アメリカ映画

洋画

【ドント・ブリーズ2】あの邪悪な盲目老人が今度はダークなヒーローに!?

映画【ドント・ブリーズ2】は、前作の成功に支えられて製作された続編で前作から8年後のストーリーになっています。全世界で1億5,780万ドルの興行収入をあげた【ドント・プリーズ】(2016)から5年。新しい物語となって戻って来た本作では、ネイビーシールズ出身の盲目ノーマンの家に、侵入者が入ったことからノーマンの内面にあった闇の力が再び目覚めます。
コラム

【ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ】解説。❞窓から見た❞ミステリー事件の真実を暴く。

映画【ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ】は、2021年にNetfilxから配信公開されたアメリカのスリラー映画。A.J.フィン(A.J.Finn)の小説を基に、引っ越しして来た隣人の様子を窓越しで偵察していた時に殺人事件を目撃した主人公アンナの目線で描いています。【プラダを着た悪魔】(2006)、【ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日】(2012)など、主に小説原作映画を誕生させたプロダクション会社FOX2000が、最後に進めたプロジェクトの一つです。
洋画

【フィアー・ストリートPart3:1666】ネタバレと解説。ついに全ての謎が繋がる!

【フィアー・ストリートPart3:1666】ネタバレと解説。サラ・フィアーの呪いを鎮めるべく彼女の手を体と共に埋葬しようとしたディーナでしたが、そこでディーナは衝撃の過去を知ることになります。魔女と呼ばれたサラ・フィアーの生涯とは一体……⁉︎また、そこには驚くべき人物が関わっていたのでした。
スポンサーリンク
コラム

【フリー・ガイ】ネタバレと評価。モブキャラはいない。

【フリー・ガイ】ライアン・レイノルズ出演作史上、最高の映画かもしれないほどのすばらしさです!彼は本作を「現代の【バック・トゥ・ザ・フューチャー】」と称していますがまさぴったりです。 レイノルズファンはもちろん、コメディ、ゲーム好きは絶対見てほしい作品でです。ぜひ!
コラム

【カムバック・トゥ・ハリウッド】ネタバレ・コラム。映画とは人生だ!

【カムバック・トゥ・ハリウッド】コラム・ネタバレ。ロバート・デ・ニーロ、トミー・リー・ジョーンズ、モーガン・フリーマンと豪華俳優陣が共演を果たしたコメディ映画。演技がすばらしいのは言わずもかな。コメディ好きは是非ご覧あれ。
洋画

【オールド】ネタバレ。M・ナイト・シャマラン最新作、1日で一生を終える恐怖と謎。

映画【オールド】は、2011年に出版されたフランス作家のピエール・オスカル・レヴィーとイラストレーターのフレデリック・ペーターズによるグラフィック・ノベル<Sandcastle>が原作のホラー映画。海辺へ旅行に行った人々が、そこで不思議な出来事に遭遇する姿を描いています。自分達の時間が急速に流れていることを悟った事から、彼らの全ての人生はたった一日で変わってしまう非現実ながらもリアリティある恐怖を伝えます。
洋画

【フィアー・ストリートPart2:1978】ネタバレ、伏線考察と解説。徐々に明かされるシェイディサイドの闇。

【フィアー・ストリートPart2:1978】ネタバレと解説。殺人鬼と化したサムを救うべくディーナたちが訪れたのは、C・バーマンの元。ナイトウィングの惨劇で唯一生き残った彼女ならサムを救う術を知っているはずだと考えたディーナたちでしたが、彼女から聞かされたのはあまりにも衝撃の真実だったのです。
洋画

【パージ:フォーエバー】ネタバレ。シリーズ5作目にして最終作、犯罪が合法の日は永遠に続く!

映画【パージ:フォーエバー】は、2021年に海外で公開されたアメリカのホラー映画。シリーズ5作目にして最終作。毎年たった1日12時間の間、いかなる犯罪も許されるパージの日。しかし、パージの日が公式的に終わった後も、アメリカの浄化を叫ぶ過激派集団によってパージが行われ続けたのです。
洋画

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク】ネタバレ。第2弾は恐竜が街中で暴れ出す!

映画【ジュラシック・パーク】シリーズの第2作目となる本作の舞台は孤島とサンディエゴ。人間たちが暮らす街中でTレックスが暴れ出してしまいます。1作目に出演していたイアン・マルコム博士を主人公に、監督はスティーブン・スピルバーグが続投しています。
洋画

【スレイヤー 7日目の煉獄】視覚的、心理的要素がさらなる恐怖を呼ぶ。

映画【スレイヤー 7日目の煉獄】は、2021年に公開されたアメリカのホラー映画。強力な悪魔と、悪魔に憑りつかれた者を救おうとするベテラン神父と新任司祭の命をかけた孤軍奮闘を描いています。なお本作は【死霊館】(2013)と【死霊館のシスター】(2018)に続くオカルトホラーとして位置付けられています。
タイトルとURLをコピーしました