スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ナイトティース】レビュー。ヴァンパイアと人間の共存ルールがある世界で戦争は始まった。

Writer:ocean yacht

解説

映画【ナイトティース】は、2021年に公開されたNetfilxのスリラー映画。

2人の女性を乗せた大学生のタクシードライバーが、ロサンゼルスで開かれるパーティーに行く途中で、彼女らがヴァンパイアである事を知ってから始まる物語。

人間とヴァンパイアが交渉をしてお互いのルールを守りながら共生する状況の中で、ヴァンパイアがそれらの約束を破り、人間とヴァンパイアの戦争が勃発する姿を描いています。

2021年/アメリカ
原題:Night Teeth
配信:[Netflix]
監督:アダム・ランドール
画像:「Netflix」公式サイト

© Netflix. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

あらすじ

昔から、人間とヴァンパイアの2つの種族が共存していました。

ロサンゼルスのボイルハイツで休戦を結び、その2つの種族は現在休戦状態にあったが、ヴァンパイア仲間間の権力争いによって、ヴァンパイアのボスであるヴィクター(アルフィー・アレン)が見せるハイツとの休戦を、人間委員会がジェイの恋人を誘拐し、人間とヴァンパイアとの契約が破棄されてしまいます。

兄ジェイ(ラウル・カスティーヨ)と一緒に暮らす平凡な大学生ベニー(ジョージ・レンデーボーグ・ジュニア)は、ジェイの代わりに一晩、運転手の仕事をする事になります。

当日予約になったモロを迎えに行くが、そこにいたのはモロじゃなくて、ゾーイ(ルーシー・フライ)とブレア(デビー・ライアン)でした。

2人の女性を乗せて、ロサンゼルスで開かれるパーティーに連れて行く事になったベニーは、魅力的な2人に心を奪われるが、彼女らは血の渇きを感じるヴァンパイアである事に気付きます。

誘惑の夜が一瞬残酷な悪夢に変わる瞬間、もっと大きな秘密がベニーを待っており….。

スポンサーリンク

キャスト

ベニー役 / ジョージ・レンデーボーグ・ジュニア

https://www.flickr.com/photos/75623426@N08/51596988554/|photo by Unification France

登場人物

兄と祖母と一緒にロサンゼルスで暮らしている大学生。

アーティストを夢見て、アルバイトを掛け持ちしている。

キャスト情報

●ジョージ・レンデーボーグ・ジュニア(Jorge Lendeborg Jr.)

●ドミニカ共和国サントドミンゴ出身

●1996年1月21日生

●代表作

【バンブルビー】(2018)、【スパイダーマン:ホームカミング】(2017)、【アリータ:バトル・エンジェル】(2019)、【スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム】(2019)

Instagram

ゾーイ役 / ルーシー・フライ

登場人物

https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36102137926/|photo by Gage Skidmore

高級住宅街ビバリーヒルズに住むヴァンパイア。

美しい外貌ながらも残忍な性格で、ヴァンパイアのボスであるヴィクターの恋人。

キャスト情報

●ルーシー・フライ(Lucy Fry)

●オーストラリア・ウーウィン出身

●1992年3月13日生

●代表作

【ヴァンパイア・アカデミー】(2014)、【プレッピー・コネクション】(2015)、【ダークネス】(2016)、【ブライト】(2017)

Instagram Twitter

ブレア役 / デビー・ライアン

https://www.flickr.com/photos/53821021@N04/12822959334/|photo by Greg Razzi

登場人物

ゾーイに比べて人間味をしっかりと持ち合わせているヴァンパイア。

ベニーに徐々に惹かれるようになる。

キャスト情報

●デビー・ライアン(Debby Ryan)

●アメリカ・アラバマ州ハンツビル出身

●1993年5月13日生

●代表作

【Jessie】(2011-2015)、【ティンカー・ベルと輝く羽の秘密】(2012)、【Rip Tide】(2017)、【ホース・ガール】(2020)

●受賞歴

【スイート・ライフ オン・クルーズ】ポップタスティック・アワード、ボディ・ピース・アワード、キッズ・チョイス・アワード受賞。【ジェシー!】ポップスター・アワード受賞。

Instagram Twitter

スポンサーリンク

本作の見所

ヴァンパイアというテーマ要素に加えて、アクションやラブストーリー、裏切り、ダークさが盛り込まれた本作には現代的な新鮮さがありました。

通常のヴァンパイア映画では、ヴァンパイアと人間との戦い、またヴァンパイア同士の戦いなどのアクションシーンが多いものの、本作はベニーとブレアの物語が大半を占めています。

映画の後半では、ベニーとブレアの感情の変化と行動の変化を感じると共に、2人の恋の行方が気になるよう描かれていました。

ベニーを想うブレアの気持ちや行動は、住む世界が違っても好きな相手を想う気持ちは同じものだと改めて実感させてくれます。

スポンサーリンク

綺麗な色合いと素晴らしい演出

【ナイトティース】は、次世代に受け継がれるほど美しい映像でした。

キャラクターたちの衣装デザインやメイクなどのビジュアルは、暗闇の中で一層映え、鮮やかなカラーコントラストがあちらこちらで目を引きましたが、特に赤い花々で飾られたビバリーヒルズジオの邸宅は壮観そのものでした。

【ナイトティース】は、アメリカのロサンゼルスハリウッド通り、ハードロックカフェ、そしてパーティーを背景に、華やかで洗練された恐怖スリラーでした。

タイトルとURLをコピーしました