『マンマ・ミーア!』女の友情、親子の絆を素敵な楽曲と共に味わえる!

マンマミーア

(C)2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト

世界中で大ヒットした同名ミュージカルを豪華俳優陣で映画化した『マンマ・ミーア』。

美しいギリシャの小島で繰り広げられる親子の絆、女の友情、そして男と女の愛の物語をABBAの大ヒット曲と共に、感想をお伝えします。

スポンサーリンク

『マンマ・ミーア』あらすじ

ギリシャの小島でドナ(メリル・ストリープ)と暮らすソフィ(アマンダ・セイフライド)。

ドナは女手一つで島のホテルを切り盛りしながらソフィを育ててきました。

スカイ(ドミニク・クーパー)との結婚を目前にしているソフィですが、結婚式の前に父親が誰か知りたくなります。

ドナの昔の日記を手に入れたソフィは、そこに書かれていた3人の男性のうちの誰かが父親だと思い、こっそり男性たちをドナ名義で結婚式の招待状を出します。

手紙を受け取り色めき立って島へ向かうサム(ピアース・ブロスナン)、ハリー(コリン・ファース)、ビル(ステラン・スカルスガルド)の3人。

一方、親友のロージー(ジュリー・ウォルターズ)とターニャ(クリスティーン・バランスキー)と久々に再会したドナは昔を思い出して大いに盛り上がっていました。

父親候補の3人と会ったソフィは、ドナではなく自分が招待状を出したことを白状し、ドナには黙っていてほしいと頼みます。

3人が島に来ていることを知ったドナは驚きつつも、昔の思い出が一気によみがえり複雑な心境です。

そんな中、自分に内緒で父親候補を呼び寄せたことを知ったスカイはソフィに怒りを露わにし、2人の結婚に暗雲が立ち込めることになり……。

スポンサーリンク

『マンマ・ミーア』の感想

素晴らしい楽曲の数々

このストーリーに使われている曲は全てABBAの曲です。

そして、その歌詞がストーリーにぴったりと当てはまっていて、まるでこの映画のために作られたのでは?と思ってしまうほどです。

歌は全てキャストの方々が歌っているのですが、みんなプロ顔負けの歌唱力です。

その中で、ピアース・ブロスナンだけは、見ている方が恥ずかしくなるくらいな歌声でしたが、そこもご愛敬です。

歌も自然な形で始まり、どの歌も思わず一緒に歌いたくなってしまいます。

良い歌は、時代を超えて受け継がれていくのだなぁと、しみじみと感じました。

以下、この作品で取り上げられた楽曲をご紹介します。

“I Have a Dream” — ソフィ
“Honey, Honey” — ソフィ
“Money, Money, Money” — ドナ、ターニャとロージー
“Mamma Mia” — ドナ
“Chiquitita” — ターニャとロージー
“Dancing Queen” — ドナ、ターニャとロージー
“Our Last Summer” — ソフィ、サム, ハリーとビル
“Lay All Your Love on Me” — スカイとソフィ
“Super Trouper” — ドナ、ターニャとロージー
“Gimme! Gimme! Gimme!” — キャスト
“The Name of the Game” — ソフィとビル
“Voulez-Vous” — キャスト
“SOS” — サムとドナ
“Does Your Mother Know” — ターニャ
“Slipping Through My Fingers” — ドナとソフィ
“The Winner Takes It All” — ドナ
“I Do, I Do, I Do, I Do, I Do” — ドナとサム
“When All Is Said and Done” — サム
“Take a Chance on Me” — ロージーとビル
“Mamma Mia” — キャスト
“I Have a Dream” — ソフィ
“Dancing Queen” — ドナ、ターニャとロージー
“Waterloo” — キャスト (エンドクレジットで歌われています)
“Thank You for the Music” — ソフィ

魅力たっぷりの俳優陣

メリル・ストリープはじめ、超豪華な俳優陣。

アマンダとドミニクの若さ溢れる2人のシーンではウットリ。

それに負けず劣らずおじさん&おばさん達がめちゃくちゃパワフルで、全力で歌って踊って、それぞれのキャラクターが際立ちまくっています。

“Dancing Queen”の場面が、キャスト総出演でひとつの盛り上がりの場となっていますが、その他の歌もそれぞれの役が生きています。

3人の元カレと再会したドナでしたが、最後はひとりの男性を選ぶことに。

選ばれなかった2人もそれぞれの幸せの道が見つかってハッピーな結末となりましたのでご安心ください。

元気になれるストーリー

結婚前に本当の父親を見つけたい娘、昔の恋人と再会し心が揺れる母、というシンプルなストーリーなのですが、ミュージカルという事で、これくらいシンプルな設定の方が、テンポよく話が進むので良いと思います。

ある意味、歌ったり踊ったりしている姿を見るだけでも大満足で、見終わった後はグルグル頭の中を回り続けるABBAの曲に、しばらく元気が持続します。

スポンサーリンク

『マンマ・ミーア』耳より情報

出演者ミニ情報

この映画で美しい歌声を披露してくれたソフィ役のアマンダ・セイフライドは、この撮影を機に私生活でも恋人役だったドミニク・クーパーと付き合うようになりました。

しかし、遠距離恋愛に耐えれず2年後に破局。

その後、数名のイケメン俳優と交際した後、俳優トーマス・サドスキーと結婚し、今では1児の母親となっています。

続編も製作!

2008年、当時のミュージカル映画史上世界No.1の興行収入記録を塗り替えた『マンマ・ミーア』が10年の時を経て、続編が製作されました。

若き日のドナが3人の男性との出会った時のストーリーや、母の夢を継ぐ決心をしたソフィに起こった思いがけない出来事などなど、続編も見どころ満載の映画となっています。

スポンサーリンク

作品情報

【製作】

2008年 アメリカ

記事内の画像出典:公式サイト

【配信】

Amazon prime

【監督】

フィリダ・ロイド

【キャスト】

メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、アマンダ・セイフライド、ドミニク・クーパー、ジュリー・ウォルターズ、クリスティーン・バランスキー、他

タイトルとURLをコピーしました