が消滅してしまいます。

これによりサンタクロース・ヴィレッジはエネルギー源を失い、クリスマスが永遠になくなってしまう事態へと追い込まれてしまったのです。

そこでサンタクロースとケイトは、新たなクリスマスの星を作ってもらうためエルフの森を訪れることに。

しかし、ここでもまたベルスニッケルが横取りに現れて……。

サンタクロースたちは無事にクリスマスの存続を守ることはできるのか⁉︎

エルフが大暴れ⁉︎

サンタクロースとケイトがクリスマスの星を取りに行った後、サンタクロース・ヴィレッジでは深刻な事態に陥っていました。

ベルスニッケルがエルフが凶暴化する毒を撒き、街の至る所でエルフたちは破壊行為や暴力行為などを起こして大暴れしていたのです。

特に人間を見つけると血相を変えて襲いかかってくるようになってしまい、事態は深刻でした。

そんなエルフたちを元に戻す方法はただひとつ。

サンタクロース・ヴィレッジの外れにある、崖の上に咲く1輪の花を使って薬を調合することでした。

しかし、ミセス・クロースはトナカイたちを守らなければならないため、そこに行けるのは臆病者のジャックだけ。

いつも誰かの後をついていく臆病者のジャックが1人で行くことを決意するも、そこまで辿り着くのはあまりにも過酷な道のりだったのです。

スポンサーリンク

【クリスマス・クロニクル2】プチ情報

前作の【クリスマス・クロニクル】(2018)では、サンタクロース演じるカート・ラッセルが自身に所縁のあるエルヴィス・プレスリーの曲を披露しましたが、本作でも歌を披露しています。

サンタクロースとケイトが過去の空港にやって来た際に、大暴落を起こすクリスマス・スピリットを上げるためサンタクロースが曲を披露しました。

この曲は、カート・ラッセル&ダーレン・ラヴの”The Spirit of Christmas”です。

ダーレン・ラヴはエルヴィス・プレスリーやビーチ・ボーイズなどのバックコーラスとして活躍し、伝説のバックコーラス歌姫とまで言わしめた実力者であり、2011年にはロックの殿堂入りを果たしました。

ダーレン・ラヴのパワフルな歌声と、カート・ラッセルの渋くて色気のある歌声でのデュエットは必見です!

スポンサーリンク

【クリスマス・クロニクル2】感想

あの可愛かったケイトもティーンエイジャーで反抗的になっていたり、17歳になったテディの余裕のある様子には成長を感じました。

新たに登場したボブの息子ジャックは10歳で子供らしく、かつてのケイトを見ているようで微笑ましかったです。

本作ではこれまで触れられてこなかったエルフについての秘密や、サンタクロース・ヴィレッジの全貌など、さらにサンタクロースについて詳しく知れたのは嬉しかったです。

前作では少ししか登場シーンがなかったミセス・クロースも大活躍したりと、登場人物たちの新たな一面を見ることができるなど【クリスマス・クロニクル】の続編らしさをきちんと感じることができました。

サンタが歌って踊って戦う、そんな一味違ったアクションクリスマス映画を1度ご堪能あれ!

タイトルとURLをコピーしました