コラム

映画「ジョーカー」大いなる妄想の映画[Cineamour]

映画史上最悪の悪役といわれるのが、映画「ダークナイト」でヒース・レジャー演じるジョーカーです。ただしこの映画では、ジョーカーは何者だったのかということは最後まで謎に包まれています。バットマンがどのように生まれたのかと同じように、ジョーカーはどのように生まれたのか気になる人は少なくないでしょう。
コラム

「ダークナイト」ジョーカーは何がしたかったのか? [Cineamour]

バッドマンのシリーズだけでなく、数ある映画の中でも史上最強の悪役といわれるのが、映画「ダークナイト」に登場するジョーカーです。この映画を面白いものにしているのは、単にヒーローが悪者をやっつけるだけの映画ではないということですが、観る者にそのことを強烈に印象付けるのは、ジョーカーの存在といってもいいでしょう。
コラム

「猿の惑星」人類への痛烈な風刺が盛り込まれた映画[連載コラム Cineamour]

宇宙人が地球にやってきて人間を征服するというストーリーはSFものの定番の1つです。ですが、人間を征服したのが宇宙人ではなく猿だったとしたら・・・別の意味でインパクトがあるのではないでしょうか。