スポンサーリンク

【ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密】キャスト情報とあらすじ。

【ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密】キャスト情報。闇の魔法使いであるグリンデルバルドが魔法界を支配しようと動きだして勢力を広げ始めていました。迫りくる驚異に、ダンブルドア教授は魔法動物学者ニュート・スキャマンダーらに使命をかします。彼らは、さまざまな魔法動物と出会いながら、グリンデルバルドの信奉者たちと戦いを繰り広げることに。

スポンサーリンク

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密】とは?

J・K・ローリングの原作を元にして制作され、大ヒットシリーズとなった【ファンタスティック・ビースト】の第3弾【ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密】(Fantastic Beasts and the Secrets of Dumbledore(原題)が日本とイギリスでは2022年4月8日に、2022年4月15日に全米公開されることになりました。

アレクサンダー・スカルスガルドが主演を担った【ターザン:REBORN】 (2016年)や、【ハリー・ポッター】シリーズなどを手掛けたデヴィッド・イェーツが監督、J・K・ローリングと【ハリー・ポッター】シリーズの脚本を務めたスティーヴ・クローヴスが本作の脚本を務めます。

そして、時系列は【ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生】(2018年)の続編であり、【ファンタスティック・ビースト】シリーズの3作目で、「魔法ワールド」フランチャイズでは11作目となります。

スポンサーリンク

【ファンタビ】第3弾みどころは?

【ファンタスティック・ビースト】シリーズは全5部作を予定しており、2021年現在公開されたのは、

  • 《第1作目/2016年》【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】
  • 《第2作目/2018年》【ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生】

2022年4月8日に公開されるファン待望の新作は第3作目の作品になります。

【ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密】では、前作でゲラート・グリンデルバルド役を演じていたジョニー・デップが「The Sun」紙への訴訟で無実を訴えたにもかかわらず、裁判所が14案件のうち12案件で元妻アンバー・ハード側の主張を認めてしまいました。

それは、実質的に「Wife Beater(妻を虐待する者)」という烙印を押されてしまうことになってしまい、作品へのイメージダウンを避けるためワーナー・ブラザースから降板を求められ、辞退しなければならなくなりました。

ただ、当初決まっていたギャラ1000万ドルは降板しても支払われたということです。

ファンにしてみれば、ようやく「彼らしい役でよくぞファンタビに登場してくれた」と歓喜の声が上がっていただけに残念です。

しかし、その代わりにゲラート・グリンデルバルド役は、“北欧の至宝”とも呼ばれるデンマークの俳優マッツ・ミケルセンが演じることになりました。

マッツ・ミケルセンと言えば、【ハンニバル】のハンニバル・レクター役や、マーベル【ドクター・ストレンジ】のカエシリウス役で知られています(マッツ・ミケルセンについての詳細はキャストのご紹介で詳しくお話させていただきます。)

そして、2021年12月11日には本作の公式トレーラーの予告らしき動画が配信されました。

なぜかノーマジのジェイコブが杖を持っている様子が見られ……。

もしかしたら、ゲラート・グリンデルバルトが化けているのかも?と話題になっています。

12月14日には公式のトレーラーが出るそうです。

スポンサーリンク

「ファンタビ」第3弾あらすじは?

【ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生】から数年後、ブラジルのリオデジャネイロとドイツのベルリンなどを舞台に、魔法界が第二次世界大戦に参戦するまでのストーリーです。

クイニー(演:アリソン・スドル)までも巻き込み、闇の魔法使いであるグリンデルバルドの力が急速に成長し、魔法界を支配しようと動きだして勢力を広げ始めていました。

迫りくる驚異に、ダンブルドア教授は魔法動物学者ニュート・スキャマンダーらに使命をかします。彼らは、さまざまな魔法動物と出会いながら、グリンデルバルドの信奉者たちと戦いを繰り広げることに…。

スポンサーリンク

「ファンタビ」第3弾キャスト

ニュート・スキャマンダー役/ エディ・レッドメイン

登場人物:魔法生物の規制と管理のための部門である獣部門の英国の魔法省の従業員で魔法動物学者。1926年12月にニューヨーク市で暗黒の魔法使いであるゲラート・グリンデルヴァルトが関与した事件で、ノーマジが見てしまった魔法の記憶を消すため力を貸すことに。実は【ハリー・ポッター】シリーズに登場した教科書『幻の動物とその生息地』は、ニュートが著作です。

キャストエディ・レッドメイン

出演作:【レ・ミゼラブル】(2012)、【博士と彼女のセオリー】(2014)、【リリーのすべて】(2015)、【ファンタスティック・ビースト】シリーズ、【イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり】(2019)、【The Good Nurse】(2022年公開予定)

”エディ・レッドメイン”について:英国一の名門であるイートン校で、ケンブリッジ公ウィリアム王子と同級生として学びました。その後、ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジで美術史を専攻。色盲にもかかわらず、現代芸術家のイヴ・クラインが作り出した「インターナショナル・クライン・ブルー」についての論文を執筆して優秀な成績で卒業。

物理学者のスティーブン・ホーキングを演じた【博士と彼女のセオリー】(2015年)で初のアカデミー主演男優賞を受賞。その他にもこの作品で、ゴールデングローブ賞主演男優賞、英国アカデミー賞主演男優賞、全米映画俳優組合賞等数々の賞を受賞しています。

そして、実在した世界で初めて性適合手術を受けたトランスジェンダーであるリリー・エルベを演じた【リリーのすべて】(2016年)では、その演技が高い評価を受け、アカデミー主演男優賞にノミネートされています。

ティナ・ゴールドスタイン役/キャサリン・ウォーターストン

登場人物:イルヴァーモーニー魔法魔術学校を卒業したアメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)勤務の魔女。かつては闇祓いでしたが、ある事情から降格され魔法の杖認可局職員となった。しかし、事件解決への貢献が評価され、もとの調査部に戻ります。のちにニュート・スキャマンダーの妻となります。

キャスト:キャサリン・ウォーターストン

出演作:【コレクター】(2012)、【インヒアレント・ヴァイス】(2014)、【ファンタスティック・ビースト】シリーズ、【スティーブ・ジョブズ】(2015)

”キャサリン・ウォーターストン”について:両親が仕事で訪れていた際に、ロンドンのウェストミンスターで出生。その後はアメリカに戻りコネチカット州で育ちました。

父親は俳優サム・ウォーターストン、母親は1970年代に雑誌『Vogue』のファッションモデルとして活躍したリン・ルイーザ・ウッドラフ。

両親ともに背が高く、キャサリンも182㎝と長身。姉は女優、弟は映画監督と芸能一家に育っています。

ジェイコブ・コワルスキー役/ダン・フォグラー

登場人物:第一次世界大戦に参戦し、帰国して缶詰工場で働いていました。祖母のレシピを使ってパン屋を開業したいと銀行へ融資に来ていたところでニュートと知り合うことに。現在はニュートのおかげでパン屋を経営。ノーマジ(マグル)でありながらもクイーニの元恋人でもあります。

キャストダンフォグラー

出演作:【燃えよ!ピンポン】(2007)、【わすれた恋のはじめかた】(2009)ドラマ【ウォーキング・デッド】ではルーク役で出演。

ダンフォグラー”について:外科医の父と教師の母の元に生まれた、ボストン大学で演技を学んだ後、【The 25th Annual Putnam County Spelling Bee】に出演。

その策人で舞台デビューしたにも関わらず、2005年開催の第59回トニー賞のミュージカル助演男優賞を受賞。

本作【ファンタスティック・ビースト】シリーズのジェイコブ・コワルスキー役を演じて一躍脚光を浴びるようになりました。

クイニー・ゴールドスタイン役/アリソン・スドル

登場人物:ティナの妹でチャーミングで自由奔放な性格。彼女は強力な自然のレギリメンです。グリンデルヴァルトがノーマジ(マグル)のジェイコブと結婚したいという彼女の夢を実現させることを約束したため、彼女は彼の側に加わり、最終的には恋人と姉を捨ててしまいます。

キャスト:アリソン・スドル

出演作:【ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実】

”俳優名”について:アリソン・モンローという芸名で2本の映画に出演した後、2007年にアリソン・スドルとして女優のキャリアを再スタートしました。

実は、ア・ファイン・フレンジーという芸名でシンガーソングライターとしてもデビューしています。2011年以来、国際自然保護連合の親善大使を務めています。

USAネットワークの【DIG 聖都の謎】に出演して注目を浴び、その後本作のシリーズにメインキャラクターとして出演しています。

クリーデンス・ベアボーン役/エズラ・ミラー

登場人物:メアリー・ルー・ベアボーンの養子となり、ひどく虐待されていました。彼に対する人々の扱いに激怒し、精神的あるいは身体的虐待によって能力を抑圧せざるを得ない状況で発生するオブスキュラス(Obscurus)になってしまいます。シーズン2の最初の方では、自分がコーバス・レストレンジ、レタ・レストレンジの亡くなった異母兄弟であると信じていましたが、グリンデルヴァルトから、本名はアウレリウス・ダンブルドアということ、兄弟であるアルバスが殺そうとしていると伝えられます。

キャスト:エズラ・ミラー

出演作:【少年は残酷な弓を射る】、【ウォールフラワー】、【ファンタスティック・ビースト】シリーズ、【ジャスティス・リーグ】シリーズ、【ザ・フラッシュ】

”エズラ・ミラー”について:雑誌『Out』のインタビューで自身を「クィア」と表現しています。ユダヤ系の名前とユダヤ人の父を持ち、自身をユダヤ人と認識しているそう。

6歳から始めたオペラ歌手としての訓練によって吃音症を克服し、オペラ歌手としてメトロポリタン歌劇場やフィリップ・グラスのオペラ【White Raven】のアメリカ初公演などの舞台にも立っています。

ミュージシャンとしても活躍し、ニューヨークのバンド Sons of an Illustrious Father でドラムスとボーカルを担当しています。

テセウス・スキャマンダー役/カラム・ターナー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Callum Turner Updates(@callumturnerupdates)がシェアした投稿

登場人物:英国魔法省で働いてるニュート・スキャマンダーの兄。第一次世界大戦での活躍で「戦争の英雄」という称号で知られています。パリのペールラシェーズで開催されたグリンデルヴァルトの集会でフィアンセのリタ・レストレンジを失いました。

キャスト:カラム・ターナー

出演作:【クィーン アンド カントリー】【さよなら、僕のマンハッタン】【ファンタスティック・ビースト】【EMMA エマ】【愛しい人から最後の手紙】

”カラム・ターナー”について:ジョン・ブアマン監督の映画【クィーン アンド カントリー】で主要キャストを演じて英国アカデミー賞ブレイクスルー・ブリッツの1人に選ばれ、脚光を浴びます。英国のミステリー犯罪ドラマシリーズ【真相捕捉】(2019年)で、英国アカデミー主演男優賞にもノミネートされています。

アルバス・ダンブルドア役/ジュード・ロウ

登場人物:最上級独立魔法使いであり、ホグワーツ魔法魔術学校において教授・変身術教授をしています。後にホグワーツの校長に就任。10代の頃に親密な関係にあったグリンデルヴァルトと血の契約を結んでおり、彼らがお互いに決闘するのを防いでいます。

キャスト:ジュード・ロウ

出演作:【リプリー】、【A.I.】、【コールド マウンテン】、【クローサー】、【ホリデイ】、【シャーロック・ホームズ】シリーズ、【SPY/スパイ】、【キャプテン・マーベル】、ドラマ【ヤング・ポープ 美しき異端児】【ニュー・ポープ 悩める新教皇】

”ジュード・ロウ”について:12歳から演技を始め、映画に出る前には多くの舞台に立ち、シアター・ワールド賞を受賞したり、トニー賞助演男優賞にもノミネートされた実力派俳優です。1994年に、【ショッピング】でスクリーンデビューし、【真夜中のサバナ】などのアメリカ映画に出演して注目を集めるようになります。2004年の『ピープル』誌にて「最もセクシーな男性」にも選ばれました。

ゲラート・グリンデルバルド役/マッツ・ミケルセン

登場人物:本作の最大の敵(ヴィラン)で、当時の最強の闇の魔法使いといわれた人物。ダンブルドアの旧友であり、想い人でもありました。

キャスト:マッツ・ミケルセン

出演作:ドラマ【ハンニバル】(2013年~2015年)、【ドクター・ストレンジ】(2016年)、【偽りなき者】、【007/カジノ・ロワイヤル】(2006年)、【アフターウェディング】、【アナザーラウンド】(2020年)、【ライダーズ・オブ・ジャスティス】(2022年日本公開予定)

”マッツ・ミケルセン”について:父がイタリア人、母がドイツ人のハーフであり、実家はボンでイタリア料理店を営んでいます。ベルリン芸術大学で演劇を学び、バーゼルで俳優人生をスタートさせ舞台俳優として活躍。

2015年に映画【帰ってきたヒトラー】でヒトラー役を演じて知られるようになります。近年では、マッツ・ミケルセン主演のデンマーク映画【ライダーズ・オブ・ジャスティス】がハリウッドリメイクされることになり話題となっています。デンマーク王国の勲章の一つダンネブロ勲章を2015年に受勲しています。

その他のキャスト

  • ユーラリー・ヒックス役/ジェシカ・ウィリアムズ
  • ユスフ・カーマ役/ウィリアム・ナディラム
  • ヴィンダ・ロジエール – 役/ポピー・コービー=チューチ
  • バンティ役/ヴィクトリア・イェイツ
  • 国際魔法使い連盟の代表役/オリヴァー・マスッチ
スポンサーリンク

まとめ

【ファンタスティックビースト】シリーズにおける最大の敵であり、その当時最強の闇の魔法使いといわれたゲラート・グリンデルバルト。

ジョニー・デップからマッツ・ミケルセンへと役が移り変わりますが、人の心を操る才能があったとされるハンサムなお顔立ちと巧みな話術、妖しげな魅力を演じるには相応しいマッツ・ミケルセンがどんなグレインデルバルトを演じるのか楽しみですね。

その他にも、どうやらまた魔法動物が沢山登場するという情報もありますし、先ほどもご紹介しましたがノーマジ(マグル)であるジェイコブが魔法使いの象徴である杖を持っていたのも気になります。

これから公式のトレーラーも次々公開されると思いますので要チェックです。

「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」オフィシャルサイト
© Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

タイトルとURLをコピーしました